2009年09月27日

働く!ナマステインディア

DSC00223.jpg

年に1度のお楽しみ、ナマステ・インディア
師匠がいたころは出演者として、
ここ数年はお客さんとして満喫していましたが
いよいよ今年は出店者です。

……って、単に日雇いのバイトなのですが(笑)
昨日は午後から「六甲サリーズ」さんのお手伝いを
させていただきました。


パンジャビの形とか
インドアクセサリーの使い方とか
サリーの着付けとか
お客さんに説明したりしながら、
アッという間に夕方。

「ブログを見て来ました」
と言ってくれた方もいて、ウレシイ限りぴかぴか(新しい)

思っていたより忙しかったし楽しかったし疲れなかったし。
いい経験をさせていただきました。
ボビさん&一緒にバイトにはいったみなさん
お世話になりました&ありがとうございましたぴかぴか(新しい)



NB20.jpgで、今日はフツーにお客さんとして
会場をウロウロする予定ですが
15:30くらいから2〜3時間、
「ナマステボリウッド」さんの
お手伝いをすることになりました。

確実に私に会いたい、という奇特な方(笑)
ぜひお立ち寄りください。

つか、例年「会場で会いましょう」と言いつつ
あまりの人ごみで会えないことが多いのですが
(ケータイの音も聞こえにくいし)
バイトをすることで、
今年はたくさんの知り合いと確実に会えました。
「定点」にいる、ってイイコトですね(笑)
来てくれたみなさんにも感謝、感謝ですぴかぴか(新しい)


写真は横浜インド映画ロケで知り合った
フラメンコ・ダンサー星みゆきさんのステージ。
インド風フラメンコ? 華麗でしたぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 08:55| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

再会のインド

DSC00122.jpg


またまたインドに行ってきました。
シルバーウイーク前の1週間、
デリーとムンバイに3日間ずつ。

今回の旅のテーマは「再会」ぴかぴか(新しい)

デリーを案内してくれたのは
昨年11月に参加した「インドセンター経済フォーラム」に
来日していたAさん
今年8月、日本財団主催のインド経済に関するセミナーに
来日していたKさん
そしてGWの旅行でお世話になった
現地ガイドのパリジャットさん

ムンバイでは
5月末のインド料理関連イベントでお会いした
シャンタヌーさんAさんとの再会を果たしました。


パリジャットさんとはツアーで5日間行動を供にしましたが
ほかの方々は、セミナーと懇親会とで
ほんの2〜3時間、ちょこっと会話しただけなのに

「インドに行ったら案内してね」
「もちろん」


なんてありがちな、社交辞令?を
本当に実行してくれたワケです。
インド人、案外律儀ですね(失礼・笑)。
本当にありがたいですぴかぴか(新しい)


この旅行中に、私も何回か

「日本に行ったら案内してね」
「もちろん!」


な〜んて会話をしましたが、実行できるかどうか……
いや、実行しなければ


今回も濃い旅でした。
追々報告していきますのでお楽しみに!



DSC09752.jpg 旅の初めにも
 いきなり奇遇?で
 ラッキーな再会が
 ありました!

旅立つ3日ほど前、初めて訪れたカレー屋のオーナーさん
偶然同じ飛行機に乗っていて、
ホテルの出迎えを予約していなかった私を
ホテルまで送ってくれました。
1度行っただけの客を覚えているなんてさすがですねぴかぴか(新しい)
お礼がてら、またお店に行かなくちゃ。



上の写真は今回の旅行で買ったサリー
撮影はムンバイでの案内人、シャンタヌーさん。
シャンタヌーさんはプロ・カメラマンなのです。
う〜ん、さすが! 
実物より3割増(もっとか?)の仕上がりに、
大満足のワタシです(笑)ぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 23:22| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

パキスタンごはん

イベントで仲良くなったパキスタン人のMさん
ホームパーティに招いてくれましたぴかぴか(新しい)

DSC09620.jpg

「パキスタンが好きな友達を1人誘ってね」
と言われたので、GWの旅行でお世話になった
旅行代理店のNさんに声をかけ、はりきって出陣。

Nさんはウルドゥー語(パキスタンの公用語)が
堪能なので百人力です(笑)。


パキスタンはイスラム教徒の多い国。
今はラマダン(断食月)なので
日の出から日没までの断食が終わったあとの
食事会(イフタール)なのかな〜
と思ったのですが
Mさん一家はクリスチャンなのでした。

DSC09614.jpgDSC09615.jpg
DSC09617.jpgDSC09616.jpg

とはいえ、テーブルの上に並ぶ料理は
イフタールに負けないごちそう揃いぴかぴか(新しい)

ビリヤニ(炊き込みごはん)に
ライタ(ヨーグルトのサラダ)、
カバブ(スパイス味のひき肉を成形して焼いたもの)、
チキンカレーなど、パキスタンっぽいラインナップだけど
辛過ぎず、こってり過ぎず
レストランで食べるよりやさしい味わい

やっぱ家庭の味っていいですね〜ぴかぴか(新しい)
お腹の中からほのぼのと、温かい気分になりました。


DSC09619.jpg 〆のパキスタン風デザート
 食べやすい甘さで超ウマ!
 
 持ち帰り用の容器を
 持って行けばよかったと
 激しく後悔しました(笑)


日本でパキスタンの家庭料理が味わえるなんて大感激!
Mさん&Mさんの奥さん、ごちそうさまでしたぴかぴか(新しい)


って、本当は日本人の私が彼らを
おもてなしするべきなんでしょうけどね〜(汗)。
posted by sanjo at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。