2011年07月23日

シタール王子とカレーパン

「江戸っ子インド音楽ワークショップ
 〜シタール王子のひらがなラーガ」

というイベントに行ってきました。

DSC04968.jpg

シタール王子は、ただ今一部(笑)で人気急上昇中
若手シタール(インドの弦楽器)奏者。

ゲストにタブラ(インドの打楽器)奏者のタブラ姫を迎え、
インド古典音楽の基本を教えてくれました。


DSC04957.jpg
とりあえず、先着20名様に配布のシタール王子御用達、
森下カトレアの「元祖カレーパン」はうまかった!


DSC04958.jpg
王子の執事もすばらしい「お仕え」ぶり(笑)。


DSC04959.jpg
タブラ姫は話が上手ですね(王子よりも……爆)


DSC04960.jpg
ワークショップは、
参加者も好きな楽器(鳴りもの?)を選び
シタール王子とタブラ姫の伴奏に合わせ
よきタイミングで音を鳴らす……というものなんですが
インド古典音楽の「よきタイミング」は
日本人にはちょっとわかりずらく……


DSC04964.jpg
そこで王子の師匠・ヨシダダイキチさんがフォローに登場。
王子も会場も一気に安堵感に包まれました(笑)。
弟子を思う師匠の愛に涙。

っていうか、師匠がインドに帰って早ン年の私には
弟子を心配し、ソッコーでフォローしてくれる
師匠につけるのって本当にうらやましい
今回のワークショップで一番心に残った
ポイントかもしれません(笑)。

実際、前日のtwitterでもヨシダダイキチ師匠は
シタール王子は「単なるお笑いキャラ」か
「ちゃんとシタールを弾けるキャラ」かの分かれ目です。

と、つぶやいておられましたしね。


ヨシダダイキチ師匠が王子の行く末に
どんな判断を下したかはわかりませんが(笑)
イベントとしてはなかなかおもしろかったし
最後の演奏は、夏の疲れに優しい心地よさがありました。
王子のなごみ系キャラが生きていたかも???

まーとりあえず「お笑い」でも何でも
今後もシタール王子の応援は続けていきますよ〜ぴかぴか(新しい)
がんばれ! シタール王子ぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。