2010年07月30日

旅先で何を着るか

けっこう迷います。

n02.jpg
photo by Naomi

インドもシンガポールも暑いし汗もかくから
Tシャツとジーンズで構わないし
物価も安いから現地調達でもいいんです。

でも、やっぱり旅は非日常
服もそれなりにがんばったほうが
盛り上がります(笑)。

で、今回のシンガポール合宿では

1 前回の合宿で買ったインド服
2 そのコーディネートにヒントを得た
  手持ちのインド服の新しい組み合わせ
3 買ったのにまだ着ていなかったインド服

で2泊4日を過ごしました。

インド服好きだけど、私の好みや着こなし
現地の人から見てどうなのか?
たまに見かける残念な浴衣姿の若者みたく
なってないか?
旅は自分の実力(笑)を知るいい機会。
ま〜ダメだったら、その場でよきものを調達するまで!

でも、おかげさま?で
私のインド服は、まあまあ好評でした。
「どこで買ったの?」
とか、よく聞かれましたよ。
(そして「日本で」と答えるとけっこう驚かれました・笑)

よし! 次の旅もこの調子で。


DSC02072.jpg

ちなみになおみはシルクのワンピースで参戦。
あまり着ていなかった服だそうです。
旅は「よそいき」を着るにもいい機会……つか
やっぱり服は着てナンボ、
しまい込んでないで着ないとね。
posted by sanjo at 17:58| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | みどりとなおみ (IDMK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デフレの国からきた女>その3

前回の合宿でも、各自のソロ活動(笑)でも、
「もっと買っておけばよかった」
と悔いを残しているみどりとなおみ。

今回はけっこうがんばったつもりなのですが……


インド系チープ・コスメも

DSC02125.jpg


インド系食材も

DSC02190.jpg

こうして写真に撮ってみると
たいして買っていないですよね(爆)


けっこう大人買いしたつもりだったのに。

デフレ長引く日本で培われた
「迷ったら買わない」精神は
多少の円高や物価安では揺らがないものなんですね……


でも、今回買ったものは惜しまず使いますよ。
次回合宿までには使い切って、
また新たな気持ちで合宿に臨みたいと思いますぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 01:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | みどりとなおみ (IDMK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

Mirchi's Kebab Factory

DSC02169.jpg

シンガポール最後のごはんは
空港のレストランでカレー

まあまあおいしかったけど、やっぱり空港は割高ですね。
でも、店員さんはなかなか親切で
会計のとき「また会いましょう」なんて言ってたけど
また会うとしても、帰国便の空港なんですよね(笑)。

それに、なおみが組んだ次回のスケジュールによると
空港で食事をしている余裕はなさそう(爆)。
posted by sanjo at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

白いシンガポール

ダンス仲間のカンコさん
GWにシンガポールに行ったときの写真を
見せてもらいました。

k2.jpg
photo by Kanko-san

あれ? シンガポールってこんなだっけ?
……と、前回の自分の写真(↓)を見てみる。

1.jpg

カンコさんのシンガポール……全体に「白い」
つか、私、「白い」シンガポールを見ていない!
マーライオンとか、ラッフルズ・ホテルとか。
一般的にはそっちがシンガポールのメインだったりしない?

そう思いつつ出かけた第2回合宿
相変わらずメイン行動範囲は
極彩色のリトル・インディアだったけど、
意識してみれば、意外に「白い」シンガポールに
出会えました(笑)。


泊まったホテルのすぐ近くの美術館(↓)とか、

DSC02126.jpg


最終日に乗ったホップオンバスの停留所がある
ラッフルズ・シティ(↓)とか。

DSC02167.jpg
DSC02166.jpgDSC02168.jpg

どちらも通過しただけですけどね(笑)。

そして今回もマーライオンは見ませんでした。
ま〜、タージマハル見たのも4回目の渡印だったので、
第4回合宿のころには、
マーライオンやセントーサ島やナイトサファリを見ようか、
という心のゆとり?も生まれているかもしれません。
posted by sanjo at 01:26| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

Mrs. SivaのメヘンディとLakshmiのギフト

DSC02165.jpg

買い納め(?)に出かけた
リトル・インディア・アーケードで
メヘンディ(ヘナ・タトゥ)を描いてもらいました。

本業は絨毯やタペストリーなどを扱う
ハンドクラフトのお店の店先で
奥さん(?)がメヘンディ好評実施中。
意外に本業より儲かっているのでは?
と思うくらいに、いつも観光客が
メヘンディを施してもらっています。

でも本業も忘れてはいません(笑)。
私が絨毯に関心を示すと
熱心にセールス・トーク開始。

シルクのカシミール絨毯(というよりラグ?)、
バスタオルくらいの大きさのが
250シンガポール・ドル(約1万6000円)。
バスマットくらいのサイズは
160シンガポール・ドルだったかな???

デリーで見たものに比べると、
品質的にも価格的にもカジュアル(笑)な感じ。
デザインが気に入ってたので、ちょっと迷ったけど、
所持金が足りなかったので断念。

でも同じような柄のクッション・カバーを買いましたよ。

「また来てね」ともらった名刺には
「Mrs. Siva」とありました。
なんだかありがたい名前。
描いてもらったメヘンディが
神々しく見えてきましたぴかぴか(新しい)(笑)。


そして、前日、目をつけていた
バッグを買いに別のお店へ。

ここのお店の人は、私の着ているインド服が
好きみたいで、前日も写真を撮ったのですが
この日も「また撮っていい?」と聞かれて
一緒に記念撮影(笑)。

DSC02117.jpg


お礼?に、小物入れ(↓)をくれました。

DSC02187.jpg

名前は「Lakshmi(ラクシュミー)」さん、というそう。
また神様の名前だ!
神様からのギフト、大切にしないとね(笑)。


シンガポール合宿、なんだか縁起のいい
締めくくりです。
posted by sanjo at 01:40| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Khulfi Bar>再び

DSC02162.jpg

みどりとなおみの御用達店その3「Khulfi Bar」
インド風アイスクリーム(クルフィー)のお店です。

ホーカーズ(フードコート)でも
チャイナタウンのチャイナ・フード店でも
1品単価3〜6SG$(200〜400円)くらいなのに
この店のクルフィーは7〜8SG$以上します。
※SG$=シンガポール・ドル

前回食べた「Bollywood Silver」なんて
17.40SG$(約1200円)ですよ。

でもこの店は、いい加減歩き疲れたときに
グダグダするにはちょうどいい感じなんです(爆)。
もちろんクルフィー自体もおいしいし。

今回は「マンゴ・ライチ・オブセッション」
というのを食べました。

なおみは「ファルーダ」(↓)。

DSC02163.jpg

モンブラン風に見えますが
バミセリ(細い麺)が乗っています。
味わいはそうめんでした。


小1時間くらい(もっとか?)グダグダして
最後の買い物に出発です。
posted by sanjo at 00:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

Murtabak!

循環ルートをほぼ1周して、ホップオンバスを満喫した
みどりとなおみは、リトル・インディアで下車して
またまたTekka Centreのホーカーズへ。

DSC02159.jpg

お昼ごはんは「Murtabak(ムルタバ)」です。
薄く伸ばした生地でひき肉と玉ねぎと卵を包んで
鉄板でこんがり焼いたもので、カレーをつけて食べます。
イスラム風のお好み焼き……といったところでしょうか。

DSC02157.jpg

ほかのお店の人たちが熱心に客引きするなか
このお店のお兄さんは、黙々とムルタバの生地を
こね続けていて、なんだか頑固な職人風。
でも、「写真撮っていい?」と声をかけたら
手を止めて、少し笑ってくれました。

そんな頑固職人(?)が焼いたムルタバは
生地の端のほうがパリパリしてていい感じ。
みどり的にはかなり好きな食べ物ですぴかぴか(新しい)

あ〜、なんか、また食べたくなってきた(笑)。ヤバイ。
posted by sanjo at 02:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポール植物園

ホップオンバスシンガポール植物園に到着。
給油なのか、交替なのか、
ここで一旦降りて、10分後に来る次のバスに
乗り換えるよう、運転手さんに指示されました。

DSC02152.jpg

そんなワケでシンガポール植物園
入り口付近のみ(笑)見物。
緑が多い場所は、なんだか気持ちがいいですねぴかぴか(新しい)

営業時間は5〜24時なんだそう。
次回、腹ごなし(笑)がてら
夜の植物園散策なんてのもいいかも。
posted by sanjo at 00:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

Hop on Bus

シンガポール最終日は、
市内を循環する「ホップオンバス」に乗って
車窓からシンガポールの名所観光

DSC02235.jpg

22カ所のポイントを一方通行で循環運行、乗り降り自由、
シンガポール航空の利用者は無料ですぴかぴか(新しい)

メイン移動手段がMRT(地下鉄)、
メイン行動範囲がリトル・インディア
みどりとなおみにとって、
欧米人観光客だらけのバスも、
リトル・インディア以外の風景も新鮮(笑)。
最後に観光らしい観光をした気分です。


それにしても、シンガポール航空ってスゴイ。
燃油サーチャージが日系航空会社より6000円ほど高くて、
その分ツアー料金も高いのですが、
機内でのサービスはもちろん、
このホップオンバスなどの
「シンガポール航空利用者特典」を考えると
高い分はしっかりカバーできている気がします。


DSC02149.jpg

ホップオンバスの窓から見かけた
ドラえもんだらけタクシー。
このタクシーの運転手さんは
ドラえもん色の車体に惹かれて
このタクシー会社に就職したのかな?(笑)。
posted by sanjo at 01:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1234!

DSC02145.jpg

今回泊まったホテルの部屋番号
チェック・インしてルーム・キーを渡されたとき
思わず「Good Number!」って言ったら
フロント係のお兄さんも親指立ててくれました。

小さなことだけど、気分は上がります(単純・笑)。


DSC02146.jpg

シンプルな部屋だけど、窓からの眺めがヨカッタ。
スタッフさんたちも親切。
新しくできたMRTの駅「Bras Basah」から徒歩1分、
ブギス駅にも5〜6分だし、
みどりとなおみ的にはとても便利な立地。

価格重視で選んだツアーの、
いちばんお手頃価格だったホテルだけど
意外にアタリでしたぴかぴか(新しい)

またここに泊まってもいいかもぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 00:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。