2008年08月23日

香港台風

200808230031000.jpg

キャセイ・パシフィック航空で
香港経由インド行き、あと30分ほどで
師匠と再会……のはずでした。

が、乗り継ぎの香港に台風接近中のため
搭乗予定の便が欠航に!

明朝(もう今日だ)11時のANA便で
シンガポール経由の振り替えチケットを
キャセイが手配してくれましたが
一旦帰宅して、出直すのも悲しいので
成田で前泊しています。

天災だから交通費も宿泊費も
免責(自腹)なんですよ。

インドの旅、波乱の幕開けですが
これも旅の思い出(笑)。

無料の貸し自転車で、
ホテル周辺を散策?したり
無料サービスのカレー食べたり
ビジネスセンターでブログの更新したり
成田のホテル・ライフ満喫していますぴかぴか(新しい)


明日こそ、インドだ。
posted by sanjo at 01:06| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

インドで充電

昨日は誕生日だったのでした。
いくつになったかは聞かないでね(笑)。


遅めの夏休みで、今日からインドに行ってきますぴかぴか(新しい)

高尾山イベントからカタックの発表会
ワタシ的・踊りの夏シーズンが終わったので
ここらで充電、秋シーズンに備えます。


2週間くらい前、ビザの申請に行きました。

DSC05254.jpg

昨年の11月から、インド大使館ではなく
茗荷谷にあるインド・ビザ・アプリケーション・センター
受け付けているそうです。
民営化なのか???


DSC05253.jpg 昨年申請したときは
 午前中だけだった
 受付時間も
 午後まで拡大され、
 混雑はかなり
 緩和されていました。


夕方、受け付けてもらったのと同じ窓口で
ビザを受け取るのですが
受付時間内にたくさん処理した職員さんの窓口は
列も長くなっていて、処理能力のバラつきを見ました(笑)。


DSC05255.jpg そしてお隣は
 カレー屋さんでした。
 今年の桜バザー
 1軒だけ出店していた
 お店です。

「なんでここのお店なんだろ?」と
思っていたのですが、
ビザ・センターの隣のお店だったのね。
つか、中は繋がっている感じでした。
癒着???



そんなワケで17時のキャセイ・パシフィック便で出発です。
そろそろ家を出なくちゃ。

師匠にも会ってきま〜す。
posted by sanjo at 11:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

サリーでNach Baliye♪

土曜日のアジアン・フェスタ@六本木ヒルズでは
「Five Star Musical Group」のステージの合間に
CNCさんのステージも観戦しました。

DSC_7349.jpg
photo by H.Ito

ラストナンバーは乱入必須
「Nach Baliye(ナチバリエ)」。
サリー姿で大暴れ(笑)の私です。


CNCさんのメイン出し物は
インド人子どもたちのダンス。

DSC05352.jpg

ステージ前ではとももん先生が
見本?を踊りながら、立ち位置や段取りを指示。
それをチラ見しながら踊る子どもたち。
「ちゃんと振り付け覚えて来いよ〜」
とも思いつつ、かわいいから、ま、いいか(笑)。


DSC05355.jpg

でも、大人のダンスは古典舞踊もポップスも
ちゃんとしていましたよ(当たり前か)。


DSC05357.jpg プログラムには
 載っていなかったけど
 南インド古典音楽
 演奏もありました。


それにしてもCNCさんは大所帯ですね。
出し物にもいろいろなバリエーションがあって
うらやましい限りです。

DSC05361.jpg

これでも全体人数の1/3くらいじゃないかな。
いつもいろいろ紛れ込ませてもらって
ありがとうございます(笑)ぴかぴか(新しい)


DSCF9159.jpg 乱入後は、エスニック芸人仲間の
 ひまぱ〜んさんと記念撮影。
 雨上がりの毛利庭園をバックに
 意味不明の決めポーズ。
 営業用に使えるかしら(笑)。

 撮影は伊藤さんです。

posted by sanjo at 19:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドーリーを追いかけて<日曜日>

日曜日、パキスタンからやって来た
「Five Star Musical Group」
六本木ヒルズでのステージは雨でした。

DSC05396.jpg

私のデジカメのレンズに雨がかかって
期せずしてこんな写真が撮れました。
なんだかドラマチックぴかぴか(新しい)


DSC05389.jpg 悪天候なんて
 ものともしない熱演
 引き込まれ、
 ラストナンバーでは
 案の定(笑)ステージ前で
 踊っちゃいました。



バウル(インド・ベンガル地方の吟遊詩人)の歌声は
雨に似合うような気がします。

DSC05393.jpg

照明は「オレンジ」「緑」「白」の
インド国旗カラーなんですよ。
意外に細かい演出(?)に感心。



DSC05400.jpg 終演後の記念撮影。
 雨避けにストールを
 かぶっていたら
 「パキスタンの女性みたい」
 と、ほめられ(?)ました。



そして、またもや打ち上げに同行。

DSC05405.jpg

「日本食が食べたい」とのことで居酒屋へ。
途中からバウル・チームも合流して
食べて飲んで歌って、にぎやかな宴になりましたぴかぴか(新しい)

DSC05404.jpgDSC05406.jpg
DSC05410.jpg
 枝豆に焼き鳥、焼き魚、
 ちくわの磯辺揚げ、
 焼きソバ、おにぎりなど
 果敢に挑戦。

初挑戦なのに「お箸」が上手なのは
スティック扱いに慣れているからだそうです。
さすがドール(樽状の両面太鼓)奏者!

ちなみに、左上の写真がサギール・アフマドさん、
右上はサフィール・シャハザードさん
左下がムハンマド・アスガルさん。

サフィールさんはサギールさんの息子さんで
なんと19歳! なるほど近くで見ると
お肌のハリ・ツヤが違います(笑)。


DSC05415.jpg 彼らの泊まるホテルで
 小1時間ほど2次会をして
 3日間に渡る「追っかけ」
 終了です。


来日中に1ステージだけ観るつもりだったのが
M先生のお誘いのおかげで、
彼らの温かい人柄に触れ、
宴会では至近距離で生歌を聴き、
結局、3日間で4ステージ観戦、
濃くて貴重な時間を過ごしましたぴかぴか(新しい)

言葉はわからなくても
彼らの歌や演奏はすごく心に響いて
なんだかとても通じ合えた気分。

彼らの演奏を聴きに、
いつかパキスタンに行かなくちゃね。
七夕の願い事が叶う日は近そうです。


ぴかぴか(新しい) オマケ ぴかぴか(新しい)
私は彼らの装飾品にも興味津々。

DSC05401.jpgDSC05403.jpg

貫禄のあるカラダに大ぶりの石が似合います。
演奏に負けない迫力。

爪先のとがった靴は「コッサー」といって
左右の区別はないそう
サフィールさんのを借りて履いてみましたが……

DSC05413.jpg

笑っちゃうほど大きい!
posted by sanjo at 02:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

ドーリーを追いかけて<土曜日>

DSC05370.jpg

パキスタンからやってきた
「Five Star Musical Group」
8/15(金)〜17(日)の3日間、
六本木ヒルズのアジアン・フェスタに出演です。


土曜日、彼らのパフォーマンスは14時と18時
14時ピッタリくらいに六本木ヒルズに到着すると
ステージに向かう通路で彼らに遭遇しました。

DSC05335.jpg

エスニック芸人仲間のひまぱ〜んさんにも遭遇、
彼らの演奏と一緒に、パレードのごとく練り歩きます。

DSC05337.jpg 道中でもドール
 (樽型の両面太鼓)を
 振り回し、見物人を圧倒。
 屋外だと回転も
 大きいような???


ステージはインド・ベンガル地方の
バウル(吟遊詩人)との共演でした。

DSC05339.jpg

バウルのショッタノンド・ダスさんと
奥さんのホリ・ダシさん(日本人)。
パッチワークの衣装が目を引きます。

DSC05341.jpg 楽器も不思議。
 見た目、打楽器なのに
 実は弦楽器で
 その乾いた音に
 ベンガル語の歌が乗って
 なんだか切ない感じ。

「ああ、夏も終わりね〜」的な気分になったところで
景気のいいリズムとともに再びドーリーが登場し、
なんと、バウルとの即興セッションが始まりました。

DSC05346.jpg

ん〜、スゴイ。
インドとパキスタンの民族芸能が日本でコラボ
即興とは思えない、息の合い方は
「もとは1つの国」だったから?
それとも「音楽は世界の言葉」だから?


あまりに貴重なコラボに感激して
14時の回だけ観る予定でしたが
結局18時の回も観てしまいました。

DSC05369.jpg
DSC05366.jpgDSC05371.jpg

夕方の回は照明がキレイで、また違ったムード。
ドールの模様も鮮やかに見えるし
回転もなんだか華やかな感じですよね。
ホント、いいものを観ましたぴかぴか(新しい)



DSC05350.jpg
DSC05348.jpg 
 14時の部が終わったあと
 ショッタノンド・ダスさんと
 記念撮影。
 グングル(足につける鈴)に
 触らせてもらいました。

ダンス用とはちょっと違った作りでしたが、
楽士にとって、楽器は神聖で大切なもの
触らせてもらえて、パワーももらったような気がしました。
ダンスへのご利益があるといいな(笑)ぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 01:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

ドーリーを追いかけて<金曜日>

DSC05324.jpg

樽状の大型両面太鼓がドール
ドールを演奏する楽団がドーリー

パキスタンの3人組ドーリー
「Five Star Musical Group」が来日し
この週末、都内各所でLIVEをするというので
期せずして(笑)「追っかけ」活動をしていました。


金曜日のLIVEは和光大学の別館?「ぱいでいあ」ホール。
新宿から小田急線の急行&各停で
30分くらいの鶴川駅にある、
会議室みたいなスペース(失礼!)で
パキスタン人パフォーマーの演奏が聴けるとは!
そして、その演奏で踊れるとは!ぴかぴか(新しい)

私も貴重な経験だったけど
東京郊外(神奈川県ですね)の
大学の研究会で演奏するなんて
彼らにとっても珍しい経験なんじゃなかろうか(笑)。


DSC05305.jpg

チャルメラみたいな笛?(シャヘーナイ)や
ゴミを焼くときのトングみたいな楽器(チムター)、
ドールの刻む景気のいい音に気分が高揚し、
高らかなボーカルの迫力に圧倒ぴかぴか(新しい)


DSC05318.jpg 「おひねり」
 舞っていました。
 主催のM先生
 すかさず回収して
 パフォーマーに
 渡します(笑)。


クライマックスはガタイのいいパフォーマーが
重さ15kgもあるらしいドールと一緒に大回転!

DSC05321.jpg

いや〜、興奮のひとときでした。
その場にいた人の半分くらいは
彼らの音や歌に煽られて踊ったのでは???
生演奏って、やっぱスゴイぴかぴか(新しい)



終会後、彼らを囲んでの食事会にも
図々しく(汗)参加しちゃいました。

DSC05331.jpgDSC05332.jpg

食べながらも歌い、場を盛り上げる気のいい彼ら。
私は英語もウルドゥー語もよくわからないけど
ただ同じ場所にいるというだけで
なんだか温かい気持ちになりましたぴかぴか(新しい)

そんなワケで、すっかりファンになった私、
初めから行くつもりだった土曜のステージはもちろん
予定していなかった日曜のステージにも
足を運ぶことになったのでした。
posted by sanjo at 00:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

職場でサリー

DSC05297.jpg

お盆でお休みの人が多いのをいいことに
サリーで出社してみました。

上司(休暇中)の机に腰掛けて記念撮影。

気分はインドの女性ITエリートです(笑)。


ところで、今日、8月15日
インドの独立記念日なんですよ。
日本は終戦記念日。
どちらも大きな節目ですね。
日本とインドの縁?を感じます。

ちなみに昨日、8月14日
パキスタンの独立記念日でした。
posted by sanjo at 12:45| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こだわりの青パンジャビ

カタック・ダンスの発表会「Amrut Manthan」
衣装のテーマは前半は「白」
後半は「カラフル」でした。

DSCF8483.jpg

私の着ていた「白」
先生が前回の渡印のとき
生徒に買ってきてくれたもの。

全身「白」だと思わず
「ヒット・エンド・ラ〜ン」と
鳥居みゆきのマネなどしたくなりますが(笑)
「全員白はキレイだった」
観に来てくれた友人には好評でした。


DSC_6447.jpg 後半はいパンジャビ。
 背中側は黒で、カラフルというより
 シックな感じ?……なんですが
 実はムービーダンスの初舞台
 着たパンジャビなんです。
 縁起かつぎ、というか
 初心に帰る意味でも
 これを着たかったんですよね。

単なる自己満足ですが(笑)。


そういえば2003年の初舞台から
伊藤さんにはずっと写真を撮ってもらっていますね。

DSCF8787.jpg

今までに撮ってもらった写真は数千枚……
ひょっとしたら1万枚近いかも。
プロでもないのに、そんなに記録が残っているなんて
すごく恵まれていますよね。

飽きずに撮ってもらえるよう
これからもがんばらなくちゃ(笑)。


ぴかぴか(新しい) オマケ ぴかぴか(新しい)

blue.jpg ムービーダンスの
 デビュー2戦目、
 2003年・築地本願寺の
 ナマステインディアです。
 ん〜、若いな>私(笑)。
posted by sanjo at 03:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

Amrut Manthanの写真

おなじみ伊藤さんが撮ってくださいました。

DSC_6312.jpg

インド・ムービーダンスでは
いつも「満面の笑み」で踊っているのですが
カタック(北インド宮廷舞踊)は
「微笑み」くらいがいいそうで
ちょっと気取った表情の私です。


会場の自由学園・明日館講堂
けっして広くはないんだけど
窓や柱や電球のデザインがレトロでステキ。

DSCF8531-3.jpg 私のつたない踊りも
 重要文化財ならではの
 神聖なムードのおかげで
 ずいぶんフォローされた
 気がします。


客席とも近すぎず遠すぎず、
友人がどこにいるか
踊りながらでも確認できる距離感(笑)。

DSCF8661.jpg 


ふだんのレッスンでは会うことのない
銀座クラス目白クラスのメンバーが集まって、
お互いに合わせながら踊るのも
楽しく、いい経験でしたぴかぴか(新しい)

DSCF8522.jpgDSCF8701.jpgDSCF8713.jpg


私の通う目白クラス(通称:チーム目白)
6月に教会で踊った「tarana」に再挑戦。

DSCF8746.jpg

実はこの曲は踊る度、少しずつ進化していて
今は先生のソロパートの部分も
いずれは生徒だけで踊れるように
レッスンを重ねているのです。

DSCF8753.jpg とはいえ、こんなジャンプが
 できるようになるのは
 かなり先のことだと
 思いますが……(汗)


とりあえず無事に終わってよかったです。
指導してくれた前田あつこ先生と
一緒に踊ったみんなに感謝ぴかぴか(新しい)

DSCF8782.jpg



終演後の懇親会では、来てくださったお客さんも
一緒に記念撮影をしました。

DSCF8799.jpg 次回はもっといい踊りを
 披露できるよう
 がんばりますので、
 また観にきてくださいねぴかぴか(新しい)


そして伊藤さん
ステキな写真をありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

パキスタン・フェア salaam bazaar

パキスタンのイベントってめずらしい!
上野公園で8/9&10に開催されていました。

私は9日(土)の午前中、
Amrut Manthanの前日リハ前に参戦。

DSC05265.jpg

パキスタン人の楽士さんたちの生演奏、
バックには上野公園の噴水と国立博物館、
なんだか外国みたいぴかぴか(新しい)


DSC05262.jpg パキスタン関係には
 意外に知り合いが多く
 挨拶や世間話をしていたら
 CNCさんのショーが始まって
 珍しく乱入せず(笑)、
 横目で観戦しました。


出店も少なくて、
午前中だからか人出も多くなく、
全体的にこじんまりしてるんだけど
その分、のどかで居心地のいいイベントでした。

DSC05272.jpgDSC05261.jpg
DSC05267.jpg


パキスタンのお兄さんたちに
タンドーリ・チキン、串ごと(!)
ごちそうになっちゃいました。

DSC05266.jpg

この写真の別バージョンが
全日本パキスタン協会のサイトに掲載されてます。
ウルドゥー語は読めないので
記事の内容はわからないのですが
「大食い日本人」とか書かれてたらヤだな(笑)。


日が暮れるまで、だらだらと
音楽を聴きながら、
たまに踊ったりもしながら、
気のいいパキスタンの人たちと
のんびりおしゃべりしてたかったけど
時間切れで退散。残念でした。

でも、パキスタン服やアクセサリーも買えて満足。
インドともバングラデシュともちょっと違っていて
見ていて楽しかったですぴかぴか(新しい)

パキスタン大使館のみなさん、
来年もこのイベント、ぜひぜひ開催してください。
よろしくですぴかぴか(新しい)


DSC05263.jpg 珍しい楽器「ラバーブ」
 この楽士さんたちは
 イスラマバードの
 高級ホテルで
 演奏しているんだそうです。
posted by sanjo at 03:29| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。