2008年10月23日

行け行け!インド

ああ〜、なんてベタな邦題なんでしょう(笑)。
でも好きだな>このノリぴかぴか(新しい)

chakdeindia-2007-1b.jpg

東京国際映画祭の上映作品です。
半休とって観てきました(汗)。

シャー・ルク・カーンが演じる
カビール・カーン監督が、
生まれも育ちもバラバラな
女子ホッケーチームをまとめあげ、
ワールドカップ優勝に導く
……という単純明快スポ根ドラマ

でも、泣いた〜。笑った〜。

インド映画名物のダンスシーンはありません
そのかわり試合のシーンが痛快で楽しめます。
いろんな国のチームが出てきて、
ある意味ダンスシーンより豪華なんじゃないか?

決勝戦前夜のパーティ
インド・チームの女の子たちが
サリーで登場するシーンは
おおっ! って息を飲みました。

今まで男子並みに暴れたり怒鳴ったりしてたのに
うってかわってみんな美しい〜ぴかぴか(新しい)
練習を重ねて、試合を勝ち進み
精神的に成長していった彼女たちの
その成長ぶりが外見にも現れてる!?ぴかぴか(新しい)

白地にオレンジと緑のボーダーという
インド国旗配色のサリー自体も
品が良くてステキでした。
国旗モチーフの民族衣装なんて
日本(日の丸の振り袖とか・苦笑)では
「危ない人」になってしまいますよね。

「愛国心」をためらいなく表現でき、
先入観なく受け入れられるのは
ちょっとうらやましいことかもしれません。


さて、インド各地から集められた選手役の女のコたち。
実際に各州でオーディションを行い
その土地の人っぽさ、リアリティを追求した
配役なんだそうです。

4.jpg

ウエスト・ベンガル州(バングラデシュに隣接)出身の
アリヤ役は、顔立ちも雰囲気も
バングラデシュ出身の友人とそっくり!
ああ、あのあたりってこういう顔なのね……
と妙に納得しました。

インド北東部(ビルマとの国境近く)の
マニプール州出身のモリーや
ミゾラム州出身のメリーは
もう中国人のような顔立ちで比較的色白!
日本人からみると親しみのもてる顔なんですが
ほかのクッキリ・ハッキリ系の女のコたちのなかで
明らかに地味で大人しそうな印象です。

う〜ん、あらためてインドの地図
じっくりと見てしまいました。


「女性は料理と掃除のためにできている」から始まって
「使用人階級なのに」とか
「タミルもテルグも同じだろ?」とか
インドにあるいろんな偏見も盛り込まれてて
いろんな意味で「Chak De(がんばれ)」
登場人物やチーム、そしてインドを
応援したくなる作品でした。

148分(2時間半弱)とインド映画にしては
比較的短め(笑)だし、ストーリーも単純なので
英語字幕のDVDでも充分楽しめると思います。
観ていない人はぜひ!


DSC06500b.jpg 映画終了後には
 来日中の監督への
 質疑応答コーナーも
 ありました。

感動を伝えたくて
ロビーでカタコトのヒンディー語
話しかけてみたけど通じたかな〜???


◆CHAK DE INDIA | Official Website
9.jpg 英語のサイトですが
 サントラが聴けたり
 スクリーンセーバーや
 壁紙のダウンロードが
 できます。
 曲だけでも聴いてみてぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 12:42| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インド、ニューデリーよりインド人です。Chak De Indiaへの感想読みました。日本ではいがいと知られていない歌、ダンスなしの映画多数増えてきた中の一本でしたが、去年全国的に大ヒットした映画でした。上記レビュー面白かったですよ!監督のKabir Khanに会ったことがあって、今次の作品の脚本を書いているそうです。ところで、一つ気になりましたところと言えば、この「148分(2時間半弱)とインド映画にしては比較的短め(笑)だし、。。」は完璧に違っています。この4−5年間の一般インド映画(ムンバイ発の主流ヒンディ語映画)はほぼ2時間の作品がほとんどです。それには8年前から登場したシネコンが関係あって、短かれ場、ショーの回数を上げられること、そして、今インド人は約160チャンネルのテレビに囲まれていて、3時間もは退屈するという人が増えたからです。では、頑張ってください。
Posted by インドより at 2008年10月23日 14:24
◆インドより(ABC)さん
いらっしゃいませ&コメントありがとうございます。
インドの方がこのブロクを読んでくださっているなんて
感激です。しかも日本語がお上手ですね!

そしてご指摘ありがとうございます。
偏見や先入観に負けるな! 
といった感想を書いたくせに
「インド映画は長い」という先入観を
持ってたんですね>私。
本当に失礼しました。

これからも、ときどきコメントいただけると
うれしいです。
あ、そうそう。やや早いですが
Happy Diwali!

※コメント重複していたので1つ削除しますね。
Posted by sanjo at 2008年10月23日 14:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108487216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ホッケーとダンスと私の決意
Excerpt: Chak De! India(行け行け!インド)/ライバルのパキスタンに歴史的惨敗を喫し、八百長疑惑までかけられて引退に追い込まれた、インド男子ホッケーの元代表カビール(シャールク・カーン)が弱小のイ..
Weblog: *Yippee!* いっぴーにっき
Tracked: 2009-01-21 01:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。