2008年06月30日

高田馬場deカレー屋めぐり

6月は毎週木曜日高田馬場に行く用事がありました。

新宿は通勤経路だし、
週に1度は目白に行くんですが
高田馬場ってなかなか行く機会なくて。

せっかくなので(?)用事が終わったあとは
高田馬場でカレー屋めぐりをすることにしましたぴかぴか(新しい)

DSC04471.JPG
DSC04472.JPG
 1週目は「マラバール」へ。
 オクラのカレー
 パラタ(生地が層になった
 薄焼きパン)を食べました。

電車の車両みたく細長い感じのお店なのですが、
けっこう混んでいました。
パラタはあまり注文する人がいないのか
出てくるのに時間がかかったけど
お店の人が何度も「もう少しお待ちください」と
言いにきて、かえって悪いような気がしました(苦笑)。

味はまあまあおいしかったですよ。
厨房の方はインド、フロアの方はネパール出身だそうです。


DSC04542.JPGDSC04544.JPG
DSC04545.JPG
 2週目は「ラージプート」
 店員さんはパキスタン人、
 店内もイスラムな感じの
 飾りつけでした。

アルゴビ(じゃがいもとカリフラワー)のカレーと
チャパティ(薄焼きパン)と
ハルワ(インドのスイーツ)を食べました。

ううう、うま〜い!
辛さは7段階から選べるので
ちょい辛めの「3」にしてみましたが
そんなに辛くなかったです(私には、ね)。
最高の「7」には「ムスリムホット」
ヤケに辛そうな名前がついていましたが……。

デザートのハルワも甘過ぎず、超ウマでした。
豆の粉を使っているそうで
なんだかきな粉の風味がして、懐かしい味わい。


DSC04710.JPG

3週目は「スワガット」
ここはランチには来たことがあるんだけど夜は初めて。
店員さんはインドの方だったと記憶してます。

ここでも「アルゴビ」「パラタ」をオーダー。
「あえて日本人向けにせず、本場の味を提供」
みたいなことが店内のポスターに書いてありましたが
やっぱり私には辛くなかったです。
味覚が麻痺してきてるんだろうか……(汗)。

「マラバール」もだけど
パン類のバリエーションが豊富なのはいいですね。
高田馬場カレーの特徴なのかな???
カレーにはナンだけじゃないぜ〜!!!


DSC04728.JPG そして高田馬場の最後の週は
 再び「ラージプート」へ。
 ほかにもカレー屋は
 あるのでしょうが
 ここの味をもう1度食べたくて。

もとはスナックだったのかな〜みたいな
やや入りにくい(笑)店構えも穴場な感じがしてGOOD。

オーナーさんおススメのマトンと野菜のカレー
(名前忘れた・汗)をいただきました。

DSC04729.JPG

マトンもやわらかく、
野菜の味がしみこんでじんわりウマイ。
辛さは「4」にしてみたけど、まだまだ平気。
「ムスリムホット」に挑戦する日も近い???

「ハルワ」もまた食べました。
温めて出してくれるところが、
家庭の味っぽくていい感じ。
基本の作り方はインド料理教室で習ったので
自分でもきな粉で作ってみようかなぴかぴか(新しい)


高田馬場カレー、まだまだ奥が深そうなんですが
残念ながら、しばらく高田馬場に立ち寄る予定が
ないんですよね〜。

「ラージプート」のハルワには禁断症状が出るかもですが。

ほかにもおススメのカレー屋がありましたら
ぜひぜひ情報をお寄せくださいねぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 02:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

キャンドルと舞

昨日(6/21)は夏至でした。

untitled.jpg

夏至の夜には、20時から22時の2時間
みんなでいっせいに電気を消して過ごす
「キャンドル・ナイト」なるイベントが
各地で開催されておりました。


で、先週のイベントの写真を
キャンドルつながり(笑)ということでご紹介。
撮影は美智さんです。

431846287_99.jpg

キャンドルを使って民族舞踊を踊りながら、
次のダンサーに炎をつなぎます。

主催のひまぱ〜んさんが
「トホホ」だった北京五輪の聖火リレーを見て
思いついた企画で、テーマは世界平和
……かどうかはわかりませんが(笑)、
とりあえず踊りは世界の言葉
キャンドルの灯りに想いをこめて
異なる文化をつないでいきましたぴかぴか(新しい)

431842544_52.jpg431845749_233.jpg
431846287_196.jpg431850336_10.jpg

私は「Devuda Devuda」という曲を踊りましたぴかぴか(新しい)

「Devuda(デヴダ)」南インドの言語・タミル語で
「神様」という意味で、ネパール語も神様は「デウタ」
……というのは知っていたのですが、
「Devuda(デヴダ)」をタイ語読みにすると
「天使(teap)」になり、
この単語はヨーロッパだと
「女神(Diva)」になるとのこと。

国によって、少しずつ姿を変えてはいるけれど
神様を表す言葉はほぼ同じ……と思うと
この曲に込められているものが
よりいっそうステキに思えてきて
これからも大切に踊りたいな〜ぴかぴか(新しい)って思いましたよ。

431852145_245.jpg

そんなワケで、目白の片隅で
世界平和を想う、異文化交流のイベント(?)
「エスニックフェスティバル」vol.1
無事終了です。次回は10月以降とか。
この素晴らしきエスニック・ダンサーズと
また競演できたらいいなぴかぴか(新しい)
それまで芸を磨いておきまする。


さて。
キャンドル・ナイトの話に戻りまして。

例年は夏至(と冬至)だけの「キャンドル・ナイト」ですが
今年は7/7まで呼びかけを続けるそうです。
そして最終日の七夕の日には、
「七夕ライトダウン」なる計画もあるそうですよ〜。
posted by sanjo at 00:30| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ベリーダンス観戦@ザクロ

DSC04562.jpg

話が前後しますが、13日の金曜日は
日暮里のイラン料理店ザクロ
ベリーダンスのショーを観ました。
(もう1週間も前の話ですね^^;)

踊り手は、先日参加した体験レッスン
インストラクター・カオルさん。

ベリーダンスってセクシー
お色気ムンムン(死語・笑)で
ちょいエロなダンス……というイメージを
持っている方も多いと思うのですが
意外に体力と筋力を使う踊りなのですよ。

DSC04560.jpg

こんなポーズ(↑)ができるのも鍛錬のタマモノ。

今回も、カオルさん登場の瞬間こそ、
ポロリもありそうな衣装に
ちょい興奮してしまいましたが(オッサンか>私)、
ショーが進むにつれて、
しなやかな筋肉の動きに目が釘付け。
同行のインドダンス仲間・あっこさん&メグちゃんと
「カッコイイ!」を連発ですぴかぴか(新しい)


DSC04550.jpgDSC04553.jpg
DSC04572.jpg
 お客さんと一緒に踊ったり
 コップを頭に載せてみたり
 いろいろな展開があって
 目が離せません。


絨毯敷きのお店のくつろいだ雰囲気に
カオルさんのサービス精神と
テンションが高いイラン人オーナーの強烈なキャラ
ショーが終わるころには、
お客さんの間にも一体感が(笑)。


DSC04575.jpg お客さんの
 「じゅんちゃん」が
 お誕生日だったので
 大きなケーキ登場。
 切り分けるのは
 お客さんの仕事です(笑)。


食べ放題のコース料理は死ぬほど出てくるし
満足度の高い夜でしたぴかぴか(新しい)
またカオルさんのレッスン、受けてみたくなりましたよ。


DSC04576.jpg ◆ザクロ
 ショーは毎晩(月〜土)開催。
 イラン、トルコ、ウズベキスタンの
 料理が「食べきれない」ほど
 楽しめるコースが、飲み放題付きで
 3000円と超破格値。
 連日満席のお店です。
 水タバコも楽しめます♪
posted by sanjo at 18:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

サリーが着たくなって

結局、土曜も日曜も
バングラデシュ・フェスティバル
行ってきました。

DSC04600.jpg


土曜日はネパール料理教室のあと
15時ちょい前に代々木公園に到着。
お目当ては、CNCさんのパフォーマンスです。

DSC04613.jpgDSC04615.jpg
DSC04623.jpgDSC04617.jpg

ロマーナ・ジュエリーさんのブース前でノン・ストップ3曲。
ノリがよくてユーモラスな振り付けの
ボリウッド・ナンバーは路上パフォーマンスにピッタリ!
例によって、ちょっと乱入もしちゃったし
楽しませていただきました♪

DSC04634.jpg

杉ちゃん&中級クラス有志のみなさん、
お疲れさまでした〜ぴかぴか(新しい)


初開催ということもあり
4月のボイシャキメラ(バングラデシュの正月祭)に
比べると人出が少ない気がしましたが
その分、食事や買い物はゆっくりできてヨカッタかも。

衣装にも使えそうなスカートや
小道具のキャンドルスタンドなど
掘り出し物もあり、予定外に散財しちゃいました(汗)。


DSC04601.jpgDSC04637.jpg
DSC04602.jpgDSC04636.jpg


ところで、バングラデシュ系のイベントでは
いつもマダムたちのステキなサリー姿に
見とれていたのですが、
今回はなんだか私も着てみたくなって
日曜日はサリーで出動してみました。

天気もよく、汗ばむくらいの陽気でしたが、
さすが暑い国の服、案外涼しくて快適なんですよね。


DSC04664.jpg 久々のサリーは
 着付けがやや不安だったけど
 着崩れることなく
 1日過ごせたので
 夕方からのパフォーマンスでも
 そのまま踊ってしまいました(笑)。

バングラデシュ人やインド人の友人たちにも
まあまあ好評だったし(お世辞か?)
この夏は積極的にサリー着てみようかなぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 02:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

ネパール家庭料理を楽しむ会

DSC04581.jpg エスニック系
 料理教室
への参加は
 もはや趣味と言えるかも
 しれません(笑)
 今回はネパール料理
 習ってきました。


作ったのは、いわゆるダルバート
ダル(豆スープ) +バート(ごはん) に
タルカリ(おかず)がいっちょ盛りになった、
ネパールの国民的定食メニューです。

DSC04596.jpg

でも、写真はなぜか「インド国旗」風盛りつけですが(笑)

インド料理教室のときと同じく班分けは「辛さ」別。
今回は「激辛」班は満席だったので
私は真ん中くらいの辛さチームに入れてもらいました。

DSC04582.jpg 写真奥の男性が
 今回の先生。
 主催のAshaさんの
 ダンナさま
 (ネパール人)です。

参加者にも男性が何人かいて、
みなさん手際よく作業されていました。
料理ができる男性ってポイント高いですよね〜ぴかぴか(新しい)


どのメニューも野菜をたっぷり使います。

DSC04584.jpgDSC04592.jpg

野菜カレーは約6人分でキャベツ丸ごと1個。
炒めるときも鍋からはみだしそう。


そして、今回の目玉作業がコレ(↓)

DSC04590.jpg スパイスを入れて
 熱した油を、料理に
 ジュワッと回しかけます。
 香りもたつし、
 コクも加わって
 おいしさアップ!


試食では食べ過ぎてお腹いっぱい。
残ったカレーを持って帰りたかったのだけど
そのままバングラデシュ・フェスティバル
行く予定だったので、時節柄あきらめました。


DSC04583.jpg 例によってパンジャビで参戦。
 気分は「ネパールの若妻」です。
 
 試食のとき、手で食べていたら
 「あなたは本当に
  ネパール人みたいね」

 と先生が驚いていました(笑)。


そういえば、先日ネパール人に間違われたのですが
「どうしてインド人じゃなくて、ネパール人なの?」
と聞いたら、「鼻が低いから」だって!
なんだかな〜


◆アジア大好き体験講座
全5回のうち、今回の「ネパール料理教室」が3回目。
次回「ミャンマー料理教室」
6月28日(土)の開催ですが
すでに満席で、キャンセル待ちだそうです。
posted by sanjo at 15:59| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | カレーLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローソクを持って踊ってみました

ethnicfes2.jpg 

ダンス仲間ひまぱ〜んさん主催のイベント
「エスニックフェスティバル」
クロージングのダンス・ショーに
参加させていただきましたぴかぴか(新しい)


終了後の記念写真(↓)は、
まさに「エスニック芸人」大集合という感じ(笑)。

DSC04666.jpg


当日は朝から
インド雑貨や民族楽器などの物販、
タイ古式マッサージの施術、
ギリシャコーヒー占いなどなど、
さまざまな出し物?が繰り広げられ
まさにエスニック縁日というか
ちょっと高校の文化祭を思い出すような
ほのぼのとした雰囲気。

DSC04641.jpgDSC04644.jpg


夕方からは一転、シックなムードで
琵琶の演奏&ワークショップ

DSC04658.jpg

琵琶奏者の川嶋信子さん(↑)。
しっとりとした和服美人なのですが
歌声はとても力強くてビックリ!

DSC04655.jpg ワークショップでは
 琵琶の歴史や
 種類についての説明のあと、
 参加者のみなさんが
 実際に琵琶に触って
 音出しにチャレンジ
 していました。

そしてクロージングのダンスショー。
テーマは「キャンドルと舞」

参加ダンサーが、各自の持ちネタ(民族舞踊)を
ローソクを使って踊り、
次の人へ炎をリレーします。

リレー部分は「ぶっつけ」だったので
ややもたつきましたが、
出し物としては、おもしろかったのでは
……と思います(自分に甘い・汗)。

こういう道具を使った踊り(モノボケ?)は
ぜひまたやってみたいし、
個人的にもいろいろ試してみたいですね〜。

観てくださったお客さま、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
(出店、共演のみなさまもお疲れさまでした)

DSC04680.jpg 今回使ったキャンドル。
 前日のバングラデシュ
 フェスティバルで
 調達しました。
 頭に載せて踊る練習も
 しておこうかな〜(笑)

posted by sanjo at 03:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンスーンの庭

エルメスの新作フレグランス、
テーマは「眩惑のインド」だそうです。

img10282834276.jpeg 欲しいけれど、
 さすがエルメス。
 国内定価は
 50mlで11760円、
 100mlは16380円と
 ちょっと躊躇する価格。

でも、買っちゃいました。
例によってネットで検索、42%OFFでget!
……つか、定価ってなんなの???


DSC04669.JPGDSC04671.JPG
DSC04672.JPGDSC04673.JPG

外箱のイラストもかわいいぴかぴか(新しい)
モンスーンが去った森で遊ぶ動物たち
……ってところでしょうか。

肝心の香りは
暑い日に、一瞬激しい雨が降ったあとの
湿った空気と濡れた草花の匂いだと思いました。
やっぱりインド服に似合いそう。

私のイメージとなるくらい
愛用したいと思いますぴかぴか(新しい)


◆PARFUM de EARTH
今回利用したお店です。
50ml=6279円(税込・送料別)
100ml=9429円(税込・送料込)
で、ほかにも同じ価格のところはありましたが
ついでにアトマイザー(詰め替え容器)も欲しかったので、
種類の豊富さ&安さでココにしました。
昨年の「楽天Shop of the yearコスメ・香水ジャンル賞」
受賞店だそうですよ。
posted by sanjo at 01:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

バングラデシュ・フェスティバル2008

bangladeshfes2008.jpg

今日と明日(6/14&15)の10:00〜20:00
代々木公園にて開催です。

私は土曜日の15時ごろから参戦の予定。
日曜日も流れ(?笑)によっては行くかも。

現地で見かけたら声をかけてくださいね〜ぴかぴか(新しい)

ステージ・プログラムなど、詳しくはコチラ

裏(?)情報としては、14日(土)16:00ごろから
ロマーナ・ジュエリーさんのブース前で
CNCさんによるボリウッド・ダンス・パフォーマンスが
見られるそうですよぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 00:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

Indian Sweets Birthday Special

DSC04533.jpg

教会でのカタック・デビュー戦のあと、
カタック&インド古典音楽のライブ観て、
やっぱりシメはカレーでしょ……と
下北沢のSPICIAに行きました。

チーム目白のあみさんと
ライブのとき席が近くだった(でも初対面
M美さん&うめ子ちゃんと私の4人。

うめ子ちゃんはお誕生日だったので
「デザートはバースディ風に盛りつけてね」
オーダーしたところ、登場したのが上の写真の一皿ぴかぴか(新しい)


DSC04534.jpg 真ん中のキャンドルの
 器はトマトなんですよ。
 急な注文に
 厨房のみなさんが
 いろいろ考えて
 作ってくれたそう。

まわりはアイスクリームと
グラブ・ジャームンというインドの超甘スイーツ。
フルーツにラズベリーソース(だったかな?)


DSC04535.jpg キャンドル・トマトの
 切り取った部分?も
 お花に変身! 
 有名ホテル出身という
 厨房のみなさん、
 さすがのワザですね!

ステキなデザートでプチお誕生会は盛り上がりました!
お店のみなさん、ありがとうぴかぴか(新しい)
キャンドル・トマトの器ももちろん食べましたよ〜
ちょっとロウの味がしたけど気にしない(笑)


DSC04086.JPG ◆SPISIA(スパイシア)
 下北沢の西口を出て、
 徒歩20秒くらい?
 美容室みたいな外観の
 カレー屋さんです。

前回行ったとき
「店内BGMがインド音楽じゃないのが残念」
と思っていたのですが、今回はインド音楽でした。

アルベイガン(じゃがいもとなす)のカレーと
パニールパラク(チーズとほうれんそう)のカレーを
食べましたが、どちらもおいしかったですよ。

このキャンドル・トマトのデザート、
ディワリ(インドの光のお祭り)のときに
食べるのもよさそうですよねぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 12:24| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | カレーLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

Cafe MURIWUI

教会で踊ったあとは、祖師谷大蔵の
Cafe MURIWUI(カフェ・ムリウイ)で
観客としてカタックダンスを楽しんできましたぴかぴか(新しい)

DSC04511.jpg

石田紫織さんの タブラ(インドの太鼓)に
国分明子さんのシタール(インドの弦楽器)、
藤原響子さんのバイオリンの生演奏で
前田あつこさんがカタックダンスを踊ります。

プレハブっぽい造りでアジアっぽい雰囲気のカフェは
夏の暑い日にビールをク〜ッと飲むのが似合いそう。

祖師谷には学生のころ住んでいたのですが
いつのまにか、こんな小洒落たカフェのある街に
なっていたんですね〜オドロキ!


DSC04519.jpg コンクリートの床は
 カタックのステップとは
 相性がいいみたいで
 なんだかあつこさんも
 いつもよりたくさん
 回っていたような(笑)

それを受けてタブラのテンションも
上がっているような感じがしましたぴかぴか(新しい)

出演者の上機嫌なムードは客席にも伝わってきて
初めて会った人とも会話がはずむような
和気あいあいとした雰囲気のライブでしたよ。

DSC04514.jpg

天井の扇風機に「インド」を感じて
わざわざ写してみました。
私もこんなところで踊ってみたいな〜ぴかぴか(新しい)
それには、まだまだ修行が必要ですが(汗)。


logo-test.jpg ◆Cafe MURIWUI
 祖師ケ谷大蔵駅から
 北口商店街をまっすぐ
 徒歩10分くらい。
ライブのほか、ヨガのワークショップも
やっているみたいですよ。
posted by sanjo at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。