2011年04月21日

チャリティー・ベリーダンス・ショー

ゆかいな踊り子仲間・Realharpさんのハフラの前週は、
Realharpさんの先生・Yasminaさんのショーがありました。

DSC04136.jpg

会場は同じイタリアン・レストラン
小田急線・相武台前駅から徒歩5分のLa Ricetta
そうです、2週続けて同じ店に行きました(笑)。
でも、もう1週同じでも大丈夫なくらい
料理はおいしかった! とくにタラモ・サラダ
そんなワケで今週末また行く予定です(笑)。


さて、ショーのほうは、Yasmina先生のほか、
2人のゲスト・ダンサー、Lienさん、春香さんを迎え、
しかも、ジプシー&オリエンタル音楽アンサンブル
「アラディーン」による生演奏! 
さらにカーヌーンという見たことない
アラビアンな楽器登場。

DSC04148.jpg
いつも優雅なLienさん(↑)。
うしろのキーボードみたいなのがカーヌーン。
どちらかというと琴の仲間のようです。

DSC04145.jpg
春香さん(↑)。色っぽい。衣装もステキ。

DSC04150.jpg
Yasminaさん(↑)。いつも思うけど表情豊か
喜怒哀楽がハッキリしててお芝居を見ているみたい。
エジプト仕込みだからかな?


このショーは、急遽チャリティーになりました。
なので、美しいダンサーのみなさんも
アラビックな楽団のみなさんもタダ働き

私たち観客は、やや帰りの電車の心配をしつつも(笑)
おいしい料理と、艶やかなダンスと
異国情緒たっぷりの演奏と
そしてちょっとしたハプニング(笑)を楽しみました。

3月11日の地震以来、みんな不安を抱えつつ
以前よりはつつましい生活をしてきたはずだから
ものすごくはしゃぐ気分ではないにしても
お店じゅうに「ホッ」とした空気が流れていました。

私も久しぶりにおいしいビールを飲んだ気がします。


まだ「自粛」な雰囲気が強い時期、
あえてショーを決行してくれたみなさんに感謝です。



偶然、撮れた1枚(↓)
DSC04139.jpg

Lienさんの振るアサヤ(ステッキ)が魔法の光線みたい。
「被災された地域のみなさんが
 一日も早く元の生活に戻れますように……」


posted by sanjo at 19:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

ハフラに想う

DSC04256.jpg

ゆかいな踊り子仲間・Realharpさんのハフラを
観に行くのは何回目でしょうか……
今回はイタリアン・レストランでの開催。

余震も続いていて、世の中は自粛ムード。
でもこんなときだからこそ、
踊って食べて元気出さないと!


今回は音出し係を仰せつかったので
前半は全然写真が撮れず、
後半、Realharpさんの出番を押さえたのみ。

DSC04266.jpg

衣装、ステキでした。
や、もちろん踊りもヨカッタよ(笑)。

まーでも、以前、彼女のブログに
「とくに若くてキレイなワケでもなく
 踊りがすばらしく上手いワケでもなく
 それで衣装がショボかったら
 お客さまにお見せするものが何もない」

みたいなことが書いてあって、
我が身を振り返ったものです(爆)。

「踊り」は「自己表現」だけど
「自己満足」だけではダメなんですよね。
練習を積み重ねるのはもちろんのこと
よりよく踊るためには
いろいろ気遣うことがあるのです。

DSC04275.jpg

フィナーレではみなさん晴れやかな笑顔。

ハフラって「ホームパーティ」を意味する
アラビア語だそうで、ベリーダンス業界(笑)では
身内だけのミニ発表会を指すみたいなのですが、
親しい友人や家族と過ごす時間は
今までよりも、ずっと大切で貴重に感じられて、
まさに今の気分にふさわしいイベントだった気がします。

多分、お客さんも
「キャンセルしないで来てヨカッタ」
思っているんじゃないかな。


次回は……夏ごろ?
だいぶ曲も常連さんの顔も覚えてきたので
もー音出し係でも照明係でも
受付でも何でも来い!です(笑)。
posted by sanjo at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

ボイシャキメラ2011

恒例! バングラデシュのお正月を祝うお祭り
「ボイシャキメラ」に行ってきました!

DSC04304.jpg

今年は「パキスタン・バザール」
インド大使館での「桜バザー」も中止で
淋しい春を過ごしていましたが、
やっとイベントらしいイベントがやって来た感じ。

そして、きっとみんなこんな「春の集い」
待ち望んでいたのでしょう、
例年より、屋台の数は少なめだったけど、
池袋西口公園は多くの人でにぎわっていました。


私は例によって「六甲サリーズ」さんのお手伝い。

DSC04303.jpg

今回のおススメは「インドのサンダル」
春の陽射しにキラキラぴかぴか(新しい)光って、
つい手に取っちゃう人多数。
お買い上げいただいたみなさま、ありがとうございます。
たくさん履いてくださいね。


そして、お正月なのでバングラデシュの
お嬢さんがたはみんなおめかししています。

DSC04310.jpg

やっぱり本場の人は、大胆な柄や鮮やかな色に
負けてませんね〜。

DSC04300.jpg

アクセサリーも豪華ぴかぴか(新しい)です。


陽が落ちて、いよいよフィナーレ。
募金箱にはなんと約82万円も入っていたそう。
実行委員会が差額を足して
ちょうど100万円が震災の義援金として
寄付されるそうです。

ステージで連呼される
「ガンバロー! ニッポン!」
「ニッポン! ダイスキ!」

の掛け声に、在日バングラデシュ人のみなさんの
温かい心と、結束の強さを感じました。


これからは陽射しも気持ちも、
どんどん明るく暖かくなっていくはず。

バングラデシュはもちろん、
すべての外国の方々が
以前よりも住みやすい、
訪れたいと思う日本になるように
私たち日本人もがんばっていかなくちゃ!

本当にありがとう!バングラデシュ!
posted by sanjo at 13:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

羽田と成田

羽田空港の魅力は都心から近いこと。そして、

DSC03624.jpg

富士山が見えることぴかぴか(新しい)

旅の初めに富士山を拝むと、
なんだかいいことが待っているような気がします。
外国人にとっても、いきなり日本のシンボルが見られて
テンション上がるんじゃないでしょうか。
もちろん富士山に迎えられる/送られる
帰国も縁起がいい感じです。


でもね、成田にも捨てがたい魅力?があります。
わざわざ2時間くらいかけて空港に行くことで
旅の気分が高まるというか、
日常のリセットになるというか……

仕事帰りに羽田から深夜便に乗れば、
旅先では朝イチから活動できて
ムダがない感じがするけれど、
寝ないで荷造りして
早朝のリムジンバスに乗ったほうが
遠足のウキウキ感を楽しめる気がします。

それに移動も旅のうち
旅費の中でたぶん一番高いのは航空券なんだから、
深夜便ですぐに寝ちゃうのはもったいない(笑)。


今のところ、私の中では
午前中に成田発・午後に羽田着が理想の旅程です。
帰りはきっと荷物も多いから、早く家に着きたい。


今年初めのシンガポール行きは羽田発00:30の便でした。
シンガポールの気温は26〜30℃くらい、
着ていたコートをスーツケースに詰め、とっとと預けて、
すっかりリゾートな服装で空港内をウロウロしていたら
展望デッキを発見。夜景がキレイなんですが……

DSC03531.jpg

がんばって外に出てみたものの
寒くて3秒くらいで戻ってきました(爆)。

寒い季節に南国に行くべく羽田空港を利用する際は
コートを預ける前に展望デッキに行くのがオススメです。


そんなワケでGWはまたもやシンガポール。
今回も羽田の夜便……でもまあ、もうコートも不要だし
出発前の夜景は楽しめそうです。
富士山は見られないけどね。
posted by sanjo at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

女王さまのお仕事

melaposter2011.jpg

Bhangra QueenとかCurry Queenとか
勝手に名乗っているおかげ(?)で
最近は「女王」と呼ばれることも増えてきました(笑)。

そういえばタブラ王とかシタール王子もいますね。
インド系芸能と「王族」系ニックネームは相性がいい???


そんな女王は、友人のベリーダンスのミニ発表会で
音出し係もやれば、インド系のイベントでは
サリー屋さんのアルバイトもします。
案外?働き者です(笑)。

そして今度の日曜日、4月17日は
バングラデシュの新年を祝うお祭り「ボイシャキメラ」
例によって六甲サリーズさんのお手伝いをしています。

イベントは朝10〜17時。
別名「カレー・フェスティバル」というだけあって
バングラデシュ料理の店舗が10店ほど並びます。
ただ、バングラデシュはイスラム国なので
イベント会場内ではお酒は売っていません(確か……)。
近くのコンビニで調達できますが
タオルなどで包んでこっそり(笑)飲むのがオススメ。


六甲サリーズの店長さんから、
お手伝いのお話をいただいたとき、
実はいくつか予定があったのですが
自粛&中止続きの今日このごろ、
いいかげん春のイベントを楽しみたい
気持ちが勝ちました(爆)。


お時間ある人、ぜひお立ち寄りください。
今年は震災のチャリティにもなっているらしいです。
ではでは、「ボイシャキメラ」でお会いしましょうぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

羊を丸ごと一頭食べる会

インド好き仲間・Yossyさん主催、
羊ファン(?)約60人が集う大宴会に参戦してきました。
会場は新大久保のモンゴル料理店。もちろん貸し切り。

DSC04177.jpg
これ(↑)が *イメージです(笑)

DSC04174.jpg
こうなって(↑)

DSC04189.jpg
こうなって(↑)

DSC04239.jpg
こんな感じに!(↑)

モンゴル衣装はお店で貸してもらえるのですが
参加者全員、なんの躊躇も疑いもなく着替えてました。
さすが羊好きは強者揃いです。


羊が焼き上がるまでの間は
各種モンゴル料理?をつまみながら
素人モンゴル相撲大会
選手は店主の指名(ムチャ振り・笑)で決まります。

DSC04227.jpg

が、意外にノリがいい指名選手たち(笑)。
さすが羊好きは強者揃い……。


で、羊はもちろんおいしくて
この激変のご時世に、大勢の仲間と大笑いしながら
テーブルを囲む幸せをしみじみ感じたのですが
主催者Yossyさんの幹事魂
参加者の1人、よろずエキソ風物ライターの
サラーム海上さんジャーナリスト(?)魂にも
感服したのでした。


DSC04181.jpgDSC04186.jpg
DSC04187.jpgDSC04243.jpg

モンゴルというより、
うさんくさい中華系カメラマンな風情の
サラームさんですが、
ここぞ!というタイミングには必ず
「最前線」にいるんですよね。
やーさすが、取材慣れしてるわ。


そして、Yossy
DSC04220.jpg

仕切りのよさとノリのよさ、豊かなサービス精神。
彼女じゃなきゃ、こんなクレイジーな宴会は
仕切れないよ(笑)。ホントお疲れさま&ありがとうぴかぴか(新しい)

DSC04201.jpgDSC04202.jpg
DSC04231.jpgDSC04247.jpg


宴会のシメは、バーンスリー(インドの横笛)奏者
寺原さんが、祈りの曲を吹いてくれました。

DSC04251.jpg

カッコはモンゴル相撲ですが(爆)
日本を代表するバーンスリー奏者なんですよ>寺原さん。
(そしてまたもや最前線にいるサラームさん)


そんなワケで興奮の連続だった
「羊を丸ごと一頭食べる会」
大好評につき、また5月ごろに開催するそうです。

そのころには、世の中いろいろ落ち着いて
こんな宴会もごくふつうのことになってるといいな。
(や、ふつうの宴会じゃないけどさ・笑)
posted by sanjo at 17:39| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。