2011年03月31日

音楽とカレーでできること

ragahemant.jpg

楽しみにしていたパキスタン・バザールも
毎年恒例のインド大使館・桜バザーも中止で
残念な今日このごろ、エアコンを使わない生活にも
だいぶ慣れてきました。

まー寒ければ踊れば温まるしね(笑)。

被災地以外で暮らす人が
復興のためにとりあえずできることは
節電と募金と外食(消費)……ということで
友人知人の活動をご紹介。

日本一のタブラ(インドの太鼓)奏者
Uーzhaanさん「へまんと」
よろずエキゾ風物ライター・サラーム海上さん提供の
貴重な音源「Allah Huu」を購入しダウンロードすると
収益が全額、今回の震災の義援金に充てられます。
http://www.diystars.net/hearts/release.html

Allah_huu.jpg

それから、ランチやカレー会でお世話になっている
職場近くのインド料理店「Taj」では
4/8(金)にチャリティー・ブッフェ開催
売り上げの60%が、同じく義援金になります。
*4/15(金)変更になりました

おいしいものを食べることや
好きな音楽を聴くことで感じる「幸せ」
今までこんなに強く意識したことはなかったかも。


すでにたくさんの人がダウンロードした
「へまんと」と「Allah Huu」ですが
インド好きじゃない人にも
その心地よさを楽しんでもらえたらと思います。

それから「Taj」のチャリティーブッフェには
私は夕方〜夜に行くつもり。
よかったら、一緒にカレーを食べましょうぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

熟女倶楽部2

DSC03984.jpg

このブログに辿り着く検索ワードのひとつに
「熟女」があるようです(爆)。
先日は「民族衣装の熟女」という検索ワードも
はいっていました……
期待にそえているんだかいないんだか(爆)。

で、踊り子仲間realharpさん所属の「熟女倶楽部」の話。
すでに1カ月以上も前ですが、
トライバル系ベリーダンスの発表会にて
その艶姿を拝見いたしましたでござる。

DSC03981.jpg
DSC03977.jpgDSC03979.jpg

こちらのベリーダンス・クラスでは
比較的年齢がお高め(爆)なお三方で結成された
「熟女倶楽部」は今回で2度目の出演。
ミュージカル風というかコメディエンヌな感じで、
なんとなく黒っぽい衣装のゴシックロマンっぽい雰囲気で
まとまりがちなトライバル系ベリーダンス出し物の中では
いい意味で息抜き的な存在でした。


後半、先生がた&ゲストによるショータイムは
けっこう「お笑い」度が高かったけど、
上手い人がやるからこその、単なる「イロモノ」ではない、
見応えというかがありました。

DSC03989.jpg

ゲストの閔 賢基さんの演奏。
ここの会場ってムードいいですよね。
なんか壮大な感じがする。


DSC03967.jpg
DSC03971.jpgDSC03972.jpg

realharpさんの熟女倶楽部以外の出し物、
ひとつ見逃しました。
友人の結婚披露宴とのハシゴだったのだけど
予想外の雪で間に合わず。残念。


今回の「熟女倶楽部」は直前に演出変更があったそうなので
5月下旬開催予定の「ゆかいな踊り子たちの夜」では
オリジナル版演出による「熟女倶楽部」が
見られるかもしれませんよ。
熟女好きのみなさん、ぜひ見にきてください(爆)。
posted by sanjo at 18:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

インドごはん

こんなときですが、日本復活のためにも
おいしいものを食べなくちゃ……ということで
1/31〜2/4のインド旅行で食べたもの一部紹介。

DSC03639.jpg

前回見かけて気になっていた
Connaught Place(コンノート・プレイス)の
ミルク・シェイク屋さん、いつも混んでる。
店員さんのオススメ「バタースカッチ」味に挑戦。
んーーー「バタースカッチ」ってどんな味だっけ?
フツーにおいしいけど、わかりにくい味(笑)。

DSC03640.jpg けっこう量は多い。
 1本飲むとかなり
 お腹ふくれる……って
 いうかお腹冷える(爆)。
 35ルピー(約70円)。


Nizamuddin Dargahの聖者さま生誕祭でもらった
ふるまいごはん。宗教施設での食事は基本精進、肉なし。

DSC03670.jpg

でもこれはパニール(チーズ)入りだった。
淡白すぎず、おいしい。持ち帰ってホテルで食べました。


DSC03701.jpg

友人の働く旅行会社でおやつタイム。
チャイとバタートースト
インドの食パンって薄い。
焼いてバターを塗ったパンを重ねて
一度に切って、取り分けて食べました。
インド式食べ方なのか、
このオフィスの流儀なのかはナゾ(笑)。

DSC03702.jpg Family Dinner
 行く前だったので
 断ったんだけど
 「これは食事じゃない、
  スナックだ」
と言われて
 結局、食べてます(笑)。


そのFamily Dinnerのデザート
ガジャル・カ・ハルワ(にんじんのハルワ)」。

DSC03733.jpg

DSC03732.jpg キレイに盛りつけて
 あったのを、
 全部混ぜ合わせる
 こんな感じ(↑)。
 激甘だけど、やさしさ漂う
 インドのお母さんの味

私も作ったことあるけれど、にんじんをマッシュして
ひたすら牛乳で煮込む手間と時間のかかるスイーツ。
でもインド人の友人曰く、おいしく作るコツ
「プロセッサーや電子レンジを使わないこと」
手間=愛情? お母さんの味だもんね。
サラーム海上さんのブログも見てみてね。


DSC03758.jpg Karol Bagh
 (カロル・バーグ)の
 ジューススタンド。
 パイナップル・ジュース
 25ルピー(約50円)。

できあがりを待ちながら写真を撮っていたら
ほかのお客さんから
「にんじんのほうがキレイだから、にんじんを撮れ」
という指示が(笑)

DSC03759.jpg

どうでしょうか???


Karol Baghの商店街にあるスナックとスイーツの店
「Punjab Sweet Corner」
パニール・ティッカ(チーズの串焼き)」。

DSC03782.jpg

店頭で焼きながら売っていて、
1階は立ち食いスペース、2階はテーブル席。

DSC03784.jpg

今回一番のヒット「パブ・パジ」
同じく「Punjab Sweet Corner」の一品。
焼いたパンに野菜カレーをのせたり
はさんだりして食べます。
パンに塗ったパターの塩気と
野菜カレー(ベイガンバルタ=焼きなすのカレーだった)
のマイルドな味わいが絶妙にマッチ。


最終日の朝ごはん。

DSC03796.jpg

ホテルの食堂が、何かの集会で使われているらしく
強制的にルームサービスに。
やはりインドの食パンは薄く、卵は白っぽい

DSC03751.jpg

食堂のスタッフさんたちとプチ語学交流
Eggは日本語で「タマゴ」、ヒンディー語で「アンダー」
Sugerは「サトウ」と「チーニー」
Teaは「オチャ」と「チャイ」
食べ物の話って、分かり合える(笑)。


映画を見る前に食べた「ダル・マカニー(豆カレー)」。

DSC03839.jpg

マカニー=バターなんだけど、見よ!ハンパない量
よく混ぜて食べます。カロリーは高そうだけど
シンプルなロティ(全粒粉のパン)によく合う。


そしてインド最後の食事は空港のマクドナルド。

DSC03848.jpg

マハラジャ・チキン・バーガー食べました。


すでに紹介したものは省いているとはいえ、
案外食べてない???

インドって、行く先々でチャイやコーラ
出してくれることが多く、それでお腹が落ち着くのです。
コーラはここ3年くらいで飲んだ量と同じくらい
この旅行中に飲んだかも(笑)。

でも、買い食いからイスラム家族のパーティーまで
日本では食べられないようなものを味わえて満足ぴかぴか(新しい)

落ち着いたら、また行きます。たぶん7月くらい(笑)
posted by sanjo at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

インドの子ども

DSC03799.jpg

インドではよく通学途中の子どもに囲まれます。
日本人が珍しいのかな???

大きな目を見開きながら
「ハロー! どこから来たの?」
なぜか握手も求められたり(笑)。

「英語わかる?」って聞いたら
「もちろん!」と全員で元気な返事。
おおー頼もしい! 

「写真撮ってもいい?」って聞くと
キャーキャー騒ぎながらも、
何度も微妙に並び順を変えて(笑)
仲良くフレームに収まってくれます。

いつも思うけど、
物怖じしなくて、英語が話せる子どもがたくさんいる国って
これから先のパワーを感じさせますよね。


DSC03797.jpg そんなに大きくない車に
 15〜16人詰め込まれて
 去って行きました。
 こうして小さいときから、
 無理矢理乗り込む技術
 培われるんですね(笑)



DSC03646.jpg

男の子でもまつ毛が長くてかわいいよね。


DSC03650.jpg

そんなに見つめられると照れるなぁ(笑)。


そういえば、インドのテレビで
『ちびまるこちゃん』やってました。

ヒンディー語吹き替えなんだけど
オープニング・テーマ曲の
♪ぴ〜ひゃら ぴ〜ひゃら ぱっぱぱらら〜
はヒンディー語に訳せなかったのか、そのままでした。

ハリッパ ハリッパ バレバレー
とかでいいと思うんだけど……ダメ?(笑)
posted by sanjo at 21:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

無事です

DSC03814.jpg


このブログでこんなことを書くとは思いませんでした。


日本で大きな地震がありました。
電車が止まって、職場から自宅まで
3時間40分かかって歩いて帰りました。

でも、今まで見聞きしていた「被災」とは全然違う。
町は明るいし、コンビニも開いているし
途中、火事や倒壊した建物は見かけなかったし
とくにパニックになっている人もいなかったし
とにかく家に着けば暖かくて、
ちゃんと寝られるとわかっていたし……


東京に住んでいること
わりと大きな会社に勤めていること
過去の大地震の経験から
道路や建物の耐震性が強化されたこと

私はラッキーだ、と思わずにいられません。


そして、ケータイが通じず
家族や友人との連絡が取りにくかったときに、
Facebookやtwitterなどを通じて
インドやシンガポール、モルディブなどなど
海外の友人から届くメッセージに
とても励まされました。


明日、出演する予定だったイベントも中止になりました。
久々のバラ組メンバルとの共演、楽しみにしてたけど
まー仕方ないですね。

生きていればまた踊れるし、また飲めるし。


今の自分の幸せに感謝しつつ
本当にいつなにが起こるかわからないので
好きなことをして
好きなものを食べて
行きたいところに行って
会いたい人に会って
悔いなく毎日を過ごしたいな、と
改めて思いました。


そして、困っている人のために
ほんの少しでも、なにか行動ができる自分でありたいです。


写真は私のshanti place、
デリーのBangra Sahib Gurdwara

被災された方、そして世界のすべてに
少しでも早く平穏が訪れますように……

posted by sanjo at 00:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

Karol Baghでお買い物

【03/02/2011 India-Day4】
DSC03754.jpg

今回の渡印ではKarol Bagh(カロル・バーグ)と
いう町に滞在しました。
前回滞在したデリーのメジャー繁華街
Connaught Place(コンノート・プレイス)からは
メトロで3駅、人通りも多く活気もあって
Connaught Placeが銀座なら、
Karol Baghは新宿か渋谷みたいな感じ……でしょうか。

メトロの駅から道沿いにたくさんのお店が並んでいて
ちょうどセール時期だったこともあって
4日目はほぼ1日、Karol Baghの商店街散策に
費やしてしまいました。


戦利品はこんな感じ。

DSC03791.jpg

ビンディ各種。踊り子仲間のお土産用&自分用。

3カ所の露店で買ったのですが、
駅から遠くなるにつれて安くなる傾向。
1シート5ルピー(約10円)から45ルピー(約90円)まで。
でも45ルピーの(左上の黄色いパッケージのヤツ)は
心なしか豪華な気がする???
結局、平均購入単価17ルピー(約34円)でした。
こういうのもドル・コスト平均法って言うのかな(笑)。


パンジャビも1着購入。

DSC03755.jpg

70%OFFセール中のお店で、
定価1699ルピー(約3400円)のところ
509ルピー(約1000円)。

DSC03790.jpg なかなか品質もよくて、
 デザインもおもしろいし
 ハッキリ言ってFabindiaより
 満足度高いです。


一家3代(?)で経営してるっぽいお店では
お茶やコスメ類を買いました。

DSC03781.jpg

娘さん(?)がいろいろコスメの説明をしてくれて
お父さん(?)が在庫を探してくれて
おじいちゃん(?)はニコニコ話を聞いてる
……みたいな、ほほえましいお店(笑)。

DSC03794.jpg なぜかお父さん&
 おじいちゃんがネックレスを
 プレゼントしてくれました。
 トウガラシの飾り
 魔除けになるらしい???


スパイス屋さんで「AJINOMOTO」発見!

DSC03756.jpg

DSC03757.jpg 本当に「味の素」なの?
 なんだか粒が大きい
 気がします(爆)。
 買いませんでしたが……

このほか、ドラッグストアでハミガキとか
シャンプーとかちょこちょこ買いましたが
露店もあれば、高級ブティック風な店もある
なかなか攻略しがいのある町でした>Karol Bagh。

ちなみに前回チューリー(バングル)を買ったお店
今回ドゥパタを買ったお店もKarol Bagh……
まだまだ何かありそう???
デリーで立ち寄るところが増えました(笑)。
posted by sanjo at 22:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

カヤジャム対決

【21&22/01/2011 Singapore-Day1&2】
なぜか急にシンガポールの話(笑)。

このあいだのシンガポール旅行では、
なおみのお土産リクエストで
シンガポール名物「カヤジャム」を2種類買いました。

ココナツミルクと砂糖と卵を煮詰めて作るペーストで
パンダンリーフという葉っぱを、
香り&色付けに使っています。

トーストにバターとともにぬり、
コンデンスミルクの沈んだコーヒーと
温泉卵と一緒に食べるのが、
シンガポール流の朝ごはん……という感じ。

で、そのカヤジャムの人気店・Killiney Kopitiam
かのラッフルズ・ホテルのを買いました。
一応それぞれのお店でも食べてみました。

DSC03542.jpg
Killiney Kopitiam 確か全部で6.5SG$(420円)くらい。
カヤジャムは1瓶4.2SG$(約270円)。


DSC03546.jpg
ラッフルズ・ホテルのカフェで食べた
カヤ・トーストセットは13SG$(840円くらい)。
カヤジャム1瓶は8.9SG$(約580円)


んーーー正直、私はそんなに違いを感じませんでした。
まあ、Killineyのほうが「あらごし」っぽい感じかな。

でも、チェーン展開しているとはいえ、
町の老舗カフェ的なKillineyと
かのラッフルズ・ホテルとでは
お土産用カヤジャムの値段も、
お店で食べる「カヤトースト・セット」の値段も
「倍」違うのです……やっぱブランド料ってこと???

大差ないなら、安いほうがいいですよね(笑)。

ちなみにKillineyのカヤジャムは手作りなので
5週間しかもたないそうですが、
ラッフルズのは賞味期限が今年の10月でした。

次回はもうひとつの有名店
Ya Kun Kaya Toastのも試してみたいです。
……日本にも支店があって
通信販売で買えるんですけどね(爆)。
まーシンガポールでのお楽しみってことで。
posted by sanjo at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

インドで映画

【04/02/2011 India-Day5】
旅の最終日帰国便は23:45発で、
空港には3時間前に行けばいいから
友人の提案で午後は映画を観に行くことに。

DSC03835.jpg

じゃあ、テレビで観たPVがおもしろそうだったので
『Yamla Pagla Deewana』をリクエストしたんだけど
上映時間が折り合わず、友人の友人オススメの
『Dil Toh Baccha Hai Ji』というのを観ました。

poster2.jpg  Reveal.jpg

友人が連れて行ってくれたのは
わりと新しい感じのキレイな映画館。
料金は確か80ルピー(約160円)。
でも休憩時間にロビーで飲んだコーヒーは
50ルピー(約100円)。この価格バランス、どうなの?

入り口で入念な持ち物チェックがあり
デジカメを持っているのをかなり注意されたんだけど、
「私は旅行者なんだから、カメラは持っててフツーでしょ」
とか言いつつ、係員の女性をパチリ(笑)。

DSC03842.jpg 「絶対に画面は
 撮っちゃダメよ!!!」

 と、何度も念を押しつつも
 とりあえず許して(?)
 くれました。

でも、それだけ上映中に撮影する人が多いってことか。
最近のデジカメは動画も撮れるしね。


そして日本と同じくCMと予告編のあと
本編が始まるのですが……

あ、字幕がない!

そうですよねーーー機内で観るんじゃないんだし。
だけど英語だってそんなに得意なワケじゃないので
がんばって字幕を読むよりは、
ヒンディー語に集中したほうが意外にラクでした(笑)。

わりとお気楽なコメディーだったので
なんとなくストーリーもわかったような気がするし
ちゃんと聞き取れるセリフがあったり、
笑うところで笑えるとなんだか達成感が(笑)。

私がインド映画好きなのを知っての友人の提案、
最終日の過ごし方としては、せわしなさすぎず、
でもちゃんとインドっぽさも味わえてヨカッタかも。

まーでも、次回は観たい映画の上映時間は
自分でちゃんと調べることにします(笑)。
posted by sanjo at 00:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

アムリタでおもてなし

DSC04049.jpg

バングラダンスのワークショップのあとは
大阪のインド衣料&雑貨店「アムリタ」に移動して
グダグダ……いえ、楽しいひとときを過ごしました(笑)。

前に来たときも思ったんだけど、
ここは大阪のインド(笑)。

なんともいえない、まったりとした時間が流れています。

店先に椅子を並べ、
ワークショップの主催者・DJ Namasteさんが
買ってきてくれたビールで乾杯☆(爆)
営業妨害にならないんだろうか??? 


DSC04039.jpg

なぜかインド服を着て走り回る子どもたち……


DSC04046.jpg

突然、始まったサリー試着&撮影会……


まったり、というか
かなり自由な時間が流れています(笑)。


そんな癒しの空間「アムリタ」ですが
残念ながら3月いっぱいで閉店なんだそうです。

関西でインド舞踊を習っているみなさんは
これから衣装や練習着の調達に
かなり困るんじゃないかと思います。

いつもお手伝いさせてもらっている
『Namaste Bollywood』のイベントでも
抽選会の賞品やお土産の提供でお世話になりました。

いろいろ事情はあるんでしょうが、
いつか復活してくれるのを願ってやみません。


DSC04055.jpg

私も豪華サリーで記念撮影。
若い男の子に囲まれてご満悦(左端のコは女の子)。


そんなワケで、現在アムリタでは40%OFFセール開催中。
ネットショップでは「品切れ」の文字が
目立つようになってきましたが、
お近くの方はぜひお店に行ってみてくださいね。
掘り出し物が見つかる可能性大ですぴかぴか(新しい)


DSC04057.jpg

このあと、私の帰りの新幹線の時間まで
店長のヒロミさん&ご主人、
スタッフのRatnaさん&お子さん、
DJ Namasteさんファミリーのみなみなさまが
近くの居酒屋でお相手をしてくださいました。

みなさんのあたたかい心遣い&おもてなしに大感謝ぴかぴか(新しい)

そして、また大阪に行ったときに
立ち寄るところが減ってしまうのは寂しいので
やっぱり強く復活を希望します。
posted by sanjo at 00:56| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

Bangra Sahib Gurdwaraの食堂

【04/02/2011 India-Day5】
DSC03824.jpg

Gurdwara(シーク寺院)にはつきもののLangar(食堂)、
そういえばデリーのBangra Sahib Gurdwaraでは
行ったことがありませんでした。

本堂の横の階段を降り、別棟の1階がLangar。
でも入り口がわからなくて、キョロキョロしていると
恰幅のいいターバン姿のオジサマが
「食事したいの?」
と声をかけてくれました。

「中を見てみたいだけ」と言うと、
案内してくれたのだけど、食堂には入らずに厨房へ。
まず目に入ったのは巨大な鍋

DSC03825.jpg

ダル(豆)カレーとサブジ(野菜カレー)かな?
そして、反対側にはチャパティ配膳係?のお兄さんたち。

DSC03826.jpg

カメラを向けると、ポーズをとってくれました(笑)。


それにしても広い

DSC03829.jpg

DSC03827.jpg

DSC03828.jpg

毎月お邪魔している東京のGurdwaraでは
3畳ほどのキッチンで50〜100人分の食事を
作っているのですが、
ここは毎日1万食を用意しているのだとか。

そして驚くべきことに、
シーク寺院の食堂は「無料」なんです!
もちろんシーク教徒以外の人にも
お布施?とボランティアで
まかなわれているのだと思うけど、
シーク寺院、太っ腹ですぴかぴか(新しい)

DSC03830.jpg

ちょうどお昼どきだったので超満員
壮観な眺めですが、順番を待っている人の列もできていて、
完全入れ替え制のようでした。

DSC03831.jpg

外に出ると、玉ねぎをむいている人たちが。
参拝ついでのボランティアなのかな。
私もやりたい! と言えば加われそう(笑)。

このあと友人と約束があったので
今回は見学だけだったけど
次回はぜひ食べてみたいです。
そして皿洗いでも皮むきでも何か手伝わせてもらって
太っ腹なシークの教えに感謝したいと思います。

あ、あと、案内してくれたオジサマ、
どうもありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 00:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。