2008年02月27日

笹塚ジャイヒンド

DSC03095.JPG

やっと行って来ました!
秋葉原の人気店「JAI HIND」の笹塚店。
オープンしたのは確か昨年の11月
工事中のときからずっと気になっていました。


なぜなら、そこは南インド料理店
「マドラスキッチン」だった場所だから。

シェフのRAMESHさんが
今どうされているのか、とても気になります。
ご存知の方、ぜひ教えてください。


さて、ジャイヒンドへは
土曜の13時過ぎの訪問でしたが
とても混んでいました。

カレー2種類とナン、サフランライス、サラダ、
ヨーグルトのセット(1050円)を食べました。

ここのオーナーシェフは
神保町のマンダラ出身だそうで
ランチセットの構成はマンダラと似ていますが
値段が安い分、量もマンダラよりやや少なめ。
ポークカレーがあるのが意外な感じです。


DSC03096.JPG フロアを担当していた
 モヒトさんは
 オーナーの息子さん。
 いろいろなブログの
 情報(笑)によると
 まだ10代だそう。


話をしているうちに
共通の知人がいることがわかり
にわかに会話が弾みました。


DSC03099.JPG 店内の飾りつけ。
 日本語を勉強中のモヒトさんに
 「私もヒンディー語
 勉強してるよ」
 と言ってみたところ
 「これはハーティ(象)」
 「これはウーント(ラクダ)」
 と教えてくれました。


好きだったお店の跡地だと思うと
心中やや複雑ですが、
通勤途中においしいカレー屋さんが
増えるのはうれしいことです。ぴかぴか(新しい)
ときどき途中下車して寄りたいですね♪
posted by sanjo at 02:58| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カレーLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

パキスタン料理教室

DSC03118.JPG

日本・パキスタン協会主催の料理教室
バラ組メンバルのerileenと参加してきました。

「エプロン、筆記具などをご持参ください」
とのことだったので、
前日になってエプロンを捜索(笑)。

ありました〜! 10年(以上?)前にもらったヤツ。
パンジャビ(インド周辺諸国の民族衣装)も着て行って、
コンセプトは「パキスタンの若妻」(笑)。


さて、本日のメニューぴかぴか(新しい)

1◆Stuffed paratha(大根詰めパラタ)
2◆スパイシーポテト&グリンピース
3◆ライタ
4◆Kheel Shakerkand(サツマイモのミルクプディング)
5◆マサラチャーエ(スパイシーミルクティー)

DSC03109.JPGDSC03111.JPG
冬なので、大根などの冬野菜を使った
カラダの温まるメニューだそうです。

手間のかかる順に
4→1→2→3→5と作っていくことに。


DSC03120.JPG 左が講師の
 シャー・真理子さん。
 ご主人がパキスタンの方で 
 パキスタン滞在歴も
 長いそう。
 なれそめが気になる(笑)
パキスタン料理というと
オイリーでスパイシーというイメージが強いのですが
「家庭料理はそうでもないのよ」
野菜中心のヘルシーで素朴な料理
教えてくださいました。


DSC03114.JPGDSC03115.JPG
DSC03116.JPG
 参加者は20人くらい。
 4班に分かれて
 作業を進めます。
 気分は調理実習(笑)


が、調理実習と違うのは
料理なんてロクにしたことのない子どものころとは違い
先生も参加者も、みんな自分の「台所ルール」
持っているということ。

レシピがあっても、ついつい自分流に進めてしまって
先生に「違う」と注意され、やり直すハメに(笑)。

「あ〜、きっと嫁と姑ってこんな感じなのね〜」
若妻気分はさらに盛り上がり(笑)。
国が違っても、嫁姑台所バトルは同じなんでしょうね。


DSC03122.JPGDSC03127.JPG
メイン(主食?)のパラタ(全粒粉の薄焼きパン)。
作り方は思ったよりカンタン。
家でも作ってみよ〜ぴかぴか(新しい)


DSC03128.JPGDSC03129.JPG
DSC03130.JPG
盛り付けて完成
日本・パキスタン協会の理事さんも
試食に加わってくださって、
私たちのテーブルは5人で6人分をほぼ完食

……というか、ほかのテーブルでは
みなさん用意周到にタッパーやジップロックに
入れて持ち帰られてました。

確かに量は多かったし、
時間的にも夕食前だったので、
料理教室慣れ(?)している人たちの
知恵に感心。


私とerileenは食べ過ぎで苦しみながら帰宅(笑)。
  
いや〜、でも思いのほか楽しかったです。
とくにパラタの作り方がわかったのは収穫ぴかぴか(新しい)
我が家のカレー・ライフが広がりそうです。


カレー系の料理教室、ぜひまた参加したいです。
次回はタッパー持参で!

ご案内いただいた日本・パキスタン協会のTさん
ありがとうございました〜ぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 01:02| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

南インド魂?

前田あつこさんが渡印中、
ヒラソル銀座カタック・クラスは
リナ・マリアさんの代講でした。

日本人が
北インド宮廷舞踊を
アメリカ人の先生に習う

なんてレアな経験なんでしょ(笑)
参加しないワケにはいきません。


さて、リナ先生のレッスンは
カタコトの日本語と英語で進んでいきます。
なんとなく初期のバラさんのレッスンを
思い出します(懐)。

リナ先生の流派?は歌いながら踊るそうで
「テイテイタタテイ、アーテイタタテイ……」
といった拍子を口ずさみながらステップを踏むのですが
ステップに集中すると「声が聴こえない」と注意され
歌に集中するとステップが怪しくなり
さらに手の振りがはいると、
もうカタックとは遠く離れた動きに(汗)。


それでも、ジャイプール・スタイルだという
歯切れのいい振り付けを
息切れするほど繰り返えすのは
「踊った」感いっぱいで、満足度高かったですぴかぴか(新しい)


ところで、私が何度かリナ先生に注意されたのは
「あなたのはバラタナティヤムのスタイル」ということ。

バラタナティヤムは南インドの古典舞踊で、
確かにバラ組のインドダンスは
南インド映画が中心なのですが
私自身はバラタナティヤムを
習ったことはほとんどないんです。
体験レッスンに1回参加した程度)


リナ先生には「南インドのムービーダンス」を
やっていることは言ってなかったのですが
私の動きやポーズに
「南インド風味」みたいなものがあるとしたら
それはちょっとウレシイようなぴかぴか(新しい)
(カタックとしては全然ダメなのですが・汗)。


DSC03094.JPG

レッスン終わって記念撮影。
インド古典舞踊の先生といえば
長い黒髪・太い三ツ編みが主流かと思っていましたが
リナ先生はボーイッシュなショートカット
レッスン中に見せてくれた
「クリシュナのボール遊び」の踊りが
本当に無邪気な少年のようで、お似合いでしたぴかぴか(新しい)

また機会があったらぜひ習ってみたいですぴかぴか(新しい)
南インド味の払拭が最大の課題か?・笑)
posted by sanjo at 21:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バングラ・クイーンの名刺

DSC03105.JPG

こんなの作っちゃいました(笑)。
コレ、「制作費無料」なんです。


あ、無料なのは「制作費」ね。
送料やプロセス料はかかります。

でも、デザインも40種類くらいから選べるし
なんと250枚も作ってもらえる。

気になる送料&プロセス料は納期によって違って、
スタンダード(約14日後)で1590円
スロー(約21日後)なら859円

とりあえず「スタンダード」にしてみましたが
月曜にオーダーしたら土曜に届きました(6日間)
ま、地域などによっても違うとは思いますが
この調子なら「スロー」でも2週間以内には届きそう。


BQ2.jpg 制作費無料のワケはコレ。
 裏面にこんな文字が
 はいります。
 でもそんなに気にならない
 (と思う)。
私もある人の名刺の裏を見て
「え、無料でこんなのが作れるんだ〜」
試してみた次第。



もちろん「有料名刺」もあって
こちらはデザインや用紙などのバリエーションが豊富。
当たり前だけど、裏面に広告も入りません。
でも、一般的な名刺作成料金より
かなり安いと思いましたよ。
名刺とおそろいのメモ帳や住所ラベルなんかも
作れるみたいです。


◆VistaPrint
フリーで仕事をしている方や
私みたいに趣味の名刺(笑)を作るには
手ごろなサービスではないでしょうか。

作ってみたくなった人、
「お友達紹介システム」があるので、
連絡ください(セコイ・笑)


DSC03102.JPG 国際定型外郵便
 届きます。
 箱の大きさは
 10cm×10cm×7cmくらい。
 郵便受けには入らないかも。
posted by sanjo at 11:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

仏像バー

DSC03077.JPG

お気に入りのお店、下北沢の「TIBET TIBET」
店内に仏像がいるので、
勝手に「仏像バー」と呼んでいます(笑)。

上の写真はカウンター奥に、
自家製の果実酒とともに並ぶ仏像たち。
ヒンドゥー教の神様・ガネーシャの姿も見えます。
ボトルキープならぬ仏像キープができそうな雰囲気。
(いや、できませんって・笑)


DSC03078.JPG

店内の奥、一段高くなっているところにも
仏像様がいます。
この席に通されると、ちょっと緊張(笑)。
でも仏像様の前でも酔っ払うんですけどね(汗)。

月に1回、仏像様の前のスペースで
アコースティック・ギターの
ライブをやっている……と聞いて
「仏像様の前でインドダンスもいいかも〜ぴかぴか(新しい)
なんて妄想を抱いてしまいました(笑)。


DSC03076.JPG 入り口のドアノブ
 仏像様の手。
 触る前に、思わず自分の手を
 上着やジーンズで
 拭いたりして(笑)。

 

ひとつ上のフロアには姉妹店の「Lotus Cafe」があります。
ここにも女神さまが鎮座。

DSC03080.JPG

「TIBET TIBET」よりも
ややカジュアルな雰囲気かな。

DSC03082.JPG このクルクル、
 ランプシェードかと
 思ったら
 お香だそうです。
 燃え尽きるまでに
 何時間かかるんだろう……


「TIBET TIBET」も「Lotus Cafe」も
自家製(って言うのかな?)の無農薬米
契約農家から直送される有機野菜を使った
オーガニック料理が食べられます。

おいしいお酒と
滋味あふれる食事で
ますます「踊りたい」妄想が膨らみますが
仏像さまの前で踊るには
まだまだ修行が足りないかも(汗)。

とりあえず練習しよう(笑)。


DSC03075.JPG 小田急線・下北沢駅から
 徒歩7分くらい。
 通勤経路ではないので
 お気に入りとはいえ
 数カ月に1度くらいしか
 行けてないのですが
 同行したい方はぜひご一報を。
 仏像様の前で飲みましょうぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 23:03| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラブdeチャリティー

久々にクラブに行きました〜

DSC03066.JPG

……といっても滞在時間は
30分くらいだったでしょうか。

何しに行ったのか、というと
この日のイベントの収益(の一部?)が
インドのストリート・チルドレンのための
孤児院運営などの費用
に充てられると聞いたから。


インドだったら行かねばならぬ(笑)。

でも日曜日の23:00〜5:00の開催だったので
根性なしの私は、ビール飲んだだけで
終電で退散しちゃいましたが(汗)。

ま、ただの自己満足です。
私のビールが、インドの子どもたちの役に立てばウレシイぴかぴか(新しい)


DSC03062.jpg
企画したのは、AICという非営利団体。
日本のほか、アメリカ、カナダ、インド、
イギリス、オーストリアに支部があり
各国の大学生が中心となって、
インドのプーナ(Pune)にある
ストリートチルドレンのための孤児院運営の
手助けをしているそうです。


DSC03065.JPG 会場では民芸品?の
 販売コーナーも
 ありました。
AICのスタッフさんとも少しお話しましたが
丁寧な対応に、みなさんの
熱意と生真面目さが伺えました。

次回イベントは社会人にも参加しやすい時間帯で
企画してくださいね〜

インドの役に立てるなら、
私も一肌脱ぎますよ……というより
ぜひひと踊りぴかぴか(新しい)させていただきたいと思います(笑)


◆Ashraya Initiative for Children
(アシュレヤ・イニシアティブ・フォー・チルドレン)
AICの活動状況などは、こちらを見てくださいね。
posted by sanjo at 02:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

Saraswati Puja

在日バングラデシュ人コミュニティのイベント、
「サラスヴァティー・プージャ」に行ってきました。

DSC02986.jpg

サラスヴァティーヒンドゥー教の神様。
芸術・音楽・科学・学問を司るそうです。


バングラデシュではイスラム教が多数派で
ヒンドゥー教徒は2割弱と言われていますが
日本でのイベントは宗教に関係なく
同郷の人に会いたい(笑)バングラデシュ人が集結。


DSC03011.JPG これまでドゥルガー・プージャ
 イード(ラマダン明け)パーティ
 などに潜入(笑)しましたが
 いつも300人くらいの参加者で
 にぎわっています。

 とくに女性はここぞとばかりに
 着飾っていて、ほんとうに華やかぴかぴか(新しい)


イベント自体は朝9時くらいからだけど、
出し物(余興)は夕方……と聞いていたので
16時ごろ、会場に到着。
ちょうど、バングラデシュ大使が
スピーチをされていました。

顔見知りのバングラデシュ人たちと挨拶をかわし
今回誘ってくれた友人一家とも無事合流。
そうそう、先日の国際交流パーティ
知り合った人にも、早速再会しました。



そして、出し物開始。もちろん最前列で鑑賞(笑)。

DSC02988.jpg DSC02990.JPG
まずは男性の民族舞踊。神さまに捧げる踊りだそう。



DSC02994.JPG DSC02996.JPG

DSC02998.JPG DSC03002.JPG
子どもたちもいろいろな芸を披露。
小学校高学年くらいの男のコたちによる
日本語でのショートコントなんて
出し物もありました(写真右下)。



友人のシュミさんも歌で登場です。

DSC03031.JPG
シュミさんは職場近くのカレー屋さんの女主人。
スゴイ美人でしょぴかぴか(新しい)
しかも高い声がまたキレイで
インド映画のプレイバック・シンガーみたい。


DSC03022.JPG DSC03034.JPG
シュミさんのご親戚やお友達も
それぞれ1曲ずつ歌ってました。
右の写真の男の人、すごくノリノリでおもしろかった!



DSC03051.jpg イベント終了後の
 打ち上げ(?)にも
 ちゃっかり
 混ぜてもらいました。

ここでもカレーを食べながら、歌ったり踊ったり
(ええ、調子に乗って踊ってしまいましたとも・汗)


バングラデシュの人は
「世界一おもてなし好き」というウワサ?がありますが
それってホントだと思います。

シュミさんやご家族の方はもちろん
今まで知り合ったバングラデシュの人はみんな親切ぴかぴか(新しい)

日本で暮らして、不便なことも多いだろうに
日本人の私のほうがお世話になってばかりです(汗)。


あ〜、今回も貴重な経験でした。
バングラデシュのみなさんの
日本での生活が少しでも楽しいものになるように
日本人の私も、いつでもカレー食べます! 踊ります!
(……って、ちょっと違うか・笑)


DSC03059.JPG シュミさんと記念撮影。
 隣に並ぶのが
 イヤになるくらい
 美人で、顔も小さい!
 サリーの着こなしも
 いつもステキなんですよぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

夜景とジャンベと韓国舞踊

国際交流パーティなるものに
初めて参加しました。

DSC02979.JPG

会場は池袋の高級・高層マンションのラウンジ
窓から見える夜景がキレイ。
お客さんは中国韓国の人が多かったかな〜

いろいろな国の人と知り合えるのも
おもしろいのですが、
実は今回の私のお目当ては
ジャンベ(アフリカの太鼓)&韓国伝統舞踊

ショータイムがあると聞いていたので
楽しみにしていましたぴかぴか(新しい)

DSC02962.JPG

ナイジェリア出身のジャンベ・アーティスト、
ダビ・カインソラさんの演奏で
みんな踊る、踊る。
私もインドダンスな動きで参入(笑)。


そして韓国舞踊

DSC02965.JPG

ダンサーのベ・ヨン・ジュさん、かわいいですぴかぴか(新しい)
紅白のチマ・チョゴリが回るたび
大きく広がって、優雅な感じ。

DSC02967.JPGDSC02974.JPG
DSC02976.JPGDSC02978.JPG


やっぱ、音楽や踊りって世界の言葉ですよね。
いろんな国の人がいても、
とりあえずみんなで盛り上がれる。

こんな出し物付きのパーティなら
ぜひまた参加したいです。
スタッフのみなさん&パフォーマーのみなさん、
ステキな時間をありがとうございましたぴかぴか(新しい)


私は終電で退散しましたが
きっと朝まで盛り上がったんでしょうね〜



DSC02983.JPG 酔っ払い気味の私。
 いろんな国の人と
 お話しましたが
 いちばん会話が弾んだのは
 バングラデシュの人でした。
 やっぱ慣れかな(笑) 
posted by sanjo at 02:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 国境(節操)なき舞踊談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

レトルトカレーの日

2月12日は「レトルトカレーの日」だそうです。

DSC02949.jpg

日本初のレトルト食品「ボンカレー」
2008年2月12日で発売満40年となったのを記念して
大塚食品が日本記念日協会
2月12日を「レトルトカレーの日」として登録したのです。


そんなワケで、ボンカレー40周年記者発表会に行って、
限定100万食で発売される「初代パッケージ」
ボンカレーを試食しました。

DSC02931.jpgDSC02938.jpg

仕事でカレーの試食ができるのもラッキーなんですが
ホテルでレトルトカレーを食べるとは
ある意味ぜいたく?ですよね(笑)。


煮込んで崩れかけたじゃがいもの食感が
お母さんの作ったカレーっぽくて
なんだかなつかしい感じがしました。

カレー好きが高じて、
最近は本格インドカレーばかり追求していましたが
久々に食べる日本のカレー
シンプルな味わいで意外においしく
あなどれないな、と思いましたよ〜(笑)。


DSC02891.jpg ボンカレーの
 主なスパイス
 家庭でこれだけ
 揃えるのは大変。
 レトルトって
 ありがたいですね。
posted by sanjo at 01:09| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カレーLOVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

フリマ無事終了

DSC02869.JPG

イベント出演や練習でお世話になっている
スタジオflow jojony開催のフリマに
私も出店させてもらいましたぴかぴか(新しい)

心配だったお天気も、どうにか回復。
室内での開催とはいえ、
晴れてるのにこしたことはないですもんね〜。

DSC02868.JPGDSC02872.JPG
DSC02873.JPGDSC02874.JPG
子ども服を出品されている方が多かったです。
新品の文具やお弁当グッズを
市価の半額で提供されている方も。

DSC02876.JPG
DSC02878.JPG
 スタジオ近くの
 ハワイアンショップ
 「アイランドフレーバー」
 さんのコーナーも
 ありました。

 
11時のオープンと同時に、
ご近所さんと思われるお客さんが数人ご来店。
 
お昼過ぎはちょっとヒマになりましたが
ほかの出店者の方とおしゃべりしたり、
ストレッチ(笑)したり、
商品の並べ方をちょこちょこ変えてみたりして、
まったり過ごしてました。

あと1時間くらいで終わり……というところで
またお客さんが来はじめて、ラストスパート

なんだかんだ、7割くらいは売れたでしょうか。
初フリマにしては上出来かな……ぴかぴか(新しい)
自分では思っているのですが(笑)。


反省点は商品が少なかったこと。

客層や売れ筋がまるでわからなかったので
小さいもの・軽いものを
ムリせず運べる量だけ用意したのですが
売れて品薄になってくると
お店としての見た目
寂しくなってしまうんですよね。

売れ残りを持ち帰る覚悟で
多めに準備しないとダメなんだと学習しました。


でも、いろいろとセールストークをしたおかげで
その商品を買った理由を思い出し、
自分がモノを選ぶときの基準
どんなものが好きなのかが
あらためて見えてきました。

お買い上げくださったみなさん、
本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
たくさん使ってくれるとウレシイです。


DSC02880.JPG 店じまい後、
 オーナーのお子さんと
 翌日の「手作り市」用の
 ボードを描きました。
 なんか童心に帰ります(笑)


jojonyのイベントでなければ
自発的にフリマに参加することなんて
まずなかったので
貴重な機会を作ってくださった
オーナーのアベさんにも感謝ですぴかぴか(新しい)

また何か楽しげなイベントを企画されたときには
ぜひぜひ参加させてくださいね。
posted by sanjo at 02:08| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。