2010年04月25日

旅立つ前に

今日からインドに行くのです。
その前に言っておかなきゃいけないことが……。

IDMK〜インドで大道芸人をめざす会
(みどりとなおみ)、5/5(水・祝)に
八王子古本まつりで踊ります。

20100413_3776583.jpg

13時ごろから、個性的なエスニック芸人……
いえ、ダンサーさんやミュージシャンの
出し物が続々登場。
「みどりとなおみ」の出番は15時ごろの予定です。

☆八王子古本まつりについてはコチラ↓
http://www.hachiojiusedbookfestival.com/

☆ステージ・プログラムについてはコチラ↓
http://ethnifes.exblog.jp/9467088/


今、成田なんだけど、けっこう混んでいます。
スーツケースに玉すだれも入れたし、
インドでも練習しておきます(笑)
posted by sanjo at 11:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | みどりとなおみ (IDMK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

インド進出!?

先週末、代々木公園の「アースディ」に行ってきました。
戦利品?はコレ(↓)

DSC01280.jpg

「ガチャピン ムック カリー」

ほうれんそうカレーのガチャピンと
トマトカレーのムックが1袋ずつ入った
レトルトカレー、350円ナリ。

ターバンというより包帯みたいなのがご愛嬌(笑)。
箱のウラに「フジテレビ」のマークもついていたので
パチモンではなさそうです。


で、インド・ビザ・アプリケーション・センターでは
こんなのを(↓)を見かけました。

DSC01368.jpg

1万円以上の旅行保険加入でデビガチャまたはデビムック
3万円以上なら両方プレゼント……って、
デビガチャ、デビムックって何?

人気デザイナー集団・DEVILROBOTSが描く
ガチャピン&ムックらしいのですが……

ビンディナマステ・ポーズ
意外な大物キャラのインド化で、
いよいよ日本にも本格インド・ブーム
来るかもしれません(笑)。
posted by sanjo at 23:59| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

Pakistan Bazar 【見物編】

あ〜、もう2週間も前のネタでスミマセン(汗)。
時間が経つのは早い。トシもとるワケです。



民俗舞踊を満喫した上野公園でのPakistan Bazar
飲食や物販のブースもなかなか充実していました。

1日目はインド・パキスタン好き仲間Yossyさんに遭遇、
一緒にお店の人との会話や記念撮影を楽しみました。

DSC01009.jpg

まずはコレ(↑)。
本当は布などに使うプリント用の木版らしいのですが
手に押してもらいました。
メヘンディより手軽だけど、インクがちょっとしみるかも……
肌の弱い人にはオススメしません。

DSC01086.jpg

でも2日目は、ちゃんとメヘンディを描いてもらいましたよ。
片手300円、両手500円。安い!



ハサミや爪切りなどを扱うお店もありました。
パキスタンの特産品なのかな?

DSC01004.jpg

切れ味の実演に、お店のお兄さんが
自分の指毛を剃ってくれました(笑)。

DSC01003.jpg
 


イスラム教のイマーム(指導者)は
ウルドゥー語(パキスタンの公用語)で
名前を書くサービスを実施中。

DSC01001.jpg

私の名前も書いてくれましたが……

DSC01220.jpg

こう書くことは知っていましたが
文字の切れ目は「SA・NJO」だったんですね!
ちなみに右から左に読みます。



パキスタン航空のお兄さんたちとは
ちょっとだけウルドゥー語(ヒンディー語とほぼ同じ)
おしゃべりしてみました。

DSCN5871.JPG
photo by Yossy-san

「Urdu Bahut Muskil hai na」
(ウルドゥー語は難しいですね)と言ったら
「Muskil Nahin, Zindagi Muskil」
(難しくないよ。難しいのは人生だ)と返ってきました。
確かにそうだけどさ。



出番の終わったパキスタン国立舞台巡業団
踊り子さんと記念撮影。顔小さいな〜。

DSC01011.jpg


そして、踊るwadaさん。バングラ・キングは健在です。

DSCN5891.JPG
photo by Yossy-san



1日目も2日目も、フィナーレ?は
国旗を振って「パキスタン」の大合唱。

DSC01142.jpg

国を離れているから、よけいに愛国心が高まっているのか
それとも国民性なのか???
でも決して「コワイ」雰囲気ではなく
大人も子どもも楽しげで、アットホームな感じでした。

私も自分の国は好きだけど、国旗振り回して
「日本」を連呼……はできないな。
誰もが素直にストレートに愛国心を表せるお国柄は、
ちょっとうらやましい気もします。


寒かったけど、温かい気持ちになれるイベント。
来年も楽しみです。
でも、やっぱりもっと暖かい季節の開催希望(笑)。
posted by sanjo at 00:31| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

モヘンジョダロ・ダンス

パキスタンの共和国記念日がらみのイベントで
来日したパキスタン国立舞台巡業団

彼らの演目に
「モヘンジョダロ・ダンス」
なるものがありました。

DSC01018t.jpg

パキスタン文化に詳しいM先生も
「聞いたことないな〜」とおっしゃってましたが
モヘンジョダロといえば、有名な遺跡、世界遺産です。
ハラッパでもなく、ガンダーラでもなく
モヘンジョダロ・ダンス
うさんくさい、いえ、気になります(笑)。


で、見ました。なんだかんだ4回くらい。

えっと、インダス文明の遺跡から発掘された
「インダスの踊り子像」をイメージした
創作舞踊でした。
バラタナティアムとカタックをMIXしたような
どちらかというと古典舞踊っぽいダンス。

ま〜でも、神秘的な感じはしました。
パキスタンの美人ダンサーの美しい動きは、
それなりの説得力もあったし。

なにごとも言ったもん勝ちなんですよね。
そういう意味では「みどりとなおみ」
同じ匂いがするような……???(笑)。

ハラッパでもなく、ガンダーラでもなく
モヘンジョダロ・ダンス

これからパキスタンを代表するダンスに
なるかもしれませんぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 19:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

What's Your Raashee?

DSC00079.jpg

インド映画のフリーペーパー『Namaste Bollywood』
編集部に遊びに行きました。

最新号の発送作業手伝いのあと、
庭?にスクリーンを設置して、
大画面でボリウッド映画のDVDを楽しむ
……という、一種のオフ会です。

住所的には厚木市なんですが、
最寄り駅から車でも15〜20分くらい、
歩くと2時間はかかる……という場所だからこそ
できる屋外上映会です。もちろん大音量

スクリーン(特設ベニヤ板?)の後ろには大きな
花見もできて一石二鳥なんだけど、
外で3時間超の映画を見て過ごすには、
まだまだ寒い4月の夜、
編集長の手作りカレーのありがたみもアップします。

見た映画は『What's Your Raashee?』
昨年の秋、インドに行ったとき
ちょうど公開直前で、街中でたくさん看板を見かけました。
「美人女優のプリヤンカ・チョープラ12役に挑戦」
なんて書くと、企画ものっぽい感じがしますが
結婚と女性に対するインド独特の風習や考え方
細かく散りばめられた、深みのある作品でした。
結婚って、誰のためにするもんなんでしょうね。

音楽もなかなかヨイです。


NB23.jpg さて、その主演女優
 プリヤンカ・チョープラが表紙の
 『Namaste Bollywood』23号、
 好評配布中です。
 全国のインド料理店や
 インド雑貨店などで
 手に入ります。

私のインド旅行コラムも掲載されていますので
よかったら見てみてくださいね。
posted by sanjo at 01:19| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

パキスタンの帽子と布

パキスタン・バザールでは、
なんとパキスタン大使から帽子をいただきました。

46692583_3671155666.jpg
photo by holly-san

大使の出身地・シンド地方の帽子だそう。
形はイスラム帽みたいなんだけど、
ミラーワークと細かな刺繍がかわいらしく
男性用なのがもったいない感じ。
私は外国人なので、シャレで使えるんですけどね。


DSC01076.jpg

そして右側の男性が肩にかけている布も
シンド地方の布だそう。

実は数年前に、同じような布を
パキスタン航空の方からいただいたのですが、
ずっと敷物として使っていました(爆)
身につけるものだということが
パキスタン・バザールの初日でわかったので
2日目は肩から羽織って出動しました。
ま〜、コレも主に男性用のようですが……。

ナゾの土産物の真の使い方がわかるのも
このテの国際交流イベントのメリットですね(笑)。
posted by sanjo at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。