2010年03月31日

Pakistan Bazar 【民俗舞踊編】

上野公園で1年半ぶりの開催です。

寒かったけど、パキスタン国立舞台巡業団による
ステージ・プログラムをガッツリ満喫しましたぴかぴか(新しい)


DSC01032.jpg

パキスタン北限にあるカラーシャ渓谷のダンス
タイのモン族みたいな衣装に、中国っぽい?音楽。


DSC01035.jpg

バローチ地方のLava Dance
男性がベリーダンスのシミーのように
小刻みに胸(肩?)を揺らすのが特徴だそう。


DSC01043.jpg

パンジャーブ地方のBhangra Dance
思わず「Hadippa!」と声が出ちゃう(笑)。


DSC01044.jpg

シタール(弦楽器)&タブラ(太鼓)の演奏では
本場のオジサマたちが飛び入りダンス。
さすがの動きに感心。


DSC01051.jpg

そんなワケで私も参入……(笑)。


DSC01056.jpg

聖者廟などで踊られるトランスダンスを
アレンジ?したRaqs-e-Darvesh Dance


DSC01132.jpg

花束を受け渡しながら踊るBaltistan Dance
男女の掛け合いが寸劇風で楽しめました。

なんだかんだ、4回ステージを見たのですが
毎回微妙に構成や演目を変えていて、
飽きることなく楽しめました。さすがプロぴかぴか(新しい)

それにパキスタン民俗舞踊のバリエーションの
豊富さにも驚きました。
衣装や曲に、隣接する国の雰囲気も感じられて、
踊りを見ながらも、地図でその地域を確認したり(笑)。


来年は代々木公園で開催予定だそうです。
できればもっと暖かい時期にやってほしいですけどね……
posted by sanjo at 01:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

この週末はパキスタン・バザールですよ

上野公園で開催です。

english.JPG.jpeg

3月23日のパキスタンの共和国記念日を祝って、
今週はず〜っと大使館主催の催しが続いていたのですが
いよいよ締めくくりの大イベント、真打ちの登場です。

DSC00845.JPGDSC00857.JPG
DSC00868.JPGDSC00878.JPG

パキスタンからアーティスト来日
ひと足お先に、レセプションなどで拝見しましたが
今までに見たことないんだけど
中東や中国の香りもするような
「パキスタン=文化の融合点」
実感する、見応えのあるパーフォーマンスでしたぴかぴか(新しい)

あの演奏やダンスを桜吹雪の中で楽しめるとしたら
幸せですね〜ぴかぴか(新しい)

もちろん、パキスタン料理の屋台や
民芸品などの物販もあります。

私は両日とも、お昼くらいから出かけるつもりですので
見かけたら声かけてくださいね。
一緒にパキスタンを楽しみましょうぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 01:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

インドのカレンダー

とあるインド人のお宅の冷蔵庫に
貼ってあったカレンダー。

DSC00816.jpg

よく見ると、曜日が上から下へ日曜日、月曜日……
と並んでいます。
数字も上から下、そして左から右へ読み進む。
新しい……というか、これってインド標準なのかな???

左上のイラストの下の赤い文字がインド数字の「1」。
その下の「2」と「3」は
アラビア数字とほぼ同じ形だけど、
その下の「8」みたいなのは「4」です。
ん〜紛らわしい。

ま〜私は、写真のターバンの男性
心惹かれただけなんですけどね。
かっこいいな〜ぴかぴか(新しい)と思って(笑)。
posted by sanjo at 15:40| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

「みどりとなおみ」公式ブログ

できました。

midori-naomi.jpg
http://d.hatena.ne.jp/midori-naomi/

ラジャスタン民俗舞踊ダンスを主軸に
大道芸パフォーマンスを展開する
自称・シンガポール出身のユニットです。

今後の野望については、コチラもご参照ください。

そんな「みどりとなおみ」を引き続きヨロシクですぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 11:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

カレー会

カレー好きの人が集まって、
カレーを食べる「カレー会」

メリットは
ふだん行かないような地域のカレー屋も開拓できる
☆人数が集まればいろいろな種類のカレーを食べられる
☆カレー好きという共通点があるので初対面でも話が合う

最近なぜかカレー会ラッシュ
春だから???


六甲サリーズのY子さんに誘われて
参加したのは六本木「ブカラ」でのカレー会。
なんと「ナン焼き体験」付き。

DSC00750.jpg

初めてタンドール釜でナンを焼きました!

あらかじめ用意された生地に
油を薄く塗って、ナンっぽい形を作り
丸い台?に乗せて釜の内側に張り付けるのですが……

熱い! 本当に熱い!!!

張り付けが甘いので、端からはがれてきそうになるのを
お店の人に直してもらって、どうにか完成です。

DSC00753.jpg これがmyナン
 ところどころ厚ぼったい
 部分があって、
 もっさりした食感。
 伸ばしが足りなかった?


やっぱり、お店で焼いてくれたナンにはかないません。
生地自体は同じなのに……機会あればリベンジしたいです。

DSC00758.jpg Y子さんもチャレンジ。
 サリー姿だと、
 なんだかナン焼きも
 手慣れた風に見えます。



カレー会その2は西荻窪の
「ラヒ・パンジャービー・キッチン」
カレー仲間・LIBRAさん主催のカレー会です。

西荻の路地隠れ家的な店構えに
なんだか期待が高まります(笑)。

DSC00765.jpg

パキスタンはパンジャーブ地方・ラホール
家庭料理が続々登場!

DSC00772.jpgDSC00775.jpg
DSC00777.jpgDSC00776.jpg

羊の胃袋のカレー、マトンキーマカレー、
シャミカバブ(羊肉のメンチカツみたいなの)など
羊メニューが豊富なのがパキスタンな感じ???
全粒粉のナンはやわらかいのに噛みごたえもあり
肉のうま味が効いたカレーによく合います。


DSC00784.jpg 満腹で記念撮影。
 日本語の上手な店長さんと
 日本人の奥さまの
 優しい笑顔が
 親戚の家にいるみたい
 気分にさせてくれました。


杉並区民の私、高円寺・阿佐ケ谷・荻窪あたりの
公民館、体育館はよく練習で利用しているのに
このお店のことは全然知りませんでした。

こういう出会いがあるのも、カレー会の魅力ですね。

私もそろそろ次のカレー会の企画しようかな。
posted by sanjo at 17:33| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | カレーLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

祭が呼んでいる……

シンガポールでは「タイプーサム」という
不思議なお祭りを見ましたが、
昨年秋のインド旅行、ムンバイはバンガンガという
貯水池で見たのはこんな光景。

DSC00140.jpg

先祖供養というか、お彼岸のようなものらしいですが……

またもやムンバイ在住の友人(インド人カメラマン)
おススメ・スポットなのでした。

ガンジス川の水が湧き出ている、と言われる
聖なる池で、頭を丸めた男性たちが
続々と沐浴することで
先祖や亡くなった親しい人たちの魂に
平穏が訪れるのだとか。


DSC00142.jpg
DSC00144.jpg
 少し剃り残すのには
 何か意味があるとは
 思うけど、なんだか
 かわいいですよね。
 ひっぱりたくなる(笑)。


聖なる池を囲む道も、沐浴に訪れた人や
お供えやお土産(?)を売る人たちで大混雑。

DSC00157.jpgDSC00161.jpg
DSC00175.jpgDSC00176.jpg


もちろん床屋?さんは絶賛営業中。
カミソリの歯の切れ味が、
イマイチよくなさそうなのが気になります(笑)。

DSC00165.jpg

バンガンガの沐浴自体は
常々行われているみたいなのですが、
ヒンドゥー暦のAshwin月(9〜10月ごろ)に、
約2週間かけて最も盛大に行われるらしく
私はその最終日を見たようです。


なんだか、私はお祭り(=宗教行事)
遭遇する確率が高いような気がしてきました。
しかも、ローカルなんだけどレアなヤツ(笑)。

私の中のお祭り好き、珍しいもの好きの血
何かを察知しているのでしょうか???

ま〜でも、広いインドには
たくさんの宗教があって
きっと毎日どこかで何かしらのお祭りは
行われているんでしょう。


DSC00141.jpg

お坊さん(?)が健康や安全を祈願して、
手首に紐を巻いてくれました。
で、お布施(?)を要求(笑)。
こういうのって、お布施を差し出したお礼に
巻いてくれるものなんじゃないの?
順序はともあれ、
巻いてほしかったからいいんですけどね(苦笑)。

DSC00668.jpg すっかり色あせて
 しまったけど、
 まだ私の手首に
 残っています。
 今も私の健康と安全を
 守ってくれているはず。

この紐が切れるまでには、またインドに行きたいな。
posted by sanjo at 15:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

パキスタンの花と帽子

pakistan-flower.jpg
photo by S.Nakano san


日本・パキスタン協会が開催する
「パキスタンの集い」に参加するのは
何回目でしょうか……

パキスタンに縁のある人、
パキスタンが好きな人の集まる、
まったりしたひととき。

今回は「カラチの美しい花」というテーマで
元カラチ総領事の中野勝一さん
駐在中に撮りだめた、たくさんの花の写真を
見せていただきました。

「暗いニュースの多いパキスタンですが
 訪れたときには花にも目を向けてください」


という、中野さんの言葉に、
美しい花の咲く、美しい花を愛でる人のいる国を
訪れてみたい気持ちが、また深まりました。


「好きな写真があれば、PCの壁紙用に差し上げます」

とのことで(笑)、上の写真をいただきました。
お寺へのお供え用の花飾りを作るお兄さんたち。
「花」の部分だけを使うのが
日本とは違う、パキスタンっぽいところだと思うのだけど。




DSC00722.jpg その翌々日。
 大阪在住・パキスタン人の友達が
 出張で上京、お土産に
 パキスタンの帽子をもらいました。
 男性用なんですけどね。
 初めは固くきつく感じるけど、
 だんだん頭の形に
 馴染んでくるそうです。

この帽子がピッタリサイズになるころ、
パキスタンに行けるといいのですが……
posted by sanjo at 01:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒空ベリー

ベリーダンスの違いがわからない私
各種ベリーダンスを観戦するチャンス?が
舞い込みました……


bellyscircus.jpg 「Belly's Circus Tokyo」
 ニッポンベリーを支える
 トップダンサーが大挙出演
 ベリーを踊っている人はもちろん、
 知らない人も楽しめる
 イベント……だそうで、
 仕事で行けなくなった友人から
 チケットを譲り受けたのです。



夕方は先約があったので、午後からの屋外ステージと
第1部しか見られなかったのですが
それでもたくさんのベリーダンスを見ました。

でも、超寒い日だったので、かなり集中力が低下(苦笑)、
やっぱりスタイルの違いを見極めることはできず……。

そんな寒い日に、屋外イベントで
ハラ出して踊るダンサーさんに乾杯☆です。


DSC00699.jpg
DSC00694.jpgDSC00701.jpg

写真は、何度か共演したことのあるSangoさん
アコーディオンの生演奏にのって
気持ちよさそうに舞っていました。
一瞬だけ、春風が吹いたような気がしましたよ。


DSC00704.jpg
DSC00684.jpgDSC00712.jpg

寒さを紛らわすために、ヘナ描いてもらったり、
鶏飯(ぞうすい)食べたり、
オニオン・グラタンスープ食べたり。
すでに本来の目的(ベリー観戦)
見失われています(苦笑)。
残念ながら、あまりの寒さにヘナは
色がよく出ませんでした……
(体温や外気温が高いほうが色が濃くなりやすい)


DSC00689.jpg 照明スタッフさん、
 フィルターを変えるとき
 曲に合わせて、
 リズムをとっているのですが
 踊っているみたいで
 かわいかったです(笑)。



「このあいだ、都立大のイベントで
 ラジャスタン舞踊を踊っていた人ですよね」

と、声をかけてくれた人がいました。

えええ〜! うれしい〜!
「寒い」「死ぬ」とか思いながらも
出かけてきた甲斐がありました(喜)。

でも、正体が見破られてしまったのだから
コスプレ(変装?)としては
まだまだですね>「みどりとなおみ」(笑)。
posted by sanjo at 00:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

ご縁とご利益のライブ

DSC00731.jpg

久々にボサツノバさんのライブ!

ボサノバを歌うお坊さん(本職・現役)です。

初めて彼の演奏を聴いたとき
涙が出るほど笑って、
世の中にはこんなすごい才能があるんだ、
と感動したものです。

「フュージョン」とはこういうことだ、と思います。
お坊さんとボサノバ、
あの歌とこの曲の融合……
オリジナルの持ち味を生かし(?)つつも
ちゃんと新しい世界ができあがっています。
ぜひ、実際に聴いてみてほしいけど
今、ボサツノバさんは北海道のお寺でお勤め中。


DSC00728.jpg 急遽決まった
 里帰りライブの会場は、
 藤が丘の沖縄料理店
 「青いパパイヤ」
 以前、ボサツノバさんと
 共演したイベント
でも
 お世話になったお店なのですが……

なんと、仕事関係の知人の、奥さんのお店です(笑)。
そして、その奥さんは、
エスニック芸人仲間・ひまぱ〜んさんのお友達。
世の中は狭いです。

ボサツノバさんの絶妙な音楽センスと
微妙な(笑)トークは相変わらず。

DSC00732.jpg おいしい沖縄料理と
 オリオンビールも
 満喫しました。
 写真は
 「ふーちゃんぷるー」。
 ウマイ☆

そして、ライブ終了後、事件(?)は起こりました。

ひまぱ〜んさん、erileenと一緒にお店を出て
最寄り駅の藤が丘に向かったのですが……
「人身事故で運転見合わせ中」!!!

え〜! どうする???

3人で対策を考えていたところに
路線図を持った男性に話しかけられ、
「あざみ野駅までタクシーで行けば
 そこから電車で渋谷まで出られる」
と、アドバイスを受け、タクシー乗り場へ。

「今の人は誰?」と思いつつ
タクシー待ちの列の最後尾についたところ
ちょうど通りかかったタクシーの運転手さんに
「乗って」と言われて乗車。

「私たち、いちばん後ろだったのにいいんですか?」
と、その運転手さんに聞いたら、
自分の担当区域外なので、
「なわばり荒らし」になるから
駅前のタクシー乗り場には入れないのだとか。
流しているときに拾われるのはいいそうで、
タクシー乗り場の最後尾=限りなく道路に近いところ
にいた私たちは、運よく、待たずに
タクシーに乗れたのでした。


運転見合わせの時間帯にぶつかってしまったのは
アンラッキーでしたが
帰り方を教えてくれた謎の男性
(東急電鉄の社員さんだったらしい。応援要員?)
担当区域外を走っていたタクシー運転手さんのおかげで
あの場に居合わせた誰よりも
ラッキーに、効率よく、帰宅できたと思います。

ボサツノバさんのご利益か。

とかって大事だな、と
あらためて思った夜でした。

さて。
次にボサツノバさんの演奏を聴けるのはいつ???
北海道に行くか〜(ついでに寺で踊るか・笑)。
posted by sanjo at 15:09| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

魅惑のオイル・プーリング

DSC00672.jpg

Oil Pulling(オイル・プーリング)……
ゴマ油を使った口内洗浄(うがい)だそうです。
アーユルヴェーダの一種?でしょうか???


方法はカンタン
1 空腹時、スプーン1杯(10ml)のゴマ油を口に含み
  15〜20分(!)ほど口内をすすいでから吐き出す
2 温かい塩水で口の中をゆすぐ

口内の衛生を保ち、口臭を防ぐ効果があり
歯や歯茎の健康にいいのだとか。

しかも続けることで
歯痛、頭痛、肩こり、腰痛などなど、
各種の痛みの緩和も期待できるらしい……???


口にゴマ油を含んだまま15〜20分というのが
ややツラそうですが、
「ゴマ油で口を洗うと腰痛がよくなる(かも)」
なんていう、うさんくささ、
個人的にはすごく興味深いです(笑)。

ゴマ油は自然食品なので、
妊婦さんや子どもでも安心して使えるし、
手に入りやすく安価なのも魅力。


DSC00635.jpg 仕事で出かけた
 食品・飲料のバイヤー向けイベント
 FOODEX(国際食品・飲料展)で
 インドの出展者さんからもらった
 オイル・プーリング用
 ゴマ油のサンプルは
 1回分(10ml)ずつの
 小分けパックになっていました。

DSC00674.jpg

ラジャスタン民俗舞踊風ダンス・ユニット
「みどりとなおみ」物販コーナー
取り扱い商品の候補に挙げておきます(笑)。
※踊りを披露する傍ら、怪しげな
「みどりとなおみ」セレクトグッズの
 物販で小銭を稼ぐのも
「みどりとなおみ」の活動内容のひとつです。
posted by sanjo at 15:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。