2011年06月23日

送別ハフラ

DSC04546.jpg

渡ドバイを控え、リムジンバスの時間まで
何事も起らぬことを祈りつつ、
職場でおとなしく過ごしているのですが……
昨日までに着々と業務をこなしたせいか、
けっこう退屈です(爆)。

なので、3週間前のネタ(汗)でブログを書きます。

おなじみYasmina Belly Dance Academy
ハフラ(身内だけのミニ発表会)で踊りました。
この日の午後は、千葉県のカレー屋さんでも踊り
その後、神奈川県は相模大野まで大移動

一応、踊る前は飲まないことにしているのですが
移動疲れでつい一杯(笑)。
でも「踊りたくなったら踊る」システムだったので
ガッと飲んで、とっとと踊って、しっかり食べて、
あとはゆっくりみなさんの踊りを観賞させて
もらいました。

DSC04541.jpg
サリー師匠に

DSC04553.jpg
Yasmina先生(ハプニング付き)

DSC04556.jpg
旧ピスタチオ with 飛び入り店員さん

DSC04558.jpg
なんとなく衣装が揃ってる3人娘

ほかにもいろいろ盛りだくさん。
というのも、いつもYasmina Belly Dance Academy
写真を撮ってくださっているカメラマンさん
本業の都合で、福岡?に移ることになり
お別れのハフラだったので、
みなさん、いつも以上に「サービス精神」
発揮して、にぎやかな会となったのでした。

そんなワケで、いつも(笑?)は裏方として
カメラマンさんと世間話をしていた私も
彼の門出に1曲披露……でもうっかり
「プレゼント」を用意するのを忘れていました。

まあ、またいつか会うこともあるでしょう。
そのときには一杯おごるということで(笑)。
posted by sanjo at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

チャリティー・ベリーダンス・ショー

ゆかいな踊り子仲間・Realharpさんのハフラの前週は、
Realharpさんの先生・Yasminaさんのショーがありました。

DSC04136.jpg

会場は同じイタリアン・レストラン
小田急線・相武台前駅から徒歩5分のLa Ricetta
そうです、2週続けて同じ店に行きました(笑)。
でも、もう1週同じでも大丈夫なくらい
料理はおいしかった! とくにタラモ・サラダ
そんなワケで今週末また行く予定です(笑)。


さて、ショーのほうは、Yasmina先生のほか、
2人のゲスト・ダンサー、Lienさん、春香さんを迎え、
しかも、ジプシー&オリエンタル音楽アンサンブル
「アラディーン」による生演奏! 
さらにカーヌーンという見たことない
アラビアンな楽器登場。

DSC04148.jpg
いつも優雅なLienさん(↑)。
うしろのキーボードみたいなのがカーヌーン。
どちらかというと琴の仲間のようです。

DSC04145.jpg
春香さん(↑)。色っぽい。衣装もステキ。

DSC04150.jpg
Yasminaさん(↑)。いつも思うけど表情豊か
喜怒哀楽がハッキリしててお芝居を見ているみたい。
エジプト仕込みだからかな?


このショーは、急遽チャリティーになりました。
なので、美しいダンサーのみなさんも
アラビックな楽団のみなさんもタダ働き

私たち観客は、やや帰りの電車の心配をしつつも(笑)
おいしい料理と、艶やかなダンスと
異国情緒たっぷりの演奏と
そしてちょっとしたハプニング(笑)を楽しみました。

3月11日の地震以来、みんな不安を抱えつつ
以前よりはつつましい生活をしてきたはずだから
ものすごくはしゃぐ気分ではないにしても
お店じゅうに「ホッ」とした空気が流れていました。

私も久しぶりにおいしいビールを飲んだ気がします。


まだ「自粛」な雰囲気が強い時期、
あえてショーを決行してくれたみなさんに感謝です。



偶然、撮れた1枚(↓)
DSC04139.jpg

Lienさんの振るアサヤ(ステッキ)が魔法の光線みたい。
「被災された地域のみなさんが
 一日も早く元の生活に戻れますように……」


posted by sanjo at 19:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

ハフラに想う

DSC04256.jpg

ゆかいな踊り子仲間・Realharpさんのハフラを
観に行くのは何回目でしょうか……
今回はイタリアン・レストランでの開催。

余震も続いていて、世の中は自粛ムード。
でもこんなときだからこそ、
踊って食べて元気出さないと!


今回は音出し係を仰せつかったので
前半は全然写真が撮れず、
後半、Realharpさんの出番を押さえたのみ。

DSC04266.jpg

衣装、ステキでした。
や、もちろん踊りもヨカッタよ(笑)。

まーでも、以前、彼女のブログに
「とくに若くてキレイなワケでもなく
 踊りがすばらしく上手いワケでもなく
 それで衣装がショボかったら
 お客さまにお見せするものが何もない」

みたいなことが書いてあって、
我が身を振り返ったものです(爆)。

「踊り」は「自己表現」だけど
「自己満足」だけではダメなんですよね。
練習を積み重ねるのはもちろんのこと
よりよく踊るためには
いろいろ気遣うことがあるのです。

DSC04275.jpg

フィナーレではみなさん晴れやかな笑顔。

ハフラって「ホームパーティ」を意味する
アラビア語だそうで、ベリーダンス業界(笑)では
身内だけのミニ発表会を指すみたいなのですが、
親しい友人や家族と過ごす時間は
今までよりも、ずっと大切で貴重に感じられて、
まさに今の気分にふさわしいイベントだった気がします。

多分、お客さんも
「キャンセルしないで来てヨカッタ」
思っているんじゃないかな。


次回は……夏ごろ?
だいぶ曲も常連さんの顔も覚えてきたので
もー音出し係でも照明係でも
受付でも何でも来い!です(笑)。
posted by sanjo at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

熟女倶楽部2

DSC03984.jpg

このブログに辿り着く検索ワードのひとつに
「熟女」があるようです(爆)。
先日は「民族衣装の熟女」という検索ワードも
はいっていました……
期待にそえているんだかいないんだか(爆)。

で、踊り子仲間realharpさん所属の「熟女倶楽部」の話。
すでに1カ月以上も前ですが、
トライバル系ベリーダンスの発表会にて
その艶姿を拝見いたしましたでござる。

DSC03981.jpg
DSC03977.jpgDSC03979.jpg

こちらのベリーダンス・クラスでは
比較的年齢がお高め(爆)なお三方で結成された
「熟女倶楽部」は今回で2度目の出演。
ミュージカル風というかコメディエンヌな感じで、
なんとなく黒っぽい衣装のゴシックロマンっぽい雰囲気で
まとまりがちなトライバル系ベリーダンス出し物の中では
いい意味で息抜き的な存在でした。


後半、先生がた&ゲストによるショータイムは
けっこう「お笑い」度が高かったけど、
上手い人がやるからこその、単なる「イロモノ」ではない、
見応えというかがありました。

DSC03989.jpg

ゲストの閔 賢基さんの演奏。
ここの会場ってムードいいですよね。
なんか壮大な感じがする。


DSC03967.jpg
DSC03971.jpgDSC03972.jpg

realharpさんの熟女倶楽部以外の出し物、
ひとつ見逃しました。
友人の結婚披露宴とのハシゴだったのだけど
予想外の雪で間に合わず。残念。


今回の「熟女倶楽部」は直前に演出変更があったそうなので
5月下旬開催予定の「ゆかいな踊り子たちの夜」では
オリジナル版演出による「熟女倶楽部」が
見られるかもしれませんよ。
熟女好きのみなさん、ぜひ見にきてください(爆)。
posted by sanjo at 18:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

Yasmina Belly Dance Academy第1回発表会(の裏方)

1月の終わり、ゆかいな踊り子仲間Realharpさん所属
Yasmina Belly Dance Academyの発表会を観てきました。

DSC03611.jpg

観た、と言うより参加、いや参戦したと言うべきか(笑)。
踊ったわけではないのですが、密かに奮闘してました。


Realharpさんからタダでチケットをもらって
「え、いいの? 悪いね〜」なんて喜んでいたのも束の間、
その後「当日は音出し係を手伝って」との指令が。

「基本CD流しっぱなしで、休憩時間には止めて
 休憩終わったら続きからかけるだけだから」


と、気楽な感じだったので、気楽な気持ちで
同じく受付係を頼まれたひまぱ〜んさんと一緒に
絶賛リハーサル中の会場へ。

確かに「音出し係」はそんな感じだったのですが
「照明指示」というオマケがついていました。

DSC03580.jpg

会場の照明係さんに、
「暗転で〜す」など、曲の変わり目ごとの
照明のタイミングをインカムで指示するのですが……
それってけっこう大役ですよね???(汗)。

いまいちコツがつかめないままリハ終了。
会場の照明係さんも
「かなりズレてたけど大丈夫ですか?」
と不安気。いや、私も不安だって(爆)。

でも本番ではやらねばならぬ。
今日の発表会のために、練習を重ねてきたみなさんの
踊りを台無しにしてはイケマセン。

さらにさらに「場内アナウンス」という任務追加。
音響卓から3mくらい離れた場所にあるマイクで
「まもなく開演いたします」
「これから10分間の休憩に入ります」
「会場内での飲食や上演中の写真撮影は禁止」
などなど、お客さんにご案内
うわーかまないようにしなきゃ(汗)。


そのころ、ひまぱ〜んさんは開場時刻を迎え
友人知人の晴れ姿を観るべくお集りのお客さまを相手に
当日精算やら、花束&差し入れの預かりやら
受付で孤軍奮闘していたはずです。


そして開演。
「本日はYasmina Belly dance Academyの
 第1回発表会にお越しいただき……云々……
 まもなく開演いたします」
と、場内アナウンスを終え、3m先の音響卓に戻り、
照明係さんに開始3分前の指示を出し、
開演ベルが鳴り、客電が落ちて、音楽スタート、照明ON!
ひゃー、始まりました。

DSC03583.jpg

客席から見えない、会場脇にある音響卓からは
会場通路の手すり(?)がやや邪魔ですが
ステージはよく見えます。

DSC03585.jpgDSC03588.jpg
DSC03595.jpgDSC03598.jpg

曲の変わり目=照明の変わり目なので
指示するタイミングを逃さないよう凝視
ただのお客さんとして観るよりも
集中して見たかもしれません(笑)

DSC03591.jpg

キャッツ・アイ衣装も再び登場(笑)。
人数揃うと、ある意味圧巻。

DSC03607.jpg
DSC03604.jpgDSC03606.jpg

先生のソロでステージも大詰め。
やっぱり表情とかポーズに余裕と余韻がありますね。


そしてフィナーレ

DSC03610.jpg

花束贈呈係として、なぜかひまぱ〜んさん登場。
もうここまで来たら、何があっても驚かない(笑)。


まーだけど、たった十数人のメンバーで
わりかし大きなホールでの発表会、
よく作り上げたと思います。

エジプトで現役活躍中の日本人ベリーダンサー
木村カスミさん直伝という、バリエーション豊かな演目は
あまりベリーダンスに詳しくない人でも
飽きずに楽しめたんじゃないかな。

……って、エラそうなこと言ってますね>私(スミマセン)。


とにかく記念すべき第1回発表会
少しでもお役に立てたなら何よりだし、
次回(?)はもう少し気の利いた
場内アナウンスができるよう、
私も研究&練習を重ねておきたいと思います。

Yasmina Belly Dance Academyでは
 随時、新規生徒を募集しております。詳しくは……」とか
「ルーシーダットン、各種占いのご用命は……」とかね(笑)
posted by sanjo at 01:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

エリリンとコンドルズ

みなさん、NHKの朝ドラ観てますか?
私は観てません(爆)。

でも「てっぱんダンス」とやらが流行っているのは
知ってます。紅白歌合戦で観ました(爆)。

DSC04010.jpg

その「てっぱんダンス」の振り付けをした
近藤良平さんが率いるダンスカンパニー・コンドルズ
静岡公演を観てきました。

なぜなら、バラ組メンバルのerileenが、
静岡市民ダンサー40人で構成された
「コンドルズ・アーミー」として
前座群舞に出演するから!

私は午前中に所用があり、
新幹線で現地に向かいましたが、
いつものバラ組のお仲間3人
朝っぱらからバスで静岡入り。
会場の静岡市民文化会館で合流するころには
昼ごはんに寿司&ビールを満喫したらしく
まどろみモード(笑)。

で、いよいよ開演。
erileenを絶対見逃すまいと気合いを入れてましたが
すぐ見つかりました(笑)。
っていうか40人の中でも全然埋没してないよ。
だからといって悪目立ちしてるワケでもなく
それでもerileenらしい動きやしぐさ
私たちを楽しませ&なごませてくれました。

DSC04009.jpg

終演後のロビーで、しばし歓談。
原色のTシャツにハデなボトムス(?)という
衣装指定だったそうで、
なんだかナゾのインド人風味erileen(笑)。

DSC04006.jpg

ちゃんとビンディもつけてるし。


打ち上げの店を聞き出し、
同じ店で食事(というか宴会)してれば
erileenもときどき顔を出せるだろう、と
早々に移動して乾杯、
「erileenかわいかったよね」
「変わらないよねー、あの動き」
と、肝心のコンドルズの演目内容の10倍くらい
前座のerileenダンスについて語り合ったのでした。

そんな私たちですが、帰りがけには
ちゃっかりコンドルズの近藤さんと記念撮影(笑)。

DSC04011.jpg

このあたりの厚かましさは年の功のなせるワザですな。



そして、年の功を効かせた顔ぶれで
久々に踊ることになりました。
バラ組の本拠地・All Tempo Studio主催のイベント、
3月13日(日)@渋谷J-POPCAFEEです。
残念ながらerileenは出ないけど、
代わりに強力メンバル・おーちゃいさん投入。

熟女倶楽部に負けないくらいの熟女揃いで
みなさんのお越しをお待ちしております。
前売り2500円ですが、ジャズ、ヒップホップなど
多彩なダンスが観られるし
フリマとか占いもあるらしい???
インド衣装も大放出とのウワサ。
中古ですが美品・格安なので興味あるかたは
要チェックですよん。


それにしても、こんなに「バラ組」って書くのも
久しぶりですねーーー(笑)。
南インド出身のダンスマスター・バラさん
インド・ムービーダンスを習っていた
生徒たちの総称です>「バラ組」。
「アードゥンパラワイ」というカッコイイ?名前も
あったりするのですが、通称は「バラ組」

バラさんが帰国してからそろそろ5年……
今もずっと私がインド・ムービーダンスにこだわって
踊り続けているのは、やっぱりバラさんのダンスが
本当におもしろくてステキだったから。

今回のイベントでもかつてのナンバーを踊るのですが
今も新鮮で、練習の度に新しい発見と
踊る喜びがある振り付けです。

まーでも、魅力的な先生にずっと習い続けられる、
っていうのは実は贅沢なことだったんだんだな、
ってしみじみ思います(笑)。

あと、同じくらいのテンションと熱意で
一緒に踊れる仲間も貴重な存在です。


やー、とりあえずerileenお疲れさまでした。
また一緒に踊ろうね!
posted by sanjo at 00:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

キャッツアイと私

90年代、相模原地区を中心に活動していた
女性ヤンキー・チーム「キャッツアイ」
十数年ぶりに再結成されましたぴかぴか(新しい)

DSC02870.jpg

再結成を期に、新メンバーとして加わったイエローは
「当時は小学生でしたが、キャッツアイは憧れでした。
 このエジプト直輸入の衣装も着てみたかった」
と語ります。




……というのは大ウソです。
エジプトで活躍中の日本人ベリーダンサー
木村カスミさんの来日公演に出演した
Yasmina Belly Dance Academyのみなさんと
終演後の楽屋で撮った写真です。

この色とりどりな衣装は
エジプトでオーダーしたにもかかわらず
レオタードとハーレムパンツという
ベリーダンスらしからぬ組み合わせで
通称「キャッツアイ」と呼ばれ、
練習時から出演者の間で物議を醸していました。

その様子を伝え聞くにつれ
どんな突飛な衣装なのかと楽しみにしていましたが
ステージの照明の下では、案外フツー、いえ
なかなか神秘的な感じでキレイでした(笑)ぴかぴか(新しい)


例によって、ベリーダンスのことは
あまりよくわからない私ですが
エジプトで活躍する日本人ペリーダンサー
木村カスミさんの踊りは
思っていたより「ハツラツ」とした感じのものでした。
ほら、なんか「エジプトで活躍」なんて聞くと
石油王もイチコロの妖艶さ……みたいなのを
想像していたので(笑)。

Yasmina Belly Dance Academyのみなさんも
バラエティ豊かな演目に挑戦し、
「大先生のバックダンサーをつとめる孫弟子」
という大役をきっちり果たしていたと思います。


そして、来年のYasmina Belly Dance Academy
発表会にて、本当にこの「キャッツアイ」
再結成されるようです。
衣装って、なんだかんだ言ってても、
着ると愛着がわくもの(笑)。
「キャッツアイ」のみなさんの
さらにパワーアップした踊りと着こなし
今から楽しみにしていますぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 17:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

熟女倶楽部

またもやRealharpさんのベリーダンス発表会
行って来ました。今度はトライバル・スタイル

DSC02590.jpg

この発表会のため、新たに結成された
Realharapさんのユニットは、
その名も「熟女倶楽部」(爆)。
まあ、確かに出演者の中では年齢層高めかもですが……

熟女っていくつくらいから?
何が熟しているの?

私と、この熟女倶楽部のみなさんは同年代だ(と思う)けど
私はいまだ何も熟していないような、
むしろ熟さないまま枯れかけているような……(爆)。


奇しくも(?)この日は私の誕生日だったので
熟女倶楽部の艶やかな舞を見ながら
今後の年齢の重ね方について、
ちょこっと考えました(笑)。

DSC02585.jpg

ま〜、でも、熟女倶楽部のみなさんには、
安定感というか、踊りにも衣装にも立ち居振る舞いにも
クオリティを感じました。
品があるというか危なっかしくないというか。
それが大人の色気ってことでしょうか。




発表会の締めくくりは先生方のパフォーマンス。
これがまた「安っぽくない」というか
踊りも衣装も立ち居振る舞いもゴージャス。

DSC02604.jpg

「クオリティ高く」「安っぽくなく」
踊っているときも、踊っていないときも、
心がけたいですね……今後のテーマかも(笑)。
posted by sanjo at 23:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

Hafla

「ホームパーティー」を意味する
アラビア語=Hafla(ハフラ)。
ベリーダンス界では一般的な言葉らしい。
要は「内輪のミニ発表会」ってことみたい。

DSC02272.jpgDSC02303.jpg
DSC02300.jpgDSC02291.jpg

realharpさんが所属するYasmina Belly Dance Academy
ハフラに行って来ました。

今回で3回目、「内輪のミニ発表会」と言いつつ
毎回レストラン貸し切りの満員御礼
けっこうにぎわっている。


まあ、Yasmina先生ファンのお客さんも多いみたいで
演目も最後にYasmina先生が踊って
生徒さんたちの、まだまだつたない部分をカバー&
お客さんも納得のショーに仕上げる
……という感じなんだけど
回を重ねるごとに生徒さんたちの踊りもこなれてきて、
とはいえ「内輪のミニ発表会」なので
演目も衣装もわりかし自由みたいで
実は「ちゃんとした発表会」より
おもしろいんじゃないかとも思う。


DSC02307.jpg

そして今回はゲストのLienさんの踊りもすばらしかったし
Yasmina先生もブレイクダンスとのコラボという
意外な演目を披露したりして、さらに見応えがありましたぴかぴか(新しい)

DSC02313.jpg

あと、思いのほか、料理がおいしかった(爆)。
飲み放題だったし。


いつも思う「ベリーダンスの種類」についての疑問は
あるにはあるんだけど、ハフラなので、まあいいか(笑)。


そして。
Yasmina Belly Dance Academyの有志?は
Yasmina先生の師匠である
エジプト在住・日本人ベリーダンサー木村カスミさんの
来日公演に出演するべく、現在猛練習中らしい。

kasumi.jpg

チラシはいまひとつうさんくさい(失礼・笑)けど
本当に本場のベリーダンサーと同じ舞台に立てるのは
孫弟子としても、ベリーダンスをたしなむ者としても
名誉なことなんじゃないかと思うぴかぴか(新しい)

一応、realharpさんの応援も兼ねて
本当に本場のベリーダンスを観に行く予定。
平日だけど……王子だけど……
posted by sanjo at 23:31| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

寒空ベリー

ベリーダンスの違いがわからない私
各種ベリーダンスを観戦するチャンス?が
舞い込みました……


bellyscircus.jpg 「Belly's Circus Tokyo」
 ニッポンベリーを支える
 トップダンサーが大挙出演
 ベリーを踊っている人はもちろん、
 知らない人も楽しめる
 イベント……だそうで、
 仕事で行けなくなった友人から
 チケットを譲り受けたのです。



夕方は先約があったので、午後からの屋外ステージと
第1部しか見られなかったのですが
それでもたくさんのベリーダンスを見ました。

でも、超寒い日だったので、かなり集中力が低下(苦笑)、
やっぱりスタイルの違いを見極めることはできず……。

そんな寒い日に、屋外イベントで
ハラ出して踊るダンサーさんに乾杯☆です。


DSC00699.jpg
DSC00694.jpgDSC00701.jpg

写真は、何度か共演したことのあるSangoさん
アコーディオンの生演奏にのって
気持ちよさそうに舞っていました。
一瞬だけ、春風が吹いたような気がしましたよ。


DSC00704.jpg
DSC00684.jpgDSC00712.jpg

寒さを紛らわすために、ヘナ描いてもらったり、
鶏飯(ぞうすい)食べたり、
オニオン・グラタンスープ食べたり。
すでに本来の目的(ベリー観戦)
見失われています(苦笑)。
残念ながら、あまりの寒さにヘナは
色がよく出ませんでした……
(体温や外気温が高いほうが色が濃くなりやすい)


DSC00689.jpg 照明スタッフさん、
 フィルターを変えるとき
 曲に合わせて、
 リズムをとっているのですが
 踊っているみたいで
 かわいかったです(笑)。



「このあいだ、都立大のイベントで
 ラジャスタン舞踊を踊っていた人ですよね」

と、声をかけてくれた人がいました。

えええ〜! うれしい〜!
「寒い」「死ぬ」とか思いながらも
出かけてきた甲斐がありました(喜)。

でも、正体が見破られてしまったのだから
コスプレ(変装?)としては
まだまだですね>「みどりとなおみ」(笑)。
posted by sanjo at 00:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。