2011年06月15日

エキゾチック・ファッション・コンテスト

slaam.jpg
photo by Salam Unagami san

横浜は中川の住宅展示場で開催されていた
「手仕事フェスタ4」内でのイベント、
エキゾチック・ファッション・コンテストに参加しました。

友人が運営を手伝っていたので
「にぎやかしに出てよ」的なノリで参加決定、
じゃーサリーでも着るかー、な〜んて気楽にしていたら
「小田原より手作り甲冑参加」のウワサが聞こえてきて……

ほかの民族衣装好き仲間も血が騒いだのでしょう(笑)。
想像以上の激戦となりました。

DSC04635.jpg

甲冑あり、パキスタンのウエディング・ドレスあり、
タヒチアン・ダンスやインド古典舞踊の衣装あり……
エキゾチックって、そもそもどんな意味だったっけ?
と思うようなラインナップ(笑)。
辞書を引いたら
「異国風の、風変わりな、異国情緒の、魅惑的な」
とありました。

う〜ん、ナルホド(笑)。

で、審査員と会場のお客さまからの投票の結果
1位は同票で2人

DSC04638.jpg
私の隣の「アイヌ民族衣装」の男性と

DSC04669.jpg
いろいろな地域の民族衣装や小物を組み合わせた
ナゾ(笑)のアラブ部族風女性


2位はコンテストがヒートアップ(笑)した原因?、
小田原から参戦の手作り甲冑の紳士
DSC04653.jpg


そして3位は、ベリーダンス用に改造した
レヘンガ(インドの民族衣装)で登場の
イラストレーター・若山ゆりこさん
DSC04668.jpg


私も4位入賞です(喜)ぴかぴか(新しい)
naomi.jpg
GWのシンガポール旅行でチョリ(サリーブラウス)を
作ってきた、ベンガル風(らしい?)手織りの
アンティーク・サリーです。

実は直前までサリーを着るか、
レヘンガを着るかで迷っていたのですが、
スカート系の衣装の参加者が多そうだったので、
コンテスト全体のバランスを考えて(ウソ・笑)
サリーにしました。

ちなみに直前まで迷っていたレヘンガはコレ(↓)
DSC04631.jpg
街中で着られない度はこっちのほうが高いような……。
帽子は出展者の方が貸してくれました。
ウズベキスタンのものだそうです。

まーでも4位の賞品は、
オリッサ州の手織りサリーだったので
入賞できたのはサリーを着たおかげかもしれません。
DSC04682.jpg

またどこかでチョリを作ってこなくては。
持っていない色合いなので、着るのが楽しみですぴかぴか(新しい)


本当に強者(=マニアック・笑)揃いの激戦でした。
帰宅後は燃え尽き感でいっぱい、今もまだ疲れを
引きずっているような……。


今後、旅行の際にはこのコンテストを意識した
買い物をしてしまうかもしれません。
……って、来年もあるかどうかはわかりませんが(笑)。
posted by sanjo at 02:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。