2010年05月05日

憧れの

ゴールデン・テンプルに行ってきました。

DSC01524.jpg

インド北西部・パンジャーブ州アムリトサルにある
シーク教の総本山です。

「憧れの」と言いつつ、憧れ歴は短く約7カ月(笑)。
昨年9月のインド旅行で訪れたデリーのシーク教寺院
「バングラ・サーヒブ・グルドワーラー」に感動し
その帰国後、縁あって東京のシーク教礼拝所
ちょこちょこ出入りするようになり
在日シーク教徒のみなさんの話を聞くうちに
「金色に輝く美しい寺」
この目で見てみたい気持ちが高まりました。

それにバングラ・クイーンを名乗るからには
一度はパンジャーブ州には行っとかないと(笑)。


いや、本当に「shanti」な場所でした。
2日で5回も行っちゃいましたよ(笑)。



約1週間の旅、いろいろなことがありましたが
とりあえず無事に帰って来ました。
追々報告していきますので、お楽しみにぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 23:58| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさい!
ゴールデン・テンプル・・
すごいきれいですね〜。
心が洗われそう。
sanjoさんの衣装も
相変わらず決まっていますね☆
Posted by YUKI at 2010年05月06日 16:00
おかえりです!

すごい綺麗な寺ですね。表もキラキラ
してますが、中の方も綺麗そうですね。

後ろの白い建物も寺なのでしょうか?

Posted by veera2060 at 2010年05月08日 02:01
っていうか、これ、例のコーディネートですよね。

ちゃんと全身でアップしないと。

印度人の反応はどうだったんでしょうか・・・。
Posted by realharp at 2010年05月08日 08:10
◆YUKIさん
本当にキレイなお寺でしたよ。
在日シーク教徒のみなさんが誇らしげに語る理由が
よくわかりました。
建物が美しいだけでなく、
ボランティアで掃除をする人などもいて
気持ちのいい空気に満ちた場所でした。
ネパールにもステキなお寺がたくさんありそうですよね。


◆veera2060さん
残念ながら中は撮影ができないのですが
床や壁は花や動物の大理石象眼で飾られ
タージマハルに負けない美しさだと思います。
参拝客が多いので、ゆっくり立ち止まって
見るのは難しいかも……

後ろの建物は、食堂か博物館か、
とにかく関連施設だったと思います。


◆realharpさん
ちゃんと全身の写真もあるので追ってアップします。
インド人にもまあまあ好評でしたよ。
色遣い的には案外地味かも???
Posted by sanjo at 2010年05月09日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148859223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。