2011年07月24日

六甲サリーズでお買い物

DSC04923.jpg

インド服好きな人にはおなじみの「六甲サリーズ」
ここ1〜2年、イベント出店の際にはお手伝い
させてもらっています。

お店は広尾にあるのですが、いまいちわかりにくい(爆)
……ということで、ダンス仲間のみなさんを
お買い物ツアー(笑)にご案内。
お目当ては秋のイベント衣装用のサリーです。

雑居ビルの3階、広すぎず狭すぎず(笑)の店内には
本当にたくさんのサリーがあります。
パンジャビ、レヘンガ、ショール、アクセサリー、
靴、バッグはもちろん、レトルトのカレーや
少しですがインド映画のDVDも置いてます。

で、各自気になるサリーを片っ端から
広げて当てて、あーでもない、こーでもないと
迷い、悩みながらも楽しいひととき(笑)。

DSC04921.jpg

サリーが決まったら、店長のボビーさん
アクセサリーや靴をコーディネートしてくれます。

今回は「衣装」なので、
とりあえずサリーだけあればOKだったのですが、
旅先などで初めてサリーを買うのなら
一気にアクセサリー、靴、バッグも
コーディネートして買うことをオススメします。

あとで買おうと思っているうちに時間が過ぎて、
イザ着るときになって、合う靴やバッグがなくて
結局着なかった……なんてことになりがちなんですよね。
「一式まとめ買い」はサリー着こなしの第一歩です(笑)。


そんなこんなで第1回(?)
六甲サリーズお買い物ツアーは無事終了。
行きたい人がいればまたご案内しますよ〜。
posted by sanjo at 01:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

シタール王子とカレーパン

「江戸っ子インド音楽ワークショップ
 〜シタール王子のひらがなラーガ」

というイベントに行ってきました。

DSC04968.jpg

シタール王子は、ただ今一部(笑)で人気急上昇中
若手シタール(インドの弦楽器)奏者。

ゲストにタブラ(インドの打楽器)奏者のタブラ姫を迎え、
インド古典音楽の基本を教えてくれました。


DSC04957.jpg
とりあえず、先着20名様に配布のシタール王子御用達、
森下カトレアの「元祖カレーパン」はうまかった!


DSC04958.jpg
王子の執事もすばらしい「お仕え」ぶり(笑)。


DSC04959.jpg
タブラ姫は話が上手ですね(王子よりも……爆)


DSC04960.jpg
ワークショップは、
参加者も好きな楽器(鳴りもの?)を選び
シタール王子とタブラ姫の伴奏に合わせ
よきタイミングで音を鳴らす……というものなんですが
インド古典音楽の「よきタイミング」は
日本人にはちょっとわかりずらく……


DSC04964.jpg
そこで王子の師匠・ヨシダダイキチさんがフォローに登場。
王子も会場も一気に安堵感に包まれました(笑)。
弟子を思う師匠の愛に涙。

っていうか、師匠がインドに帰って早ン年の私には
弟子を心配し、ソッコーでフォローしてくれる
師匠につけるのって本当にうらやましい
今回のワークショップで一番心に残った
ポイントかもしれません(笑)。

実際、前日のtwitterでもヨシダダイキチ師匠は
シタール王子は「単なるお笑いキャラ」か
「ちゃんとシタールを弾けるキャラ」かの分かれ目です。

と、つぶやいておられましたしね。


ヨシダダイキチ師匠が王子の行く末に
どんな判断を下したかはわかりませんが(笑)
イベントとしてはなかなかおもしろかったし
最後の演奏は、夏の疲れに優しい心地よさがありました。
王子のなごみ系キャラが生きていたかも???

まーとりあえず「お笑い」でも何でも
今後もシタール王子の応援は続けていきますよ〜ぴかぴか(新しい)
がんばれ! シタール王子ぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

ドバイ旅行記おまけ:MODHESHくんの秘密

六本木の東京ミッドタウンで開催されていた
「Let's go海外」というイベントに行ってきました。

DSC04898.jpg

次の旅先を模索しに行ったはずなのに
なぜか行ったばかりの「ドバイ」のブースで
ひとしきりパンフレットをGET。

そして写真の黄色いキャラクター
MODHESH(モデーシュ)くんのキーホルダー?も
もらっちゃいました。


MODHESHくんは「ドバイ・サマーサプライズ」という
夏のショッピング・セールのマスコット・キャラクター。
ビックリ箱の中から飛び出してくる
人形?のイメージだそうで、頭には7本のトサカ(?)
……これは、アラブ首長国連邦の7つの首長国
意味しているんだそうです。

「サマーサプライズ」のキャラですが
なんだかんだ通年で活躍しているそうです(笑)。
まードバイはずっと夏みたいなもんですからね。

あと、とっても品行方正なんだそうですよ。


イスラム教にキャラクターものって
ダメなんじゃなかったっけ???
なんて疑問が一瞬よぎりましたが

「8月はいちばん暑い時期なので
 高級ホテルもかなりディスカウントしているし
 今年はラマダンも8月で、
 近隣のイスラム諸国からの観光客減少が見込まれるため、
 その分、日本や欧米に向けてかなり割安なパッケージ
 出ています。セール期間とも重なるし、
 今年の8月のドバイは本当におトクなんですよ」

などなど、ドバイブースのみなさんのお話を
聞いているうちに、すっかりキャラへの疑惑(笑)は
消えてました……でも実際どうなんでしょ??? 


まーなにはともあれ、また行きたいです>ドバイ。
posted by sanjo at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

ドバイ旅行記まとめ:ドバイでおいしかったもの

DSC04832.jpg

それは「ポテトフライ」(笑)。
メイン料理の付け合わせなんだけど
どこのお店のも揚げたてでサックリ、ホックリ
レベル高かったです。

さすがオイルの国?(笑)


今回私たちが食べたのは
イラン料理レバノン料理インド料理……
「ドバイ料理」がありません。

大雑把に「アラブ料理」というジャンルはあっても
「ドバイ料理」というのは見当たらなかったような。

交易国、資源国のドバイ
いろんなものが集まってくるから
そんなに「国産」や「ご当地」には
こだわっていないのかもしれません。

これぞ「ドバイ料理」というメニューや
お店をご存知の方、ぜひ教えてくださいね。
次回、挑戦してみたいと思います。
posted by sanjo at 12:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイ旅行記まとめ:Abraの上、Adhanは流れる



Abraでの最後のクルーズ中、
Adhan(アザーン/礼拝の呼びかけ)が聴こえてきました。

陽が落ちても、空気は暑く、風はぬるく。
Adhanは異教徒の私にも耳に心地よく、
1日の疲れも、旅の疲れもねぎらってくれてるかのよう。

そんなアラブの雰囲気は好き。

きっとまた来ます。
posted by sanjo at 02:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイ旅行記まとめ:エミレーツ航空の実力

naomi14.jpg
photo by Naomi

ラジャスタン民俗舞踊風ダンス・ユニット
「みどりとなおみ」自称(笑)シンガポール出身

なのでシンガポール航空を贔屓にしているのですが
最近エミレーツ航空が、シンガポール航空に迫る勢いで
評価を上げてきていると聞き、
今回の利用はとっても楽しみでした。


確かに、機内エンタメは充実
DSC04736.jpg
ボリウッド映画だけでも30本はあったような……
今年公開の新しめのヤツが10本くらい、
ここ2〜3年のヒット作が10本くらい、
不朽の名作も10本くらい、と気の利いたラインナップ
もちろん、タミル、テルグなど
インド各地の映画も多数ありました。


機内食もボリュームたっぷり
DSC04739.jpg
ただ往復ともに「和食」中心。
もっとアラブっぽいメニューも選べるといいのに。


深夜便なので、食事が終わって照明が落ちると、
機内に星空が現れるのはステキでしたぴかぴか(新しい)
DSC04738.jpg


ただ、乗務員さんがちょっと雑な感じなのが残念。
海外での接客に「日本並み」を期待するのは
間違っているのかもしれないけれど……

ベールのような布が特徴的な帽子
機内では脱いでいるのも残念ポイント。
あの帽子がなければ、ただのスーツ。
アラブっぽさが全然感じられません(爆)。


雑と言えば、帰りのドバイ空港の
自動チェックイン機のところにいた
地上スタッフの態度は最悪でした(爆)。

うまく操作ができなかった客のフォローをするために
そこにいるはずなのに
「操作に失敗したアナタが悪いんだから、
 さっさと有人カウンターに並んで手続きし直して」
てな感じで、思いっきり上から目線(怒)。

日本みたいに「申し訳ありませんが……」
なんて言葉はないにしても、
こちらも大人げなく
「もう二度と乗るか! ボケ!」
悪態をつきたくなるような態度だったんですよ(爆)。


そんなワケで、ドバイにはまた行きたいんだけど
エミレーツ航空の利用は微妙なところ(笑)。
次はエティハド航空かシンガポール航空の乗り継ぎに
してみようかな……
posted by sanjo at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

ドバイ旅行記Day3:最後のAbraクルーズ

DSC04862.jpg

ホテルと川向こうのOld Souqとの往復に
何度も乗った渡し舟・Abra
暑いことには変わりないけれど
水の上は多少過ごしやすいような気がして、
乗り合わせた人たちとの会話も楽しく、
大好きな交通手段でした。

DSC04859.jpg

そんなAbraの乗り納めは夜景クルーズ
1時間100AED(約2200円)一隻を貸し切れるのです。

DSC04858.jpg

川の端から端まで、流れ行く夜景を見ながら、
ドバイとのしばしの別れ(笑)を惜しみます。


DSC04852.jpg
ももえも

DSC04853.jpg
なおみも

ぬるい風に吹かれながら
きっと再訪を誓っていたはず(笑)。

たった3日間だけど、
本当に盛りだくさんの濃い旅でしたぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイ旅行記Day3:アラブで買いたいもの

DSC04842.jpg

ブランド品には興味がないので
高級ショッピング・モールに行っても
そんなにワクワクしないのですが
こんなアラビア〜ンなランプには心惹かれます。

まーしがない日本の集合住宅には
似合いそうにもないし
そもそも持って帰るのが大変。

でも、何よりも部屋が片付いてないのが問題。
昨年インドで買った小さめのカシミール絨毯
まだ包装されたままです(汗)。
posted by sanjo at 12:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイ旅行記Day3:Mall of The Emiratesでメンテナンス

DSC04843.jpg

ドバイにはいったいいくつショッピング・モールが
あるのでしょう……
なんと、このMall of The Emiratesには
屋内スキー場があるそうです。
灼熱の砂漠の国に雪……
いったいどんだけ金持ちなんだ>ドバイ(笑)。

体調を崩したなおみのリクエストで
ここでは「Sensasia express urban spa」
というマッサージ屋に行きました。

私はタイ式?リフレ45分で約4800円
日本と変わらない値段なので
おトク感はないけれど
歩き疲れた脚はかなりスッキリしました。
施術後のサービスのお茶がおいしかったな。

30日以内の再来店は10%OFFだそうです(笑)。


DSC04847.jpg

なおみもやや復活したところで遅めの昼ごはん。
インド料理店でビリヤニを食べました。
お腹も落ち着いたところで一旦ホテルに戻ります。
posted by sanjo at 12:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイ旅行記Day3:ドバイでもサリー活動

この日は朝からサリーを着ていました。

naomi13.jpg
photo by Naomi

イスラム教の国でサリーってどうなの?
と思いつつも、初日のGold Souqで何人か
サリー姿の女性を見かけたし、
持ってきた服の中では、一番豪華ではあるので
お金持ちマダムの多いショッピング・モールに
出かけるにあたってのオシャレ、ってことで
せっかくだから(?)着てみました。

だけど、お腹が出ないようにしっかり巻いて、
腕もショールで隠しましたよ(笑)。

そこまでした甲斐(?)あって
ホテルでは、インド系スタッフのみなさんや
シンガポールやスリランカからの
宿泊客の方々と会話も弾んだし、
まずまず有意義な活動だったかな(笑)。
posted by sanjo at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。