2007年10月30日

インド反省会

HUNGAMA Nightのあとは
バラ組メンバル・みっしー宅でお泊まり

インドでの写真や動画を見せ合う会ですぴかぴか(新しい)

DSC00410.jpg
チェンナイで泊まったホテル。
出発も帰国も行きたい場所もバラバラの3人が
師匠に会うためにここに集結しました。


DSC00500.jpg どちらかと言うと、
 ボロいホテルなんだけど
 部屋で師匠にレッスン
 してもらえたし
 今となっては
 かなり想い出深い場所。

レッスンのために自宅からDVDプレーヤー
運び込んできたバラさん。
リモコン二刀流が子どものようです(笑)



DSC00521.jpg 私がチェンナイを発つ朝、
 ホテルのロビーで。
 習った振り付けの
 ポーズ
です。
 ピンボケなのが残念。



そんなこんなで、一緒に過ごしたチェンナイの写真や
それぞれが訪れた街の写真を見て、
あれこれ話は尽きなかったのですが
やっぱHUNGAMA Nightで踊り疲れていたのか
erileenの写真を半分くらい見たところで
私は気を失ってしまいました>爆睡。



さて、翌朝(というか、限りなく昼)は
みっしーの手作りインド風ブランチ
DSC01015.JPG
ドーサ(インドのクレープ)と具?のボテト炒め
サンバル(野菜スープカレー)と豆のおかゆぴかぴか(新しい)


家庭用のフライパンでドーサを焼くのに
初めは苦労してたけど、だんだんそれらしい形に。

DSC01009.JPG DSC01011.JPG

DSC01017.JPG DSC01012.JPG
ちゃんとインドを思い出す味でした。


3人で師匠に会いに行けて本当にヨカッタ。
この経験はまさにプライスレスぴかぴか(新しい)

またいつかみんなで旅に行こうね。できればインドで(笑)



DSC01056.JPG オマケ
 さらに翌日、
 練習後の居酒屋で
 お土産のアクセサリーを
 試着するセバス。
 師匠のお見立てですぴかぴか(新しい)

posted by sanjo at 21:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

Hungama Birthday Night

この週末も盛りだくさんでした。

金曜日はBollywood HUNGAMA Night in HATY HATYぴかぴか(新しい)

DSC01007.jpg


HUNGAMA(ハンガマ)Night
インド映画音楽のクラブ・イベントなのですが
今回は、Shokoさんという方の
Birthday Partyとのジョイント企画でしたぴかぴか(新しい)

DSC01000.JPG

DSC00994.JPG 私はShokoさんとは
 初対面(笑)なのだけど
 ずいぶんと
 インターナショナルな方で
 Birthday Partyに来られた
 お友達はほとんどが外国人
私が挨拶を交わした方だけでも、
ハワイ、アイルランド、インドなどなど。

いろんな言葉が飛び交いつつもBGMはBollywood
……という、なんとも不思議な空間でした。



DSC00990.jpg それにしても
 Birthday Partyに
 Bollywood・DJ付きとは
 そのテがあったか!
 ……という感じ。

私も還暦(笑)のときにでもやろうかなぴかぴか(新しい)
インドダンス入門10周年でもいいか。
すごい先のようでいて、案外すぐなんだろうな〜(笑)


そして、いちばん踊っていたのは
やっぱりwadaさんでした。
DSC00995.JPG 踊り過ぎて
 腰を痛めたそうですが
 祝福の気持ちは
 Shokoさんにもお友達にも
 十分伝わったと思いますよ〜

Shokoさん、お誕生日おめでとうございましたぴかぴか(新しい)


ASIAN DINNIG HATY HATY 日本橋店
今回のHUNGAMA Nigh&Birthday Partyの
会場となったお店です。
インド料理のほかタイやベトナムなどの
アジア料理も楽しめるそう。
お店の方も気さくで、居心地ヨカッタので
次はフツーに、食事に行ってみたいですぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 18:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

インドで会社訪問

バンガロールの友人が、勤務先に連れて行ってくれましたぴかぴか(新しい)

インド屈指のグローバルIT企業、
「インフォシス・テクノロジーズ」

DSC00632.JPG

DSC00585.JPG こんなビジターパスが、
 即時発行できちゃうあたり
 受付からすでに
 ハイテクな雰囲気。


従業員は5万人以上、敷地は東京ドーム22個分だって!
休日は家族や友人・知人に敷地内案内ができるらしく
バンガロールの観光名所と化しているのだとか。

DSC00602.JPG DSC00599.JPG
池があります! 鯉もいます!
会社というより、庭園の風情。


著名人の初来社のときには記念植樹をするそうです。
DSC00589.JPG DSC00589-bill.jpg
 これはビル・ゲイツの木。



DSC00590.JPG  DSC00590-mori.jpg
元首相・森さんの木。


DSC00615.JPG  DSC00615-ghorn.jpg
  カルロス・ゴーンの木。


ほかにもどこかの国王さまの木とか
超有名企業の社長さんの木とか
たくさんありました。
社内緑化には力を入れているらしく、
きっと、記念植樹もその一環なのでしょう。

私も次に訪問するときには
木を植えてもらえるようがんばろう(何を?・笑)
そして「実はここに来たのは2回目なのよ」って
言うのだ(笑)。




DSC00603.JPG DSC00604.JPG
図書館も広〜い!
館内のボードには、経営陣が登場する記事の
切り抜きでいっぱい。



DSC00610.JPG

DSC00613.JPG プールジム
 ありました。
 あたりまえだけど
 始業前&終業後に
 利用可能。



DSC00626.JPG
あまりに広いので
社内移動には自転車を使います。
駐輪場もあちこちで見かけました。
私も乗っていいよ、と言われたのですが
女性用の自転車でも足が地面に届かず……(汗)



DSC00598.JPG DSC00624.JPG
5万人も従業員がいるだけあって
社員食堂も何カ所もありました。しかも大きい!

DSC00622.JPG
なんと北のカレー南のカレーが選べます!
インド全土から人が集まっているのですね〜
ほかにイタリアンや中華のメニューも。


DSC00618.JPG DSC00621.JPG
福利厚生施設にばかり目が行きがちですが
インドで最も働きやすい企業に選ばれたそう)
仕事用の建物も50棟くらいありました。

DSC00650.JPG 団地みたいに
 建物に番号がついていて
 「●●号棟〜▲▲号棟は
 マイクロソフトの
 仕事をしている」
 という感じ。
この建物の中央の丸い部分、ちょうど掃除中でした。
  ▼
DSC00651.JPG
クリックして見てみて。
 
  
インドと言えば、カレーと牛と紅茶……
なんてイメージはもう古い。
映画と音楽とダンスの国……のイメージも
すでにちょっと古いのかも。

もちろん、インドはIT先進国だと知ってはいたけど
実際に自分の目で見た最先端のインド企業は、
思っていた以上に最先端でした。
規模もクリーンさも欧米に負けてない。
というか日本は負けてる(汗)。

短い日程の旅行で、
インドの新しい部分を体感できて、
友人には本当に感謝ですぴかぴか(新しい)

彼が日本にいるとき、
私はたいしたところ案内してなかったぞ。ゴメン!

DSC00648.JPG
友人の働く建物。富士通の担当なんだって。



今、私の職場のグループ会社では
インフォシスとの取引が始まり
近々インド人技術者が十数名来日するらしいです。

直接、私の仕事とは関係ないのですが(笑)
勝手にインドとインフォシスとのを感じていますぴかぴか(新しい)


植樹する日は近いかも???



DSC00596.JPG
中庭や社員食堂の片隅などで
ダンスの練習をしている人達を
何回も見かけました。
宴会の余興の準備? サークル活動?
インドではITエリートダンスが好きなのねぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 10:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

大地の女神たち

……という、カッコイイ名前のイベントで踊りますぴかぴか(新しい)

24209274_134.jpg

インド舞踊つながりのひまぱ〜んさんたちが主催で
11月11日(日)、場所は目白のflow jojony

第1部がルーシー・ダットン(タイ式ヨガ)や
タイ式マッサージなどが体験できるヒーリング・タイム
民族衣装の試着&購入もできます。

第2部(18:00〜20:00)はフラ、タヒチアン、
オリエンタル、ベリーダンス、
インドムービーダンスなどが楽しめる
エスニック・ダンス・ショー 。



ヒーリング・タイムは予約制で、
体験の内容によって料金は異なりますが、
市価よりは割安だと思います。

ダンス・ショータイム1500円で1ドリンク付き
バラ組は4人で2曲披露させていただく予定です。


詳しくは下のフライヤーをクリック
24209274_23.jpg

そんなに広い会場ではないので予約がおススメ。
第1部についてはコチラを見てくださいね。
第2部のダンス・ショーは私に直接連絡いただくか
このブログにコメントでもOKです。
※メールアドレスは表示されません。


「音トラブルの神様」には愛されているバラ組(笑)。
ほかの女神さまの力を借りて
魅せる?踊りを披露できるようがんばりますので
ぜひぜひご来場くださいねぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 16:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

本物が見たかったなぁ……

当たり前なんだけど、インドではボリウッド・スター
出演CMやポスター、看板をたくさん見かけましたぴかぴか(新しい)


DSC00660.JPG
アミダブ・バッチャンのインタビュー記事が
載っている雑誌。ビジネスマン向けと思われます。
買おうかどうか迷ったけど、
かなり荷物が重かったので断念。


DSC00644.JPG チョコレートのパッケージ。
 単品の包装紙には
 アミダブ・バッチャンの
 写真は印刷されていないので
 外箱欲しさに
 箱買い
しそうになりました。



ロレアルのディスプレイ棚にはアイシュがニッコリぴかぴか(新しい)
DSC00643.JPG
でもインドではアイシュがらみの商品は
見つけられず、乗り換えの空港と機内販売でget
インド国内では爆発的な売れ行きで
品薄なのかなぁ???



DSC00642.JPG
雑誌の表紙はボリウッド・スターでキマリでしょ。

この写真はバンガロールで撮ったのですが
カンナダ(バンガロールのメイン言語)映画の雑誌より、
ボリウッド系の雑誌のほうが
幅を利かせていたような気がしました。
たまたま発売日直後だったのかもしれないけど。



DSC00665.JPG
そして、やっぱり美し〜のが映画のポスター
はがして持って帰りたい(笑)。
つか、この映画観たい!


今回は短期決戦弾丸ツアー(笑)で
会いたい人に会うだけの旅でしたが
(もちろんそれはそれで満足だったのだけど)
次回はやっぱりボリウッド映画の本場、
ムンバイにも足を伸ばしたいし
映画も1本くらいは観たいな〜と
帰国して2週間経って、
新たな野望(笑)を抱き始めています。


とりあえず、お金と時間を地道に作るのみ!
posted by sanjo at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

Durga Pooja

またもや在日バングラデシュ・コミュニティ
イベントに行ってきました。

DSC00965.JPG
Durga Pooja(ドゥルガー・プージャ)とは
ヒンドゥー教の神様のひとり、
ドゥルガー女神のお祭。

バングラデシュやインド・ベンガル地方では
ドゥルガー女神の人気が高く、
Durga Poojaはとても重要なお祭なんだそうです。



DSC00932.JPG 80%がイスラム教徒
 バングラデシュで
 ヒンドゥー教徒は
 少数派のはずですが
 会場はほぼ満席。
 300人はいたと思います。

つか、先週のイード
(イスラム教のラマダン明けのお祭り)

見かけた人もたくさんいました(笑)。
実は宗教イベントは口実(?)で、
単にバングラデシュ人の交流の場……なんでしょうね。



DSC00933.JPG  DSC00934.JPG

DSC00933.JPG  DSC00936.JPG
今回はチビッコたちの出し物がたくさん。
どのコも堂々としたもんでした。
こんな小さいのにソロで踊る度胸! 見習わなくちゃ(笑)



DSC00944.JPG
見ごたえがあったのは
バジパイ先生のバラタナティヤム(南インド古典舞踊)。
平塚のイベントではご一緒させていただいたし
ナマステ・インディアでもお見かけしたのですが
客席からじっくり鑑賞したのは初めてかも。

日本では男性の古典舞踊を見る機会はあまりないので
それ自体、新鮮なのですが
細い体からは想像もつかない力強いステップに
遠くからでもハッキリ判る表情、
む〜、スゴイ! の一言です。



DSC00938.JPG DSC00939.JPG
これも古典舞踊の一種?
ドゥルガー(今回の主役の神様)に捧げる踊りだそうです。


DSC00956.JPG 家族?全員での
 歌と演奏。
 なんだかほほえましい。



今回、私を誘ってくれたシュミさんも歌で登場です。
DSC00959.JPG
シュミさんは、職場近くのカレー屋さんの女主人。
美人なのに、すごく気さくで
浅草が本店のせいか、
バングラデシュ人とは思えないくらい
チャキチャキの下町っ子(笑)と化しています。


DSC00927.jpg
シュミさんにサリーも着せてもらいました。
自分のサリーなのに着るのは3年ぶりくらい。
顔見知り(笑)のバングラデシュの人達も
「今日はキレイなカッコしてるね」と
驚いていました(笑)。


ウワサ?によると、来週も何かバングラデシュ系の
イベントがあるらしく
何人かの方に「来るでしょ?」と言われました。

インドの次はバングラデシュに
呼ばれているのでしょうか……>私???


とりあえず、今週もバングラデシュのみなさんには
お世話になりました。いつもどうもありがとうぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 01:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

インドの海

DSC00388.JPG
チェンナイ側(東海岸?)はベンガル湾です。
ちなみにムンバイやケララの側はアラビア海


DSC00379.JPG 師匠に「VGPゴールデン
 ビーチ・リゾート」

 というところに
 連れて行って
 もらいました。


海岸近くのさびれた(失礼・笑)テーマパーク。

DSC00381.JPG
でも入り口近くの、なんちゃって世界遺産みたいな通路は
なかなかステキでしたぴかぴか(新しい)



DSC00389.JPG
海です!
けっこう波が荒い
パンツをヒザ上まで捲ったけど全然意味なし(笑)。


DSC00391.JPG DSC00392.JPG

DSC00393.JPG DSC00394.JPG
師匠がみんなの名前を書いてくれました。
日本語、ちゃんと覚えてるのはウレシかったけど
波にすぐ消されちゃって、ちょっと切ない


DSC00398.JPG
砂の上で回る練習。
遊びかと思ったら「振り付け」でした。
夜、ホテルでミニ・レッスンしてもらったときに
このときのターンが登場。



インドは暑いとはいっても、やっぱり秋の雰囲気。
あまり人のいないビーチの写真は
今見ると、なんだかとてもセンチメンタルですね(笑)。

師匠、早く帰ってきてよぉぉぉ(願)。



DSC00401.JPG テーマパークの
 出口のところの彫刻
 ……と思ったら
 生身の人間だそうです。
 微動だにせず、
 まばたきもしない(!)
これもアトラクションのひとつなんでしょうか?
数時間ずつ交代制で勤務してるとか。
交代するところを見てみたいです(笑)。
posted by sanjo at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eid Mubarak!

インド話、ちょっと中断しまして(笑)

DSC00777.JPG
在日バングラデシュ人コミュニティ
イード・パーティに行ってきましたぴかぴか(新しい)


Eid(イード)とはイスラム教のラマダン明けの
お祭り
のことだそう。

Eid Mubarak!(イード・ムバラク)は
「イードおめでとう」という挨拶ですね。



DSC00772.JPG 会場は埼玉県三郷市
 市民文化センター。
 でも、なぜか金町(東京)か
 松戸(千葉県)からバス。
いまいちそのへんの地理が分かりませんが、
300人ほどのバングラデシュ人が集結です。



DSC00773.JPG DSC00774.JPG
パーティのふるまい料理です。左はマトン、右はチキン。

今回は入場無料飲食も無料ぴかぴか(新しい)
在日バングラデシュ人の企業が
お金を出し合い、
料理もレストランや食材店の方が提供、
スタッフさんもボランティアだそう。


そんな慈愛に満ちたイベントに
信仰心のカケラもない日本人が紛れ込み
ちゃっかり飲み食いしてるのは
ちょっと申し訳ない気がします(汗)。
フトコロの広い、イスラムの神様に感謝ですぴかぴか(新しい)



お腹を満たして、ホールへ。
バングラデシュから来日した歌手
コメディアンのショー、
日本人のベリーダンスなど、
多彩なプログラムが楽しめました。


DSC00793.JPG
なぜか舞台袖に入れてもらえたので
バングラデシュのコメディアンのみなさんと
あつかましくも記念撮影ぴかぴか(新しい)

右の白塗りハゲヅラの方は
政治家の風刺ネタ(多分・汗)を披露していました。
見かけによらずに社会派?(笑)



DSC00800.JPG 舞台袖から
 ベリーダンスを鑑賞。
 おひねりが舞ってました。
 どこの紙幣だ?
 円? タカ? 米ドル?



盛り上がった出し物はコレ↓
DSC00818.JPG
いまいちルール不明ですが
ステージ上の人が順番に歌っていきます。
多分「しりとり歌合戦」???
コメディアンの方(オレンジの服の人)が
歌うと会場は大爆笑。
言葉(ベンガル語?)がわからないのが残念です。



DSC00829.JPG
キレイなお姉さんは
バングラデシュの新人歌手だそう。
後ろで踊っているのは……おっと! wadaさん!?
さっきまで、すぐ近くにいたのに、いつのまに???


mamib.jpg
photo by mamib-san
でも、このあと私もステージにあがって
踊っちゃいました(汗)。
いつものこととはいえ、お騒がせしました^^;



DSC00851.JPG  DSC00852.JPG
イード・パーティでは
男性も女性も子どもも
ゴージャスな衣装の方が多かったです。
この女性のブルーのドレス、後ろ姿もステキです。


DSC00846.JPG
個人的にはイスラム男性の
白い服、白い帽子は「萌え〜」なんです(笑)。
たくさん見られてヨカッタぴかぴか(新しい)



それにしても、またもや貴重な経験でした。
「ラマダン明けパーティ」なんて
なかなか参加する機会ないですもん。
誘ってもらえたことに感謝です。

バングラデシュの人達はとてもフレンドリー
帰りも「バス停はどこ?」とキョロキョロしてたら
クルマ出してくれた人がいました。

みなさんの大切なイベントに混ぜてくれてありがとう。
みなさんの日本での日々が
これからも楽しいものでありますように。

Eid Mubarakぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 02:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 怒濤のインドダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

インドでこんなの買いました

DSC00443.JPG
まずはインド服。パンジャビです。
ワンピースみたいな上着(カミーズ)と
パンツとストール(ドゥパタ)の3点セット
パンツは裾が細いタイプのを「チュリダール」
ふつう〜太目なのを「サルワール」と言います。

DSC00442.JPG DSC00444.JPG
私のは「サルワール・カミーズ」、
みっしーとerileenのは
「チュリダール・カミーズ」ですね。

チェンナイのホテル近くのお店で買いました。
私のはどうやら子どもサイズ(2番目に大きいヤツ)。

お値段は1着(1セット)250ルピーでした。
1ルピーは約3円なので750円くらい。

日本でも2000円くらいから売られていますが
「いいな」と思うものは1万円を超えるものが多いです。

バンガロールでも物色しましたが
ショッピングモールでの平均価格帯1000ルピー前後、
ブティック(?)だと6000ルピー超!
と、まるで手が出せませんでした(汗)

チェンナイでもっと買っておけばよかった……



DSC00748.JPG
CD、VCD、DVDです。
CD、VCDは40〜200ルピー(120〜600円)くらい。
DVDは150〜400ルピー(450〜1200円)くらい。
チェンナイでは、師匠や師匠のお友達の
おススメ・タミル語ものを
バンガロールではヒンディー語ものをget。

新作DVDでも400ルピー前後(約1200円)なんだけど
微妙にケチってVCD買ったりしてました(笑)。




DSC00756.JPG
『VOGUE India』創刊号。
インド特集だった『VOGUE Nippon』7月号
「インド版がこの秋創刊」と書いてあったので
気になってました。

日本版『VOGUE』と変わらない体裁で
100ルピー(約300円)は安い。
年間購読は900ルピー。3冊分もおトクです。

DSC00754.JPG 折りこまれた
 表紙を広げると
 さらなるボリウッド美女が!

 送料が気になるけど
 年間購読したいです。

でも、雑誌に比べて書籍は割高な感じがしました。
いわゆるペーパーバックで400ルピー(1200円)前後。
装丁や紙質は安っぽい(失礼^^;)のに
日本の単行本と変わらない値段。む〜



DSC00720.JPG
インドのインスタント・コーヒーです。
前回のインド行きの際、ホテルで飲む用に
スーパーマーケットで買って、ファンになりました。

DSC00722.JPG チコリが30%ブレンド
 されています。
 そのせいかブラックで
 飲んでも、ほんのり甘い
 気がします。
200g155ルピー(約465円)。案外高い。



DSC00733.JPG
歯磨き粉も買いました。

インド人はカレーやチャイを大量に摂っているのに
歯が白いと思いませんか?
肌色との対比はあるにしても、なんだか白い。

その秘密は歯磨き粉にあるのでは?
と勝手に思っています(笑)。
日本のより研磨剤が多いとか???

小さいサイズは1本9〜14ルピー(27〜42円)でした。
飛行機に持ち込むときに没収されてもイヤなので
(液体やクリーム類の持ち込みに制限があるのです)
やや控えめにお買い上げ。

DSC00735.JPG 左上「pepsodent」
 パッケージ裏。
 歯の色のチェッカー付き。
 使い始めと2週間後で
 比べるらしい。
数字が逆向きなのは鏡に映して使うから?



DSC00711.JPG
乗り継ぎのマレーシアでお買い上げ。
インドの超美人女優アイシュワリヤ・ライ
CMに出演しているロレアルのマスカラ
新バージョンです。
1リンギットは約30円。日本円で1200円くらい。


DSC00758.JPG>
さらにクアラルンプール〜成田間の機内販売で
アイシュのサイン入り(もち印刷ですが)口紅購入。
残りリンギットを使い切りです(笑)。

DSC00765.JPG 春に結婚したアイシュ。
 旧姓のサインは
 この先貴重になる
 という説も???
 でも使うけどね。

マスカラと口紅で私も気分だけはアイシュですぴかぴか(新しい)(笑)



DSC00740.JPG
4年前、一緒にインドに行った
友人からのリクエスト。
ドーサ(南インドのクレープ?)用フライパン

実はこれが今回のいちばん高い買い物でした(笑)。
バンガロールの友人の奥さんが
買い物に付き合ってくれたのだけど
私が特売品を買おうとすると
「そのメーカーは信頼がおけない」
選んでくれたのがコレ。
テフロン加工で専用のスポンジもついてました。

機内に持ち込めないんじゃないかと
ビクビク(笑)してましたが、
無事、友人に渡すことができました。



DSC00724.JPG DSC00725.JPG
職場の同僚へのお土産は
乗り継ぎの空港で調達しました。
マレーシアのお茶とせっけん

インドでは自分のものを買うのでせいいっぱい(汗)。
でも見た目かわいいので、まあまあ好評だったかな。



自分では買い物も満足。
ほかの人はインドでどんなもの買ってるんでしょう?
インド経験のある方の話、ぜひ聞いてみたいですぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 13:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

オートの車窓から【バンガロール編】

DSC00541.jpg

バンガロール高原地帯にあるため
インドの中では比較的穏やかな気候
「ガーデン・シティ(庭園都市)」
と呼ばれているそうです。

DSC00544.jpg 確かに空港の
 到着ゲートを出た瞬間は
 風も涼しく、
 チェンナイに比べると
 静かで緑も多い
 気がしました。



でも街の中心部に近づくにつれ、
どんどん交通量が多くなり
チェンナイに負けない騒音&ホコリっぽさに。


DSC00552.JPG
似ているようで、ちょっと違う看板の文字。
チェンナイはタミルナドゥー州の州都で、
言語はタミル語ですが
バンガロールはカルナータカ州の州都で
カンナダ語なのです。
タミル語の文字より丸くて、
ひらがなの「ぬ」とか「め」がいっぱい並んでいる印象(笑)。



DSC00555.JPG バンガロールでは、
 いろいろな宗教の
 礼拝所もたくさん
 見かけました。
 これはヒンドゥー教のお寺。


DSC00549.JPG
これはイスラム教のモスクです。
キリスト教の教会の前も、何度か通りました。


オートから街を観察して思った
チェンナイとバンガロールの違いは
イスラム教徒が多い
◆バイクの人はちゃんとヘルメットをかぶっている
女性のライダーもいる
ルンギ(腰巻き)姿の男性が少ない
◆パンジャビやサリー以外(ジーンズなど)の女性もいる
というところでしょうか。

DSC00558.JPG



ものすごい人ごみに遭遇したので
友人に「何があるの?」と尋ねたら
映画館の前でした。

DSC00696.JPG

DSC00666.JPG どうやら新作
 公開されたみたい。
 カンナダ映画なのかな?
 この映画のポスターを
 街のあちこちで
 見かけました。



バンガロールはインドのシリコンバレー
言われるだけあって、チェンナイに比べて
ずいぶん欧米化が進んでいました。
その分物価も高く、CDやDVD、雑誌など
値段の決まっているものしか手が出ませんでした(笑)。



DSC00699.JPG
いよいよ帰国で空港まで向かう途中、
タクシーの運転手さんが、
「写真撮れば?」と停車してくれた
ヴィダナ・スーダー(Vidhana Soudha)、
カルターナカ州庁舎・立法会議庁舎。
ライトアップがとてもキレイ。
インドの最後に美しいものを見ましたぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 23:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | インドいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。