2010年02月25日

The way to your heart is really through your stomach

「ハートをつかむには胃袋から」
みたいな意味のだそうです。

DSC00474.jpg

仕事でシンガポール政府観光局主催の
「シンガポール料理教室」に参加したときに
シンガポールの魅力を語るプレゼンテーションで
この諺を聞いて、ものすごく納得(笑)。

実際、シンガポールは何でもおいしくて
日頃から、
「おいしいものを食べさせてくれる人=いい人」
な私としては、がっちりハートを
つかまれてしまいました(笑)。


「シンガポール料理教室」では
シンガポール名物チキンライスの作り方を
教えてもらって、ソース作りを実習
上の写真ができあがり。

DSC00193.jpg ハッキリ言って、
 私がシンガポールで
 食べたもの(←)より
 高級そう
 仕上がりです(笑)。

あ〜でも、またあの現地の食堂の
雑然とした雰囲気の中で食べたいな〜


シンガポール政府観光局発行の
「公式ガイドブック」(80ページほどの小冊子)を
もらったのですが、先日の旅行で使った
『○球の歩き方』や、J○Bのガイドブックより
私の欲しい情報が載っている感じ。
まだまだ行きたいところがたくさんありました。

やっぱり行かなくちゃ!
posted by sanjo at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

ラジャスタン民俗舞踊風ダンス

DSC00498.jpg

ラジャスタン民俗舞踊風ダンスユニット
ンドで道芸人を指す(略称IDMK)」
またの名を「みどりとなおみ」
MIFA国際交流フェスティバルの出演を無事終えましたぴかぴか(新しい)


ご来場くださったみなさま、
どうもありがとうございましたぴかぴか(新しい)
天気はよかったけど、寒いし、
駅から微妙に遠いし、午前中だし、
それでも足を運んでもらえて
本当にうれしいし、感謝です。

反省点は多々あるのですが、
夢は海外進出なので(笑)、
踊りも、踊りの間に挟む(笑)も、
どんどん精度を上げていく予定。
なので、ぜひまた見に来てください。


IB1.jpg
photo by Babar-san

写真だと、逆光でなかなか神秘的な感じですが
実際はもっとうさんくさいです(笑)。

でも、上の写真の「まくり」
いかにも「大道芸」ぽくて
私たちのコンセプトにピッタリ!でした。
このイベントで踊れて本当にヨカッタです。

MIFAのスタッフのみなさん、
いろいろお世話になりました。
来年もぜひぜひ出演させてくださ〜い。
ヨロシクですぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 23:58| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | みどりとなおみ (IDMK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

Dhoby Ghaut

DSC00062.jpg

Dhoby(ドービー)=洗濯カーストの人
Ghaut(ガート)=場所


つまり「洗濯場」のことで、
写真はムンバイのMahalaxmi駅近くにある
Dhoby Ghaut。

ムンバイの新聞社で働く、カメラマンの友人
おススメ観光(?)スポットだったので
色とりどりの洗濯物が、風にたなびく
さわやかな風景……を想像していたのですが、
目の前に広がるのは労働、生活、そして混沌。


DSC00066.jpgDSC00067.jpg
DSC00064.jpgDSC00073.jpg

洗濯物は叩き洗い(写真左上)、
水が灰色っぽいのが気になります(写真右上)が
脱水は機械化されているもよう(写真左下)。
一応、色柄ものと白ものは分けられているようで
安心しました・笑(写真右下)。


シンガポールのMRT(地下鉄)に
「Dhoby Ghaut」という駅があったので、
本当にDhoby Ghautなのかな〜?と
気になっていたのですが、今回は立ち寄れず。

仕事で知り合った
シンガポール政府観光局の方に聞いたところ
本当に「Dhoby Ghaut」だったのは
ずっと前(100年くらい?)で、
今は地名だけ残っているそう。

でも、インド的な何かがありそうなので
次回のシンガポールでは、
「Dhoby Ghaut」駅で降りてみようと思っていますぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 03:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

TIGER BALM soft

今回のシンガポール旅行長年の誤解?が解けました。

DSC00402.jpg

私、ずっと「タイガーバーム」
「切り傷、すり傷」の薬で、
「オロナインH軟膏」と同じようなもの、
だと思っていたんです(汗)。


タイガーバームの効能は
頭痛、鼻づまりの緩和、虫さされ、かゆみ、
筋肉痛、ねんざなど。

一方、オロナインは
にきび、吹出物、はたけ、軽いやけど、ひび、
しもやけ、あかぎれ、傷など。

……両方違いますね……。


パッケージのかわいさにひかれて買った
「タイガーバーム・ソフト」
(3.85シンガポール・ドル/約270円)は
フツ−の「タイガーバーム」より
軟膏がやわらかくて、のびがいい感じ。
寝違えた首と肩に塗ったら
けっこう効きました(笑)。

今までお土産でもらっても
最後まで使い切ることはなかったのですが、
「筋肉痛」や「ねんざ」は私の持病
これからはヘビロテ間違いなしです。

「タイガーバーム・ソフト」
日本未発売みたいなので、使い切るころには、
またシンガポールに仕入れに行かなくちゃ……



DSC00225.jpg シンガポールの
 ショッピングセンターで
 見かけた防虫剤のポスター。
 「タイガーバーム」の効能には
 「虫さされ(insect bite)」も
 あるのですが、
 こんなのに刺されても
 効くのでしょうか……
posted by sanjo at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

シンガポール合宿の成果

今週末は、ラジャスタン民俗舞踊風ダンスユニット
ンドで道芸人を指す(略称IDMK)」
またの名を「みどりとなおみ」のデビュー2戦目です。

mifa.jpg

シンガポールでの強化合宿の成果(?)を
出すときがやってきました(笑)。

11月21日(日)11:45から
大ホール・ロビー突き当たりの
「ミニイベントコーナー」
ラジャスタン民俗舞踊ダンスと
ボリウッドダンスを踊ります。

飲食ブースのすぐ近くなので
11時過ぎくらいに来て、まず食べ物を確保して(笑)
飲みながら、食べながら、
楽しく観戦してもらえればウレシイです。

もちろん入場は無料
いろんな国の音楽やダンス、 特産品の物販、
民族衣装ファッションショーなどもあります。

ぜひぜひお誘い合わせのうえ、ご来場ください。
屋内のイベントなので、寒くないですよ(笑)。
詳しくはコチラ
パーシモンホールへのアクセスはコチラ



DSC00217.jpg 昨年11月に相模大野でデビューした
 「みどりとなおみ」
 in クラーク・キー
 (シンガポールの繁華街)。
 なぜ「みどりとなおみ」なのか?
 シンガポールで何を強化したのか?
 とにかく今後の動きに注目!(笑)
posted by sanjo at 01:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | みどりとなおみ (IDMK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

そして、チャンギ国際空港

シンガポール、最後のごはん
空港で食べたチキンライス
5.50シンガポールドル(約380円)。

DSC00298.jpg

シンガポールのチャンギ国際空港
世界の空港・満足度ランキングでも
常に上位に登場する
設備・サービスともに充実した空港。
シンガポールの見どころのひとつ
と言えると思います。

そんな楽しいチャンギ空港で
短かったシンガポール・ライフ納め。

DSC00317.jpg

空港内のドラッグストアで
シンガポール名物「タイガバーム」
プラスター(湿布)を12セットまとめ買い。
腰痛用の大判タイプ1セットと、
子ども用のタイガーバーム「ソフト」
(刺激が少ないらしい)も、ついでにお買い上げ。

店員さんが
「タイガーバームより効くし、香りがよくて枚数も多い」
と、勧めてくれた、他メーカーの湿布も買ってみる。

最後の最後に、やっとまとまった買い物をした気分。
それでも約3800円(笑)。しかも湿布ばっか。


DSC00300.jpg 出発直前、
 搭乗ゲートのロビーで
 記念撮影。
 本当に名残惜しい……


たった2日と6時間(54時間)の滞在でしたが
よく食べ、よく歩き、
すごくリフレッシュしました。
やや汗ばむ程度の気候(26〜30℃くらい)は
代謝もよくなる感じで、本当に快適。
……つか、寒さはカラダに悪い、と実感しました(笑)。

そんなワケで、
ラジャスタン民俗舞踊風ダンスユニット
「インドで大道芸人を目指す会(略称IDMK)」
またの名を「みどりとなおみ」の本拠地
シンガポールに決定ぴかぴか(新しい)

今後も定期的に訪問(強化合宿)して
さらにユニットの結束を深め、
(?)に磨きをかけたいと思います(笑)。



DSC00189.jpg

チャンギ国際空港の入国カウンター
外国人向けの列を示す電光表示には
日本語もあったのですが……惜しい!(笑)。
posted by sanjo at 01:25| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

デフレの国から来た女

DSC00282.jpg

シンガポールで買いたかったものは

1>インド服(できればサリー)
2>インド系小物(バッグ、アクセサリーなど)
3>インド映画のDVD
4>インド系の日用品、化粧品(石けんなど)
5>インド系の食品(お茶、お菓子など)
6>タイガーバーム・プラスター(湿布)
などなど。


物価は日本の1/3〜1/2くらい。
初日からずっと買い物する気マンマンで、
むしろ買い物し過ぎないよう、
両替も控えめにしていたくらいなのに、
最終日まで、ほとんど何も買っていない
……というか、買えなくて

デフレの日本で長く暮らし過ぎたせいか
「安いから」といって、そう簡単には
財布を開けなくなってしまったみたいなのです。

しかも、いざ買うとなっても
同じような商品の中で
いちばん安いものを選んでしまうし。

ああ、恐るべしデフレ
デフレの国から来た女たちは
お金の使い方が思い出せなくなっていました(苦笑)。


ま〜、それでも欲しかったもの1〜6は
とりあえずgetしたんですけどね。

DSC00308.jpgDSC00321.jpg
DSC00315.jpgDSC00311.jpg

でも、やっぱり、もっと買えばよかった。
とくにインド系の日用品&化粧品
1個約35円の石けん、約190円のヘアオイル、
約270円の下地クリーム……
使ってみると、どれもけっこういいんです(笑)。

お店の人が勧めてくれた、高いほうのヤツ
(と言っても500円とか1000円くらい)も
買っておけばよかった……
帰国してからは、同じ値段じゃ手に入らないし、
そもそもインド系のコスメなんて売ってないし。

次回の教訓です。
posted by sanjo at 02:38| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

Bollywood Silver

ステキなコーディネート(笑)の
インド服を手に入れたあとも、
引き続きリトル・インディアでお買い物。
もちろん、買い物にはエネルギーが必要。
ランチはミールス(南インドの定食)。

DSC00281.jpg

手前は私が食べたチキン・ミールス
確か7シンガポール・ドル(SG$/約500円)。
奥はrealharpさんが食べたベジ・ミールス
6SG$(約420円)。
ボリュームたっぷり。おいしかった☆


そして、夕方。歩き疲れて、
Khulfi Bar(クルフィー・バー)」という
インド風アイスクリーム屋兼雑貨屋で休憩。

その名も「Bollywood Silver」という
パフェ(?)を食べました。

DSC00293.jpg

どのへんがボリウッドなのか、よくわからないけど
食用銀箔がトッピングされています。
「銀幕のスター」ってこと?
(インドでも「銀幕」って言うの???)

それに、お値段もシンガポールにしては高い。
日本円で考えても高い。17.40SG$(約1200円)
……トップ・スターってこと???

ま〜、バングラ・クイーンとしては
「Bollywood」とあれば、
チャレンジしないわけにはいかないでしょう(苦笑)。

でも、味はよかったですよ。
アイスクリームっていうより、
もっとシャリシャリした食感で、甘さも上品。

そして、お店の雰囲気もステキ。

DSC00297.jpg
DSC00295.jpgDSC00294.jpg

店内の衣類や雑貨は、クルフィー(アイスクリーム)に
比べるとリーズナブルな価格設定。しかもセール中。
きっと本業はこっちなんだろうな……


DSC00292.jpg お店の人の感じも居心地もよく、
 くつろげました。
 せっかくの旅行なんだから
 ちょっとくらいセレブ気分
 味わっとかないと。
 ……って、たかだか1200円で
 大げさですね(笑)
posted by sanjo at 23:22| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

Matching Tops

シンガポール最終日だというのに、
たいして買い物をしていない私たち。
今日こそは! とまたもやリトル・インディアへ。

DSC00278.jpg

たまたま立ち寄ったショッピングセンターの中の
インド系ブティックが、なかなか品揃えもよく、
物色&試着を繰り返すこと1時間半くらい(笑)。

ド派手なプリントの
パティアラ(ダボッとしたパンツ)が気に入ったので
「どんな服を合わせたらいい?」
店員さんに相談したところ、
選んでくれたコーディネートがコレ(↓)。

DSC00276.jpg

青系の花柄がパティアラ(パンツ)で
赤系にゴールドの柄、スパンコール付きが
店員さんイチオシの「Matching Tops」


いや〜、正直ビックリしました(笑)。

「ボトムスが派手だから、上はシンプルに」とか
「柄ものには無地を合わせる」とか
日本人的には考えがちだけど、
シンガポール的、リトル・インディア的には
「下が派手なら、上も負けないものを」という発想?

「人生は攻めだ」と言われた気がしました(笑)。


でも、恐る恐る試着してみたら、案外イイ感じ(笑)。
お店にいた、ほかのお客さんも褒めてくれたし。

そんなワケで、この組み合わせでお買い上げ。
もちろん日本でも着るつもり。
「人生は攻め」ですよ(笑)。
posted by sanjo at 02:52| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

カヤ・トーストで朝食を

ついにシンガポール最終日の朝です。
前日あんなに食べたのに、
朝起きると、ちゃんとお腹が空いている。
健康ってスバラシイ……つか、
どうなってんだ、私たちのハラ。

でも、コレは食べとくべきでしょう。
シンガポール名物「カヤ・トースト」

DSC00269.jpg

ココナツミルクと卵(!)と砂糖を煮詰めて作る
「カヤジャム」を塗ったトーストが「カヤ・トースト」。

自家製カヤジャムの有名店「KILLINEY KOPITIAM」
出かけてみたのですが、
朝っぱらから地元の人や観光客で大混雑。

DSC00273.jpg
DSC00270.jpgDSC00271.jpg

ほかの人が食べているのがおいしそうに見えて
「ラクサ」(ココナツミルク風味スープの麺)も
一緒にオーダーしてみました。

やさしい甘さのカヤジャム、
パサパサ(笑)のトーストによく合います。
「もう少し食べたい」と
フレンチトースト・バージョンも追加。

ホント、どうなってんだ、私たちのハラ(苦笑)。


DSC00272.jpg 同行のrealharpさんは
 お土産用のカヤジャムも
 買っていました。
 無添加の自家製なので
 あんまり日持ちしないそう。

バッチリ、エネルギー補給したところで
またまたリトル.インディアへ。
目的はもちろん「買い物」です。
posted by sanjo at 19:02| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。